ほぼ週刊 横浜の山の中通信

世界の片隅で暇つぶし

中国外務省の報道局は郵便局みたいなもの~非難あびたら極限まで御免 その7~

2018年11月21日 | ニュース

日産の西川社長が、「にしかわ」ではなく、「さいかわ」とは知らなかった。田舎の「とっつあん」みたいな風体の人ですが、会長を「賽の河原(さいのかわら)」送りとは凄腕。ビックリして頭がゴーン!

 

ところで、時事通信に次のような記事が出ていた。

―――――――――――――――――――――――

中国、押し掛け報道は「デマ」=APECのパプアで

11/19()

中国外務省の耿爽・副報道局長は19日の記者会見で、アジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議期間中、議長国パプアニューギニアのパト外相の執務室に中国当局者が押し掛けたと伝えた一部報道を「下心がある人間が流したデマにすぎない」と否定した。

 

AFP通信は18日、この騒ぎで警察が呼ばれたと報じていた。

 

耿氏は「上品で礼儀正しい中国の外交官が、パプア外相の部屋へ押し入るなんて、できると思うか?」と反論。「中国とパプアの関係を壊すいかなるたくらみも成功しない」と主張した。 

――――――――――――――――――――――――

中国外務省の報道官なんて、適当にしゃべっているよね。言うにこと欠いて、「上品で礼儀正しい中国の外交官」とは図々しくて笑っちゃうね。「報道官」の風体を見たり、その発言を聞いたりしていると、「上品で礼儀正しい」とはとても思えない。それとも、中国外務省の中で「報道官」だけが「下品で礼儀知らず」なのかな?

 

この件に限らず、日本のメディアは中国外務省の報道官発言を載せているけど、中国外務省報道局なんて郵便局みたいなもんだよ。アメリカを真似て作った組織なんて、力などあるはずが無い。

 

もともと、中国外務省自体、軍や共産党に対して力が無いと言われている。その中国外務省の一部局の報道局は、さらに力が無いはず(日本の組織から類推すると)。それなのに、習主席の発言について質問したり、中国軍の南シナ海での行動を質問したりしても全くの無駄だよね。だいたい、中国軍や共産党は、何が起きても中国外務省にいちいち連絡しないだろ。連絡したとしても、おざなりだろ。 

 

ホワイトハウスのデブ(欧米には極端なデブが多いね)の女性報道官は、それなりにトランプ君に近い感じがするが、中国外務省のこれら報道官の連中は、見るからに権力は無さそう。田舎の小役人が威張っている風だったり、大工の見習いが親分風を吹かしている風だったり、近所のおばはん風だったり。

 

大した発言はしていないのに、報道官発言を新聞に載せたり、TV報道に引用したりする意味は無いと思うよ。報道局なんて蚊帳の外だよ。紙面に隙間ができたり、TVで間が空いたりした時は、報道官発言を引用しても仕方が無いけどね。

 

2018.11.21

 

 

コメント

阿波踊りとオリンピックとブロック塀 ~非難あびたら極限まで御免 その6~

2018年11月18日 | ニュース

20188月の阿波踊りのゴタゴタ

 

今年の阿波踊りは、ゴタゴタの影響なのか、人出が例年より少なかったようです。ところで、こんな祭のゴタゴタに徳島市長が出て来て、とやかく言う必要あるのかな? 他に市長の仕事はあるんじゃないの?

 

それに、阿波踊りは破産した観光協会と徳島新聞が共催していたはずだけど、もう一方の当事者の徳島新聞は破産の責任を十分にとっているのかな? マスコミは徳島新聞のことを取り上げていないようだけど、どうしたのかな? 徳島新聞を書こうと思ったら、自分の脛に傷があるのに気がついたから? 

