「横浜ザル」の株式投資独り言

株式投資等で資産形成を目指し、ゴールは超億万長者!?
経済動向や日経平均の将来分析、投資銘柄のメモや雑感を綴ります。

大嘗祭 重要調度品の産地で、高齢化による後継者づくり課題!?

2019-11-14 23:58:45 | ニュ-スからひと言

          
天皇陛下の即位に伴う伝統儀式「大嘗祭」が14日夜から15日未明にかけ
行われる。
儀式で神様のお召し物として供えられる絹布「繪服(にぎたえ)」と麻
織物「麁服(あらたえ)」の産地では、29年前の平成時と同様、慎重に
作業が進められた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191114-00000005-jij-soci


麁服の原料となる大麻は、徳島県美馬市木屋平の山あいで許可を取って
育て、糸を紡いだ上で、隣の吉野川市で織物に仕上げた。中心となって
進めたのは阿波忌部(あわいんべ)氏の直系とされる「三木家」の28代
当主信夫さん(83)。        前回の大嘗祭でも大役を担った。

繪服は、愛知県豊田市稲武町の「まゆっこクラブ」女性たちが糸を引き、
平成時に中心的な役割を果たした金田さん(90)が今回も作業を見守った。
大嘗祭まで1年余りとなった昨年10月、長野、岐阜両県と接する同町
まで、三木さんが足を運び、金田さんと面会する機会を持った。

「最も重要な調度品を納めてる者同士で交流し、情報も共有したかった」
と三木さん。金田さんは、平成時に納めた繪服の残りを披露しながら、
「人に見せたのは28年ぶり」などと笑顔で応じ、過激派などの活動が
激しく、警備などで苦労した当時の話に花を咲かせた。

時は移り、双方が現在直面してるのは、高齢化など人手の問題。美馬市
木屋平の人口は560人余りと、合併で同市が誕生した2005年と比
べても半分以下となり、6割が65歳以上。前回、巫女(みこ)として、
双子の姉と共に糸を紡いだ市職員原田めぐみさん(47)は「当時の婦人
会は老人会になっている。今回は裏方として働いたが、畑の草刈り一つ
とっても一人ひとりの作業量がすごく多かった」と先行きを不安視する。

豊田市稲武町でも、平成時に中心となり、糸を引いた金田さんの妻ちゑの
さん(92)が、今回指導・監督したのは、60代と70代の女性3人。
同町の人口も減っており、現在は2200人余りで、65歳以上が半分を
占める。
「次は大学生の孫に託したい」と話す三木さん。一方、金田さんの2人の
息子や孫たちは離れた場所で暮らす。いずれにしても、地域を挙げての
後継者、体制づくりが喫緊の課題となっている。 


伝統工芸品は、地域から産出される素材を元に、伝統的な技法と匠の技を
もって作られてきたもので、手作りが基本。IT技術を以てしても真似の
できない技術が多いので、少子高齢化の中、職人技/技術の伝承が喫緊の
課題です。

さて、日経平均は続落して、178円安の23141円の大引けでした。
(出来高 概算14億株の商いでした。)

今朝方のNY株式市場、底堅い終了。米中貿易協議の進展に翳りが出た事
香港情勢、為替の円高傾向などで、相場の重しとなった格好でした。前日
下げ過ぎを織り込み、もみあいスタートも後場から大引けにかけ先物主導
売りが大量に入り、連日で3桁の下落となった。

日経平均は、続落し、ローソク足は、陰線を引き、5日線を下回り終了。
ボリンジャーバンド25日線~+1σレンジで、相場の分水嶺にある。
週末の明日、NY株式市場次第だが、反発がほしいところ。

注目のNY市場、下落スタートであるが、戻しを試して終了するかポイント。

明日の日経平均、下値限定での反発、陽線プラス引けになるか注目です。


   各1クリック応援の協力を お願いします。☆ 


 

 にほんブログ村

株式投資ランキング

コメント