つれづれ☆HOME’S

GOING MY WAYな家族による、GOING MY WAYな家作り奮闘記。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

登記を自分でやってみた(保存登記)

2011年02月08日 | 事務処理
登記の奮闘気 第2弾 [保存登記]です。

保存登記は登記の申請自体はテンプレートに沿って書けばいいだけなので、そんなに難しく無いです
(テンプレートをWebで公開していただいている方には感謝です。)

苦労したのは、[住宅用家屋証明書]でした。
ちなみに、住宅用家屋証明書を保存登記に添えて提出すると租税特別措置が受けられ登録免許税が安くなります。
ここで、特定認定長期優良住宅のメリットが発揮されます。
特定認定長期優良住宅だと、[1.5/1000]⇒[1/1000]になります。

この[住宅用家屋証明書]は役場で貰うのですが、表題登記の申請書のコピーの提出を求められます
実は私はこのコピーをとってなかったのです
正確に言うと1回目の提出の際は取っていたのですが、取り下げ後の提出の際のコピーをとり忘れました
いつ建物が完成したかの確認のために必要だそうですが、表題登記の完了書はあるんだから、
その確認は済んでるんじゃないのか!?と尋ねたところ、
役場の担当の方が良い人で、法務局に電話で問い合わせていただき事なきを得ました。
こちらがイライラした対応にもかかわらず、やさしく対応していただき本当に助かりました
実は、この日は引渡し&引越し当日+登記に対する不安で、朝から不機嫌全開
さらに、朝一で申請書をプリントアウトしようとしたところプリンターに異物が詰まって1時間格闘
そこで不機嫌爆発 うーん人間が小さい。。。

後、これはどこのWebにも載ってなかったのですが長期優良とそうでない場合の租税特別措置は条文が違います。
租税特別措置法ってなんなの?と思って調べて分かりました
■長期優良ではない家の場合
第七十二条の二(住宅用家屋の所有権の保存登記の税率の軽減) ⇒ [1.5/1000]
■長期優良の家の場合
第七十三条の二(特定認定長期優良住宅の所有権の保存登記等の税率の軽減) ⇒ [1/1000]

ちなみに、この[第七十三条の二]は当然[長期優良]の制度が出来てから追加された条文なので、
古い租税特別措置法の本には記載されていないようで、相談員が持っていた本には載ってなかったです。

  にほんブログ村 住まいブログ ガレージハウスへ←ランキング参加しています。ポチッとお願いします
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 登記を自分でやってみた(表... | トップ | 登記を自分でやってみた(抵... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

事務処理」カテゴリの最新記事