 

②東京オリンピックのサマータイム

 

サマータイムは結局やらないことになったけど、東京ローカルの行事に全国を巻き込まないで欲しい。

 

③東京オリンピックのボランティアは東京だけから

 

東京オリンピックのボランティアの条件は「10日間以上、18時間程度、日当無し、宿泊費無し、交通費1000円」。これでは、東京以外の人が参加しようとすると、宿泊費・往復交通費・食費の持ち出しが結構な額になる。オリンピック期間中は宿泊施設が混雑するし、宿泊費も値上がりが予想される。

 

東京に親戚や知り合いのない人は、最低でも¥12万はかかりそう。

宿泊費:期間中値上がりしたカプセルホテルに泊まるとして、¥8000×108万円

交通費:場所にもよるけど、1000円に収まるとする

食事代:朝・昼¥500、夕¥1000と少なく見積もって、10日間で2万円

東京までの交通費:場所にもよるけど、関西として往復で¥2万円

 

結局、東京近郊の人だけしかボランティアに参加できないんじゃないの? それとも、東京以外から参加するボランティアは金持ちだけが欲しいのかな? 募集人員8万人以上の人が既に参加申し込みしたとメディアが伝えていたけど、東京近郊3県以外の人は何人くらいかな?

 

④大阪北部地震でブロック塀が倒壊、小学校の女子児童が下敷きで死亡

 

何を今さら、知らないふりして。大昔からブロック塀は鉄筋が入っていないと倒れる危険があるとあれだけいわれていたし、実際に倒れた例が沢山あるじゃないの! マスメディアは知らないふりをするんじゃない! その時だけ騒いで、その後は「知らん!」じゃどうしようもない。大昔にブロック塀が危ないとわかってからも、最近までブロック塀が作られ続けて来たのはお粗末。「ボーっと生きてんじゃねーよ!」 人の記憶は薄れるのか、忘れた振りをしているのか? どっちにしても人が死なないと、動けないようではねえ。

 

今日はここまで。

 

2018.11.18

 

 

コメント

トランプ君しか選べなかったアメリカはもうお終い

2018年11月15日 | 国際・政治(欧米)

トランプ君が大統領に就任した時、日本ではその手腕に期待した人より、こんな奴が大統領になったら世界はどうなるんだ!と思った人の方が多かったと思う。

 

そのような雰囲気の中でも、「トランプ大統領は、周囲の人たちをうまく使うのなら、レーガン大統領のように化ける」と書いた人たちが少数ながらいた。2年経った今、大外れのその人たちの感想を聞きたい。

 

ところで、トランプ君はこのブログに多大の貢献をしています。そのリスト29件を下にあげます。今から見ると当たったり、当たったり、外れたり。

 

................................................................................................................

トランプ君について書いたブログのリスト

2018.11.15現在で29件。数が多いので、一部しかリンクを張りません)

 

20161012日「トランプよ お前はサル!」

20161128日「トランプショックその1  アメリカの政治こそ経済で動く」

20161129日「トランプショックその2 トランプの変節を期待するのと実際にそうなるかは別!」

20161202日「トランプショックその3 これから4年はトランプリスク」

20161208日「孫正義とトランプ会談」

20161211日「孫正義とトランプ会談(続き) トランプ大丈夫か?」

20170106日「アメリカのNo.2叩き」

20170109日「米中密約? トランプはどうする?」

20170112日「トランプよ、お前はやはりサルだ!」

20170114日「大統領閣下の噂は小説よりも奇なり

20170124日「大統領閣下は寒い国のスパイ

20170127日「アメリカは本来のアメリカに戻る! 何が悪い!」

20170204日「土産が欲しいトランプ大統領と手ぶらで来たプーチン大統領」

20170210日「日米首脳会談はお化け屋敷」

20170216日「日本への厚遇に中国は困った」

20170222日「移民社会はもうお終い!」

20170325日「習近平とトランプ会談」

20170427日「トランプ君はビジネスマン」

20170509日「小学生に人気の漢字ドリル」

20170518日「独裁経営者のトランプ君は流儀を変えられない」

20170610日「うんこトランプ」

20171112日「トランプ大統領とのゴルフで起きた安倍首相の珍事」

20171115日「ガキ大将トランプの意地悪」

20180317日「トランプ・ショックはある?」

20180326日「安倍君は終わり、ついでにトランプも終わり」

20180512日「米朝トップ会談はどうなる?」

20180516日「米朝トップ会談はどうなる? 続き」

20180519日「米朝トップ会談はどうなる? 続きの続き」

20180528日「トランプ君の交渉術と『責任は俺が取る』は当てにならん」

................................................................................................................

