横浜 藤田農園~人と地球にやさしい野菜づくり~

横浜港北区高田町で50種類ほどに野菜と麦を育てています。新鮮・安心な旬のお野菜をお届けします!

グループ体験 トマトケチャップ作り

2019-07-28 07:23:38 | 農業体験プログラム

野菜ソムリエかながわコミュニティのメンバーを中心とするメンバーがトマトケチャップ作り、今回で3回目になります。藤田農園で育てている数種類のトマトでケチャップを作って食べ比べしてみよう!という素敵な企画です。野菜ソムリエかながわコミュニティのメンバーの倉橋さんが企画してくださいました。

まずはハウスで立派に育ったシシリアン・ルージュやミニトマトを収穫。藤田農園で育てているトマトは12品種。大玉の桃太郎ファイト、ミディトマトの華クイン、フルティカ。ミニトマトは色様々な小鈴、トスカーナ・バイオレット、アイコ/イエローアイコ、オレンジ千果、イエローミミ、さらに調理用としても適しているシシリアン・ルージュ、湘南生まれの湘南ポモロン(レッドとゴールド)。あまりの種類の多さに参加者もびっくり!

今年は気温があがらず、日照時間が極端に少なかったので、トマトの色づきが遅れるなどの影響が出ました。

次はトマトケチャップ作り。今回は食べ比べとして4種類でケチャップを作りました。なんと贅沢!調味料に加えて、バジルや粉唐辛子、セージやグローブ、ローリエ、さらにはシナモンまで、いろいろなスパイスを入れるのが藤田農園ゆみこさんレシピ。レシピはこちら

ケチャップの食べ比べ、今回は桃太郎、湘南ポモロンゴールド、華クイン、シシリアン・ルージュの4種類。市販のものとは全然違う!濃厚!おいしい!トマトが違うと全然味が違う!生ではとっても甘くておいしい華クインは甘ケチャップとしては甘すぎるという評価。加熱用に適したシシリアンが最適かなという意見が多かったです。

さらに企画者倉橋さんが作ってきてくださったお料理につけていただきました。トマトの種類や玉ねぎ・ニンニクの有無、調味料、スパイス、いろんな要素を組み合わせて作れるMyケチャップ。ハウスのトマトが収穫中のこの時期にしかできない体験でした。ごちそうさまでした!

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 8月お野菜おまかせパック | トップ | 9月お野菜おまかせパック »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

農業体験プログラム」カテゴリの最新記事