横浜 藤田農園 ~人と地球にやさしい野菜づくり~

横浜港北区高田町で50種類ほどに野菜を育てています。藤田農園で一緒に野菜づくり、新鮮・安心なお野菜を楽しみませんか。

2月19日農業体験 麦踏みと収穫体験

2017-02-19 15:48:24 | 農業体験プログラム

2月の農業体験は麦踏みとお野菜の収穫体験。

1月も麦踏みをやったのですが、前回は小麦、今回は大麦。藤田農園では今回大麦作りにもチャレンジしています。

大麦についてご存知ですか?

大麦の特徴は、食物繊維を多く含んでいて、その含有量は白米の10倍だそうです。小麦粉のようにグルテンを含まないので、パンなどには向いていません。

用途としては、麦ご飯、麦茶、ビール、焼酎、みそ、しょうゆ等だそうです。ビールもできる?!これからのお楽しみ!

11月に種まきをした麦は10センチほどに成長しています。麦踏みについて・・おさらいです・・霜柱で浮き上がってしまう根を落ち着かせ、収穫量のアップをはかるために、1月から2月に数度麦踏みを行います。今の時期麦踏みを経験したよ、という方もいらっしゃると思いますが、大麦の麦踏みをしたと言えば、へーっと言われること間違いなし!かなり珍しいです。さーて、みんなでかに歩き、ギュッギュッと!しっかり踏めました!

続いては、からし菜と小松菜の収穫。小松菜はともかくからし菜って?からし菜は漢字で書くと辛子菜です。種から和からしが作られますが、からし菜はその菜葉で、からし特有の辛味と香りが特徴。漬物で食べる場合は塩で漬け込みます。料理にする場合はさっと下茹でします。おひたしや和え物でも。

小松菜は根ごとひきぬきます。立派な根が・・袋いっぱいのからし菜と小松菜はお土産に。

ここでぐるっと畑を一回り。プチヴェールは芽キャベツとケールのかけあわせで栄養満点。

カーボロネロは和名は黒キャベツ。ケールの一種でアメリカでは恐竜のケールと呼ばれています。熱を加えても丈夫で、じっくり火を通して食べます。

いちごはまだこんな感じ。露地栽培で育てています。食べられるのは5月頃かな。

さらに収穫作業は続きます。丸大根も収穫してお持ち帰り!

農作業後は藤田農園さんで夏とれたポップコーン用とうもろこしを乾燥させたものでポップコーン作り!ポンポンと破裂する音が楽しいんだなー子どもたちができたポップコーンに殺到です。

藤田さんのお野菜は、なかなか購入できる機会が少ないのですが、体験の時は野菜販売しています。これもうれしい!いろいろな種類の新鮮なお野菜がお安くご購入いただけるのも体験の楽しみ。

今日のお食事は、藤田農園の小麦から作った小麦粉「ゆめしほう」を使ったブドウパン、パリレッドとハンサムグリーンのレタスサラダ、プチヴェール、ブロッコリーをゆでたものと焼き芋。そしてぜんざい。こちらも藤田さんが育てたあずきで作りました。甘すぎず本当においしいです。いつもおうちでは野菜を食べないというお子さんも、茹で野菜に何もつけず、ぱくぱくと食べていて、ご両親がびっくり!やっぱり採りたて野菜の力?いやいや、愛情はいってますから!

※3月12日(日)の農業体験は定員に達したので締め切らせていただきました。

 来年度上半期5月から9月の農業体験の参加者募集中です。ご関心ある方はお早目にお申込みください。詳細はこちら

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 初午の日 | トップ | カリフラワー、トマトのベビー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

農業体験プログラム」カテゴリの最新記事