 

頭が混乱したら、物事は初めに戻ってみるという格言があるので、トランプ君も初めに戻ってみよう。そうすると、彼の問題はやはり「ロシア」。

 

状況証拠は真っ黒。ロシア問題に関するアメリカ国内でのトランプ君の態度は異常だし、中国などの他国に対する態度とロシアに対する態度が全く違う。ロシアがトランプを助けて大統領にした疑惑だけでなく、ロシアはトランプの何らかの弱みを握って脅しているとか、ロシアでトランプ君が利益を挙げられるように図ったとか、ロシアとトランプ君の関係に何かあると思わざるを得ない。トランプ君は、ハニートラップに簡単に引っかかって、脅されているという可能性が最も高い。(私の推測です)

 

それでも、トランプを支持する人たちがアメリカに約40%いるのが理解不能。敵国ロシアと何らかの結びつき、あるいは利害関係のある人物に、自国アメリカの運命を預けるとは信じられない。アメリカで選挙権を持つ人の約40%は、頭がおかしいとしか思えない。

 

昔、中国の最高指導者の鄧小平は「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」と言ったとか。トランプ流に言い換えると、「ロシアと繋がっていても、いなくても、アメリカまたは共和党にとって良い政策をするトランプは良いヤツだ」と言うことでしょうか。

本当にアメリカ人はアホばかりだ。

 

2018.11.15



コメント

これなあに? ブルーシートと「らっきょ」と「うそぺん」

2018年11月12日 | うんちく・小ネタ

①アメリカのブルーシート

 

TVを見ていたら、アメリカの犯罪現場だったか、現場をブルーシートで覆っていた。あのカッコ悪いブルーシートって日本だけじゃないの? そもそも、ブルーシートってアメリカにあるのかな? 日本を真似た? そんなとこ、真似る必要は無いと思うけど。

 

②「らっきょ」が減った

 

私は酒のお伴に「らっきょ」を食べるので、いつも同じ容器に入れて冷蔵庫にある。昨夜、ふと気がついた。昔は「らっきょ」が容器の縁までいっぱいだったが、昨日買って来た「らっきょ」は六分目しかない。減らし過ぎ!

 

③「うそぺん」ってなあに?

 

TVを見ていたら、画面に「うそぺん」と出ていたので、何か新しい商品ロゴかと思ったがそれにしては、変? 正確には「うそぺん」ではなく、“USOPEN” でしたが。

 

しばらくして、これは「うそぺん」ではなく、“US OPEN” と気がついた。テニスの試合でした。変なところでくっ付けるな!と思ったのは私だけ?

 

2018.11.12

 

 

コメント

移民政策は自民党に亀裂を作る

2018年11月09日 | 国際・政治

今秋の臨時国会に事実上の移民法の入国管理法改正案が提出されて、可決を目指すと報道されている。自民党の支持者が多い中小企業経営者や農家の中には移民を安い労働力として期待しているはず。(自民党は「移民」とは言っていないが、実質的に移民を受け入れる法律です。移民じゃないとしても、移民を受け入れる道筋をつける法律です)

 

しかし、自民党支持者の保守的な人たちの中には、本来住んでいる日本人だけが日本人だと思っている人が多く、移民を嫌っているはず。そういう自民党の地盤の人たちが、他国から移民してくる人がどんどん増えるのを賛成するかな? これら移民を嫌悪する人でも、入国管理法改正案に反対して自民党支持を変える人はいないと思うけど。

 

自民党内部でも、この入国管理法改正案の問題点の議論は生煮えだと思う。もっとも、日本では懸案を議論しだすとなかなか結論が出ないので、既成事実を作ってなし崩し的に進めるのが自民党の常套手段なので、生煮えのうちに法案を通してしまいたいと思っているはず。

 

この入国管理法改正案の扱いを間違えると、自民党内部に亀裂を深めることになる。それが原因で自民党は分裂しないだろうけど。

 

2018.11.09



コメント