横浜FCとおいしい話・・・

横浜FCとお酒が大好きなおばか夫婦の日々日常、ときどき観戦記。

TRIUMPH RIOT 7th 参戦して来た

2018-05-22 | バイク
疲れたべ〜!でも、楽しかったなぁ〜

TRIUMPH RIOTは古いトライアンフのバイク(1960年代が中心かな)を
愛する人たちが年に一度だけひっそりと山中湖に集まって来るという都市伝説です(嘘です!)

僕は第1回から連続で参加してたんですが、ここ2年は体調不良の為
参加できませんでした。(例の入院やら大腸ポリープ除去手術なんやらで行けんかった)

今年からちょっとだけ会場が変わりましたが、山中湖へ向けてトラを走らすのは変わりません。
普段はまるっきり放ったらかしなので流石に前日には、
オイル足したり、ガソリン入れたり、プラグ変えてちょこちょこ磨いて整備は終了です。
トライアンフは60年近く前のバイクなのにこれぐらいの整備でもちゃんと走れちゃうんです。
(言わずもかな「TRIDE MOTORCYCLES」の大石さんのおかげです)

今回も道中ご一緒してくれるのはご存知URAさんです。(知らないよ)
栄光の第一回「TRIUMPH RIOT」でたまたま隣にバイクを停めたのがURAさんで、それが縁で
その後、なんと7年間も途切れることなく親交を温めておる大切な友人です。

残念ながらもう一人の友達、山ちゃんですが今回は欠席でした。(山ちゃんも知らないから)

当日はソフィーの世話してから朝の7時半に出発。
湘南の海沿いの道でひたすら秦野中井 ICまでレッツラゴーです。(古いフレーズだな)

夏の湘南などは渋滞で走れたもんじゃありませんが、まだこの時期は大した渋滞も無く
比較的スムーズに走れましたが、流石に下道で1.5時間も走ると
もう疲れてきて「もうやめようかな」と帰りたくなりました(オイッオイッ!)


お疲れ様状態で待ち合わせ場所に着くとすでにURAさんはお待ちかね。



当初はここから東名高速道路に乗る予定でしたが、URAさん情報で
「下道でも高速と10分ぐらいしか到着時間が変わらないです」(ほんとか?)
との事なので下道で一気に会場へ向かいました。

東名高速で平坦な道をすっ飛ばすのと違い、下道の山越えルートは季節も感じられ走っていて楽しい!




しかし、これが後々ボディーブローのように疲労が蓄積されるんです。
で、何事もなく予定通りに現地の富士北麓駐車場に着きましたよ。



まずはバイクを停めて、ここで記念撮影!





その後、受付でエントリーシートに記入して記念品のバッジをいただき
後ほど開かれるお楽しみの抽選会に臨みます。



この駐車場は普通に停めると1日1,000円かかるようですが、なんと無料です。

主催者のKAZさん始め、スタッフはボランティアで運営してるんだよな。
お金にならないイベントを長い準備期間を含めて一生懸命にやってくれるなんて神様見たいな人柄ですね。

これが神様。こう見えてもTRIUMPH界のカリスマKAZですよ↓(失礼だぞ!)



気持ちとして記念Tシャツぐらいはと思い1枚購入しました。(もっと買えよ!)
この記念Tシャツはデザインも洒落ているので、普通に着れます。



ついでに出店ショップを見て歩き、こんなTシャツはここでしか買えんと思うような
逸品を発見!













バックプリントは昔のトライアンフの雑誌広告をプリントしたものだそうです。
いいでしょ!

お土産も手に入れたし、場内を散策してみなさんのオールドトライアンフを見ることにします。

おる、おる。変態さん達が大集合。





これでも、まだ早い時間なので少ない方です。時間を追ってこの後続々と集まってきました。

これは珍しい!通称バスタブですよ。(なるほどバスタブっぽい)



これは、憧れのの1stボニーではありませんか!(お高いんです)



僕らの隣にはタイガ-100!(トライド仲間です)
この前フェンダーについてるナンバープレートは手に入らんのよね。(何言ってるのかわからない)



これらの僕のバイクを含めオリジナルと呼ばれる無改造なバイクだけでなく

こんなチョッパーや



こんなモトクロッサーやら




こんなのもありで



中には、どこから来たんだろう?みたいな



ウヒョー!見ていて全然飽きません。(そうなのか?)

そして、お待ちかねの抽選会です。



協賛してくれるショップさんが多いので
何かしらのモノは必ず当たる気がするんだよな(相変わらず前向きな考え方)

で、名前呼ばれた!




TT&CO様ご提供の
”500-TX スモールジェットヘルメット”当たりました!




やっぱり、僕は持ってるな。ほんと来て良かったよ。ありがたいなぁ(泣)



URAさんも見事にTシャツゲットだぜ!



これはまんま1960年代 BELL500-TXのパクリもとい帽体を見事に復刻した傑作ですな。

「よし、じゃあ、帰るとするか」(エ〜まじっすか!?)

この時点で、昼飯食べ損ねてたのでおなかぺこぺこです。
URAさんおすすめのレストランに向かいました。

ムースヒルズバーガーです!





テラス席で食べたハンバーガーとコーラは最近食べたハンバーガーの中でも絶品の味でした。
これは並んで待ってでも食べる価値は十分有りですよ。

「URAさん、どうもご馳走さまでした」(エ〜ご馳走になったのか!?)

お腹いっぱいになったら、疲れからかなんだか眠くなりバイクなど乗りたくなかったのですが
トラだけ置いて帰るわけにもいかないので、遅くなりますよと急かされて仕方なく出発です。

渋滞が苦手の僕にURAさんが考えて用意してくれたルートは”足柄峠”
を越えるというおとろしいルートでした。
確かに渋滞なく自然の中スイスイと走れるのですが、「道幅せまっ!かつ暗いし」

峠への入り口には「熊にまたがった金太郎」の看板がありましたが
ほんとに熊がヒョコッと出て来ても全然不思議じゃないルートでした。

でも、無事走り抜けた感想は「へろへろになりましたがオモロかった」

絶対、僕一人じゃ「足柄峠」なんてあんなルートは選びませんから。

URAさんプロデュースのTRIUMP RIOTツーリングは今回も大勝利でした。
(ほんとにURAさん無しじゃ何も出来ないんだな!)



写真の一部はKAZさんの#triumphriot7th #triumphriot_instaglamからお借りしました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« J2第15節VSジェフユナイテッ... | トップ | 第17節vs東京ヴェルディ戦… »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (URA)
2018-05-25 01:27:45
お疲れ様でしたー!
すみません、つらい行程で😋
満喫しましたが、私も疲れてあの日は早めの就寝でした。
でもまた走りましょう❗️
Unknown (ダンナ)
2018-05-25 08:34:51
URAさん、お世話になりました。
足柄峠は確かに難しい行程でしたが、おかげさまで、少しトラと仲良くなれた気がします。
また、走りに行きましょう!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。