「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

EU圏 金融不安の火消しも下げ止まらず!?

2010-05-25 23:42:49 | マ-ケット

        
スペインの地銀が経営難に陥ったとのニュースで、欧州経済不安が再燃し
ユーロ安/円高が進行し、1ユーロが110円を割れてしまいました。

今日の株式市場は、今朝方のNY市場の下落だけでなく、上記の欧州財政
懸念の再燃を背景に、欧州勢の先物主導の売り仕掛けに大幅下落しました。

投資家のひとりとして、気持ちが凹みました・・・。

そんな中、ファンロンパイEU大統領は、ユーロ圏の多くの国が計画している
財政赤字削減について、「経済成長への悪影響はごく小さい。」として財政赤字
削減に伴う経済後退を払拭すべきと、
コメントを出しました。
          http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100525-00000946-reu-bus_all

「財政再建加速は、短期的に、ユーロ圏の成長を若干阻害するにすぎない」とし、
財政緊縮はむしろ、ユーロ圏への信頼感を高めるため、成長を後押しする可能性
があるとしました。

火消しに懸命で、投資家の反応は今ひとつですが、評価できます。
EU圏各国が、財政ルールを順守し、マクロ経済面の協調を強化することで
ベクトルをひとつにする事は、ヘッジファンドなどの売り仕掛けを牽制します。

さて、日経平均は、大幅安になり298円安の9459円の大引けでした。
(出来高 概算23.5億株の商いでした。)

日経平均は、スペイン地銀の経営難から欧州信用不安が再燃。後場に北朝鮮
金正日が戦闘準備をとるよう軍に命令したとのリリースで、地政学的リスクも
加わり、先物主導で、欧州や韓国等の当事国よりも、下落率が大きくなりました。

日経平均は、ボリンジャーバンドの-2σを超える下げで、RSIなどの指標も
売られすぎですが、ボトムは、昨年11月の安値、9100円台も視野に入ります。

注目のNY市場、序盤から大幅下落して、ダウは1万ドル割れしており、明日の
日経平均は、どのレベルで下げ止まるのか。

今日程度の円高水準ならば、かなり織り込まれており、10300円割れは
ないと予想(終値)しています。

こうなると、輸出関連、市況関連など外部要因に左右される銘柄よりも、好業績で
地合いで かなり売られた銘柄を拾う(ナンピンもあり)選択が無難かも
しれません。

明日 下落も、下ひげをつけて陽線引けになれば、短期リバウンドがあって
良い水準ですが、行き過ぎのマーケットは、どう評価するでしょうか。

   ☆ 各1クリック、応援の協力を お願いします。☆  
      

   株式投資ランキング


コメント   この記事についてブログを書く
« 5月金融経済月報公表も、相... | トップ | 売り圧力も峠を越し、続伸期... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

マ-ケット」カテゴリの最新記事