冬桃ブログ

GWのお勧め本

 「ぼくは数式で宇宙の美しさを伝えたい」(角川書店)

 自閉症と診断され、小学校へ入学すると
「この子は将来も読み書きすらできないでしょう」
 と先生に宣告されてしまったジェイク。
 著者は彼の母親であるクリスティン・バーネットだ。
 ジェイクはたしかに、親とさえ目が合わせられなかったし
言葉もほとんど喋らなかった。
 保育園でも学校でも、他の子と同じ事が出来なかった。

 一方でジェイクは、数字や天文などに関して幼児の頃から
素晴らしい記憶力を発揮していた。
 けれどもこの社会では、「みんなと同じように
できること」が第一。
 そうでなければ、ただの落ちこぼれとみなされる。
 悩みに悩んだ末、クリスティンは学校を辞めさせ、
なんとジェイクに大学の講座を受けさせる。
 ジェイクは小学校低学年で、数学、天文学、物理などで
大学生と同程度の能力を持っていたからだ。
(もちろん小学校では、そんな能力など無視された)
 
 自分の学びたいことを学べるようになったジェイクは
やがて他のことも出来るようになり、12歳にして大学入学を許可される。
 さらに、世界の名だたる学者でも解けなかった数式を解いてみせ
世界最年少の物理学者として知られるようになる。

 そこに至るまでの、家族の苦悩、襲いかかる試練の数々、
それを乗り越えた家族の愛と絆がじっくりと描かれている。
 個性とは、社会とは、勇気とは、人として大切なものはなにか。
 あらためて、それを考えずにはいられなかった。
 ヒューマン・ドキュメンタリーなのに、妙な言い方だが
サスペンスに満ちていて、読み始めると止まらない。
 こういう本に、うんと若い頃巡り会いたかったなあ……。





 「イモムシ」(文一総合出版)

 タイトルと表紙の写真だけで、拒否反応を
示す人も多いだろう。
 けれども、偏見や先入観をいったん脇へ置き
もう一度、表紙を見直して欲しい。
 なんとも愛らしい顔、美しい造詣ではないか。
 
 昔、私の周囲には「虫屋」さんがたくさんいた。
 その影響で、私も蝶の幼虫を何度か室内で飼い
羽化させたことがある。
 人間の「変態」は困ったものだが、虫の「変態」は
じつに神秘的で美しい。
 そりゃまあ、触るとたいへんなことになる
イガイガ毛虫もいるが、それもまた、学んでおくにこしたことはない。
 それに、知っていると周囲の子供に自慢できるしね。

名前:
コメント:

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

※ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

最新の画像もっと見る

最近の「雑記」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事