横浜 藤田農園~人と地球にやさしい野菜づくり~

横浜港北区高田町で50種類ほどに野菜と麦を育てています。新鮮・安心な旬のお野菜をお届けします!

1月21日農業体験 麦踏み、ネギと菜花の収穫

2017-01-21 16:52:12 | 農業体験プログラム

心配していた雪も降らず、きれいに晴れて富士山もくっきりと見えました。でも畑は風が強い!特に少し高台にある麦畑ではさえぎるものもなく風が吹き渡ります。

今回は麦踏みと長ネギと菜花の収穫を行いました。

11月に種まきをした小麦は10センチほどに成長。霜柱で浮き上がってしまう根を落ち着かせ、収穫量のアップをはかるために、1月から2月に数度麦踏みを行います。

広い麦畑を30人ほどで麦踏み、文字通りギュッギュッとカニ歩きで麦を踏みしめていきます。麦は力を入れて踏んでもすぐに立ち上がってきます。他の植物だとこうはいきませんよね。麦は強いですね。踏んでいる人間の方はふかふかの土を踏みしめるため、身体が安定しづらくふくらはぎを予想以上に使い筋肉痛に・・・

こうやって冬を越した麦は3月頃から葉がどんどん伸び、5月には毎日ぐんぐん成長、6月に穂が出て黄金色に変わって収穫を迎えます。

続いては長ネギの収穫。長ネギってどんなふうにできているんでしょう?畑を見ると土がこんもりもりあげてあります。この土寄せにより、土がかぶっている部分が白く成長します。白い部分を長くするためには土をネギの成長にあわせてどんどん盛っていく必要があります。1本ずつて売っているので1本ずつで育っている?品種にもよりますが、藤田農園のネギは数本が根のところでくっついています。なのでスコップを差し込み、ネギを傷つけないように掘り起こしてみると・・数本が根のところでくっついている塊で収穫することになります。甘い長ネギをいっぱい収穫、お土産になりました。

さらに菜花の花かんざしの収穫です。花、蕾、茎、葉も食べられるのが菜花。菜の花が有名ですが、アブラナ科の野菜は若くてやわらかい花茎や葉、つぼみが食べられます。花かんざしは菜の花に比べて苦味が少なく、おひたし、炒めもの、和え物、汁の実などいろいろ楽しめます。収穫は蕾がついた茎を20センチほどでぽきっと手で折り取ります。どこにあるのかなあ・・みんなで探してこちらもお土産になりました。

今回のお食事は、藤田農園の小麦で作った小麦粉ゆめしほうの食パン、藤田野菜がたっぷりのみそ仕立ての汁やきいも。あっ!また写真撮り忘れた・・と思ったらもう焼き芋がほとんどない・・みんな完食!皆様、お疲れ様でしたー

※次回の農業体験は2月19日(日)です。ご関心ある方はお早目にお申込みください。詳細はこちら


コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 藤田農園の野菜たち ラディ... | トップ | 2月のお野菜おまかせ宅配パック »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

農業体験プログラム」カテゴリの最新記事