「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

海外M&A、「郵政よ、お前もか」!?

2017-04-25 23:58:37 | 企業を斬る

      
2007年の郵政民営化後、初の最終(当期)赤字の見込みとなった日本
郵政。損失処理するオーストラリアの物流子会社は、15年の買収時から
巨額の買収額やその効果を疑問視する声は多く、経営陣の判断の甘さに
加え、経営を監視すべき社外取締役らによるガバナンス(企業統治)体制
不備を指摘する声も出ている。【浜中慎哉、片平知宏、小川祐希】
https://news.yahoo.co.jp/pickup/6237747


このニュースを聞いて、「郵政よ、お前もか」と思った人もいると思う。
-東芝と同様、海外企業のM&Aに関連した損失。-

東芝の場合、06年に米WHを約6000億円で買収。当時、三菱重工が
提示した買収額の約1.5倍程度で買収したが、PWRがほしかった東芝、
高いのれん代支払いに懐疑的でしたが、突き進みました。その結果・・・

一方、日本郵政は、買収したオーストラリア物流子会社トール社について
最大4000億円の「のれん代」を一括償却する方向で調整を進めてます。

他企業も、海外企業買収のポイントが、必要な企業を適切な買収額で購入
すること、意思決定とガバナンスの重要性、他山の石になる様に思います。

さて、日経平均は大幅続伸して、203円高の19079円の大引けでした。
(出来高 概算19.4億株の商いでした。)

今朝方のNY市場、仏大統領選第1回投票結果を好感して、大幅上昇。日経
平均は、昨日先行して上昇した流れから、もみ合いスタートも、北朝鮮での
不音な動き無く、地政学リスクの警戒が和らぎ、日経平均の追い風となった。
決算が本格化し、期待から19000円台回復した格好です。

日経平均の反発で、75日線も突破し、ボリンジャーバンド25日線~+1σ
レンジへ移行しており、リバウンド継続です。

注目のNY市場、トランプ米政権による大型減税措置への期待が広り、大幅
続伸してスタート。堅調な終了になりそうです。

明日の日経平均、リバウンド継続しており、4日続伸チャレンジです。


 各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 

 

 にほんブログ村

  株式投資ランキング


コメント   この記事についてブログを書く
« 東芝生き残りを賭け、主要4... | トップ | 米法人税、減税して15%っ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

企業を斬る」カテゴリの最新記事