横浜映画サークル

サークルメンバーの交流ブログです。

メンバーの鑑賞感想や映画情報など気軽に記述しています。

ジュラシック・ワールド/炎の王国:期待通り。恐竜がリアルでハラハラドキドキです

2018-08-14 21:56:24 | メンバーの投稿

ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018米国、監督J・A・バヨナ、製作総指揮スティーヴン・スピルバーグとコリン・トレヴォロウ 原題Jurassic World: Fallen Kingdom)

前作『ジェラシック・ワールド』(2015)の続編。前作では離れ島に恐竜動物園のような施設を作ったが、恐竜が檻から逃げだし、施設を放棄するまでの話でした。今作のストーリ:施設が放棄され、恐竜が島の中で自由になってから3年後のこと。前作では施設の電力は地熱発電を利用していたので、火山島であることを示唆していたが、今回はその火山が噴火し始める。噴火が激しくなる前に恐竜を救出するプロジェクトが動き出す。下の画像左は、火山が噴火し始めた恐竜の島。噴火の迫力はすごい。画像中は逃げる恐竜ティラノサウルス=Tレックス、背景は噴火している火山。画像右は恐竜の捕獲をしようとする人が恐竜と対峙している場面。

画像出典左:The New Jurassic World: Fallen Kingdom Trailer is Here!http://www.comingsoon.net/movies/trailers/937353-new-jurassic-world-fallen-kingdom-trailer (閲覧2018/8/13)画像出典中: 【ネタバレ】映画ジュラシック・ワールド 炎の王国 あらすじと結末と感想 ブルーの赤ちゃん時代かわいいhttps://watchtvprogram.blog.fc2.com/blog-entry-944.html (閲覧2018/8/13)画像出典右:文翼電影光譜:侏羅紀世界-新舊風味http://victorstarmovies.blogspot.com/2015/07/blog-post_4.html (閲覧2018/8/13)

下の画像左は恐竜ラプトルと対峙する主人公左手前。画像右は逃げ回る恐竜たち。背後に噴火の勢いが迫る。

画像出典左:Polygon:Dinosaurs aren’t the biggest problem in Jurassic World: Fallen Kingdom’s final trailerhttps://www.polygon.com/2018/4/18/17252320/jurassic-world-fallen-kingdom-trailer (閲覧2018/8/13)画像出典左:モヤシネマ【ネタバレ無し】「ジュラシック・ワールド/炎の王国」のあらすじ・感想。シリーズ最高に楽しく深い作品!!https://www.moyacinema.com/entry/jurassic_world_fallen_kingdom (閲覧2018/8/13)

有名な恐竜が次々出てきて、恐竜ファンにはたまらない作りになっています。これまでのジュラシックシリーズ4作と同様にハラハラドキドキの連続で、最後まで楽しめました。恐竜を売って儲けようと金に目がくらんだ悪人たちが、恐竜をオークションにかけるところは、こんなことはマスコミがほっとくはずがないと少々現実離れしすぎていると感じましたが、そこはSF作品として目をつぶるところです。オークションがどうなるかは見てのお楽しみ。

映画の最後のエンドロールでスタッフの名前が何人出るか数えようとしたのですが、多過ぎて数え切れず途中で諦めました。1000人以上です。グラフィックエンジニアだけで100人以上。この映画は最先端技術人々の英知を結集した壮大な総合芸術と言えます。109二子玉川6000円のGエグゼシートで、IMAX3Dの立体画像、迫力サウンドで観ましたが、6000円が惜しくない作品でした。噴火の場面は特に立体映像と音響の迫力が素晴らしかった。

エンドロールの最後に数秒次回作品を暗示させる映像が出てきます。たぶん次回作はカナダの森林に逃げ込んだ恐竜がテーマになるのではないかと思われます。次回作が今から楽しみです。

下の表にジュラシックシリーズ5作の概要をまとめておきました。監督が違うと若干感じが違う作品になっているようです。すべてスピルバーグが係わっています。

ジュラシック5作品

日本公開

監督

製作総指揮

作品のポイント

ジュラシック・パーク

1993

スティーヴン・スピルバーグ

なし

琥珀に取り込まれた恐竜の血を吸った蚊から恐竜をよみがえらせる。恐竜が目の前にいるような臨場感のある映像を作り上げた歴史的記念碑作

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク

1997

スティーヴン・スピルバーグ

キャスリーン・ケネディ

恐竜を見世物にしようとした会社が恐竜の島に乗り込み捕獲を展開する

ジュラシック・パークⅢ

2001

ジョー・ジョンストン

スティーヴン・スピルバーグ

恐竜の島を空から見ようとした少年が事故(?)で島に落ちる。少年を救出しようと両親が画策してストーリが展開

ジュラシック・ワールド

2015

コリン・トレヴォロウ

スティーヴン・スピルバーグとトーマス・タル

恐竜動物園のような施設ジュラシック・ワールドが作られ、檻から恐竜が逃げ出し、ハラハラドキドキになる

ジュラシック・ワールド/炎の王国

2018

J・A・バヨナ(フアン・アントニオ・ガルシア・バヨナ)

スティーヴン・スピルバーグとコリン・トレヴォロウ

今回の作品

以上、STでした。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 横浜映画サークルでは会員を... | トップ | 2018前半の映画をテーマに横... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

メンバーの投稿」カテゴリの最新記事