kazeのたより

楽しい山登りや 日々のくらし
   私は元気!

夏の雲

2018-08-16 23:23:18 | 日記

真夏の琵琶湖です 対岸は比叡山、その奥は京都

↓ ツキミソウなんでしょうが 真昼に咲いているから本名はなんだろうか

↓ 琵琶湖大橋 大きな琵琶湖には橋が二本かかっています ここは有料橋です

↓ お盆のある一日 本番なし、トレーニングのみの三上山へ

  久しぶりに琵琶湖が見えます

  真ん中あたりより少々右方向に住んでますよ~ 琵琶湖まで自転車で20~30分

コメント (2)

トレーニング三上山

2018-08-05 21:29:53 | 

今 なぜ三上山ばかりなのか?

それは 登山口から山頂まで ずっとヒノキ山で 日に当たらなっくてすむから

このとびきりの暑さの日々 お日様にはあたりたくないということ

今日は何とか写真をとがんばりました

↓ ヒノキの下はほとんどがシダで ウラジロがとても多い

↓ コシダもよく目につきます 中央はサルトリイバラ  実がついていません

↓ 初めて見る花です 花の直径3~4ミリ 水気のあるところです

 この花の葉っぱは下の写真

↓ 花緑公園側から登ると 一か所だけ 木の間から向こうが見えるところあり

 希望が丘公園と鏡山 冬は綿向山も見えます

 下の写真はモチツツジの種子 ツツジにもちゃんと種ができるのですね~

↓ 上段左…花の直径4ミリくらい 葉っぱなし 湿りのあるところです なんでしょう

 中央… フユイチゴ   右… 毒キノコ 

↑ 下の段…シダが生えていないところにほかの草はない

↓ いつもの山頂 気温は28.5℃  昨日は30℃でした

 たかだか標高432mですが やはりその分の気温はちゃんと低いです 

こんな感じで 故障した体が極端に体力を落とさないように気をつけている日々です

山の帰りは プールでひと泳ぎ あついから~

 

後日、キノコの確認したら

三上山で毒キノコとして注意喚起されているのは カエンダケでした

上記に乗せた写真とは別物です ここにのせたのが何なのかはわかりません

 

コメント (2)

アマガエル

2018-07-29 11:46:41 | 

一昨日のアマガエルの”鳴き”は本当でした

翌朝 サーっとひと雨降り 夕方からは台風雨(当地は静かな雨でした)

それで 朝からまた 三上山歩き

  この山の登山道付近では野の花を見ることはほとんどありません

きのうは山頂のベンチにカメラを向けてみました

カメラは琵琶湖方面を見ていますが視界はほとんどなし

ただし 今日もこのベンチで横になると ありがたい涼風が吹き抜けました

 

そして今日は 孫の忍者服作り

絣柄の布をみた孫が これで忍者服があったらいいなあ と

ワンピースからのリフォーム+残布なので 一枚しかつくれません

袖をつけるか 半ズボンにするか 迷ったうえ こうなりました

 

 

 

 

コメント (2)

酷暑 三上山

2018-07-26 18:48:51 | 

ずいぶん久しぶりです

体力が相当落ちているので まずは三上山 そして次も三上山!

↓ 田んぼの稲は穂をつけています

 

↓ 奥は三上神社の森

山の入り口で ヤブミョウガ

↓ ご無沙汰している間に砂防堰堤が完成間近の感じ

↓ 監視しているわけではないけれど 登山口の横なのでツイツイ写してしまう

↓ 登山口の足元には 咲き終わったショウジョウバカマ

↓ 裏登山道から登ると このヒノキの林を通ります 山は乾いています

↓ 私の目じるし 直径12センチの世界

↓ 山頂から 今日はかすんで琵琶湖がよく見えません

  この鳥は何でしょうか?三羽いました

↓ 岩に育っているヒトツバも枯れそう でもきっと大丈夫

↓ 下山は表登山道へ 割岩(わりいし)はザックが引っかかって通れなかった

今日も暑い暑い一日

 山頂のベンチで寝そべったら その高さには 心地よい涼風が下方から吹きぬけていた

 

なんだか 外からアマガエルのなきごえがします 本物?雨降るといいなあ

 

コメント (1)

家事手伝い

2018-07-18 18:25:23 | 日記

暑い暑い東京でした

今回は二十日くらいいたのかな?

体力低下が最も心配だけど 幸か不幸か腰を痛めている

家事だけじゃつまらないから たまにはお遊びも

↓ 区役所展望台?からみたスカイツリーです 

↓ 隣の後楽園の何とかいうレストランで ムーミンランチ

  残念ながら地方にはこういうのはない 

うまい具合に始まった縄文展 久々の我が世界⁉おおげさです

↓ 今どき 公園で映写会 それだけで感動

 星新一の初期作品のショートストーリーがまたまたうれしかった

夜はご近所さんに誘われて 花火  古き良き暮らしが残っていました

 

コメント (1)