横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

『密偵』これは面白い!

2017-11-27 23:16:12 | メンバーの投稿

密偵』(2017,韓国,監督キム・ジウン)は大変面白い作品でした。背景は日本が植民地支配をした時代の韓国。韓国独立運動組織の旧日本軍に入り込んだスパイと、独立運動組織に入り込んだ旧日本軍のスパイの攻防を描く。互いに自分のところに入り込んだスパイが誰か分らない。旧日本軍の独立運動組織に送り込んだスパイの情報により独立運動の幹部が殺されるところから『密偵』は始まる。緊張感が最後まで続き、展開が面白い。似た作品の香港映画『インファナル・アフェア』(2003)が警察に入り込んだマフィアのスパイとマフィアに入り込んだ警察のスパイの攻防を描いているが、これがとても面白かったので、同じようなスパイもので期待した。『密偵』は期待を裏切らない大変面白い作品でした

尚、香港映画『インファナル・アフェア』は2006年に米国で『ディパーテッド』と言う題名でリメイクされました。リメイクもオリジナル通りの展開ですが、これも面白い

密偵』のプログラムの佐藤結氏によると『密偵』に出てくるスパイは実在した人をモチーフにしているとのこと。また、韓国国内は旧日本軍が支配をしていたため、独立運動の主体は上海や満州にあった。『密偵』に出てくる独立運動組織が満州の安東(現丹東)から列車でソウルへ向かい、ソウル駅で捕まる場面は実際にあった事件とのこと。

下の画像左は骨董陶磁器の取引商人で独立運動のリーダ役のコン・ユ、画像中左は警務局部長で独立運動壊滅の責任者役の鶴見辰吾、画像中右は鶴見の部下で独立運動壊滅の先頭に立つ役のソン・ガンホ、独立運動の情報入手の功績で今の地位に就いた。画像右は同じく鶴見の部下役でソン・ガンホの補佐を命じられたオム・テグ。いずれも迫力のある好演をしている。

 画像出典左:Theageofshadows。http://mustis.eu/tag.php?tag=Theageofshadows(閲覧2017/11/27)画像出典中左:鶴見 辰吾https://twitter.com/shingotsurumi(閲覧2017/11/27)画像出典中右「密偵」オフィシャルサイトhttp://mittei.ayapro.ne.jp/(閲覧2017/11/27)画像出典左:TALKYPIC  http://www.talkypic.com/hashtag/%EC%97%84%ED%83%9C%EA%B5%AC (閲覧2017/11/27)

以上

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『火花』夢を追う若い人の姿... | トップ | メンバーが選ぶ2017年後半に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンバーの投稿」カテゴリの最新記事