遊漁船業情報センター

遊漁船(沖釣り船・瀬渡船・海上タクシー)にかかわる様々な情報を適宜発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

5年前(2004)の瀬渡し船転覆事件の公判で禁固3年を求刑。

2009-04-22 14:59:40 | Weblog

 平成16年(2004)12月、鹿児島県十島村口之島沖で発生した瀬渡し船(4.39㌧)で乗客5人が死亡した事故で、業務上過失往来危険罪に問われた元=船長(58歳)の初公判が21日か鹿児島地方裁判所で開かれました。

 被告である瀬渡し船の船長は<起訴事実>を認め、検察側は冒頭陳述で事故当時は波が高く、転覆の恐れがあったのもかかわらず、船長は転覆会日野措置や救命胴衣着用の指示などを怠ったとして禁固3年を求刑し、即日で結審しました。判決は、5月22日に行われる予定です。

コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 長崎県・平戸沖の巻き網漁船... | トップ | 同じ海域での海難事故、どう... »
最新の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
遊漁船業を始めたいのですが (太公望)
2009-04-22 19:43:12
趣味で釣りをやって30年。定年まで10年。船を買って釣り船をやりたいのですが、開業の方法を教えてください。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事