横井邦彦の雑記帳

個人的な出来事を書き連ねたブログです

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

忘れています

2009-04-14 22:22:52 | Weblog
 月は違えど、今日は、浅野内匠頭が切腹をした日であり、赤穂浪士が吉良邸に討ち入った日であり、私の誕生日であります。

 それ以外に何かありますか?

 ありません。

 その昔、あるバカ息子には、死を間近に控えたバカ父親がいて、バカ父親曰く、

 「お前はバカで薄情者だから、オレが死んでもいつ死んだか覚えてはいないだろうな。」

 「たぶんね。」

 「そうだ、いいことを思いついた。あさっては『月は違えど』の日じゃないか。桜が散る頃の14日には、オレのことを思い出してくれよ。いいアイデアだろう。」

 「全然よくない。それってイヤミじゃないか。」

 「ちがう。お前のことを心配しているんだ。」

 「・・・・・・・」

 このバカ父親はこの言葉通り、4月14日に死にました。13日も危篤の状態でしたが、驚くべき執念で14日まで持ちこたえたそうです。

 



 
コメント (8)

少し思案中です

2009-04-13 01:47:32 | Weblog
 できるだけプライバシーを公表しようと思っていたのですが、私の個人的な関係者、たとえば、会社の元上司であったり、元の病院の関係者だったり、その他の人であったり、と。

 なんでそういう人たちが、私のことを知りたがるのかは分かりませんが、そういう人にまでプライベートなことを話す義務はあるとは思いません。

 もちろん、「労働者のこだま」を運営している以上、それを書いているのがどういう人物であるのかということは読者に知らせる責務があるのも事実です。

 それで、何をどこまで書こうか自分でも迷っている状態です。

 
コメント