日々是好日 in Canada

写真と日記で綴る、日々のこと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

結婚式のカタチ

2006-09-13 | すてきな人々
10日も前のことになってしまいましたが、9月最初の週末に友達の結婚式に出席してきました。
以前の日記(「引越しと結婚式」)でも書きましたが、引越しの次の日にモントリオール郊外で結婚式、しかも夫がベストマンを務めるということで、ふたりとも心の準備をきちんとしていたつもりだったんですけれども。当日の朝、ダンボールの角につま先をぶつけて涙目になったりしながら「アイロンがない!」「日焼け止めどこに入れた!?」「寝袋を圧縮ケースにいれなきゃ!」と大騒ぎ・・・。

準備だけで疲れ果ててしまいそうでしたけれども、モントリオール郊外の自然いっぱいの中での結婚式はとても爽やかで楽しく、温かいホームパーティーのような陽気さと美味しい手料理は、引越しの疲れをあっという間に癒してくれました。

上の写真のように、山小屋から結婚セレモニーの場所までのトレイルは綺麗な花びらが。式参列者の私たちまでもが、なんだかとっても幸せ気分。
緑に囲まれたトレイルを暫く歩くと、木々の背丈が低くなって視界がひらけた斜面の岩場に、小さな野花が咲いている素敵な場所が。先にゆっくりと時間をかけて登っていたご年配の方々が、椅子代わりに丁度良い岩に腰掛けて待っていました。

斜面にみんな思い思いに腰掛けて、鳥やリスの声を聞きながら青空の下、友人の司会ではじまった結婚式。



ケベックらしく、ヴァイオリンとアコーディオンの懐かしさ溢れる音楽も。



宗教にこだわりたくないという二人らしく、宗教的な儀式は全くナシなのかな?と思いきや。
逆に色々な国の風習や慣わしを調べて、ふたりが気に入ったものを選んで式に取り入れるという、まさしく彼ららしい結婚式!

こちらはアフリカの国から。不浄を取り除いてから、ふたりの生活を始めると言う意味で、ふたり手を繋いで「せーの!」でホウキの上をジャンプする新郎新婦。



この他にも、北欧からは「ふたりで木を植えて、ケーキカットのように一緒にジョウロを持って水をあげる」というものがあったり。

ふたりがお互い宛ての手紙を読み上げた時には思わず涙ぐむ花嫁さんでしたけれども、それ以外はずーっと笑顔の絶えない楽しい結婚式。

トレイルのてっぺんでの結婚式と聞いた時には、斬新なアイデアの結婚式だなぁと思いましたけれど。
カタチにこだわらずに二人らしく、大好きな自然と家族と友人に囲まれて結婚の契りをかわす姿は、逆に「結婚」の本当の意味を一番シンプルに表しているのではないかと思われるほど。楽しさの中にも感動がある、素敵な結婚式でした。

披露宴については、また今度書こうと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 癒しのキムチ | トップ | 海の向こうの現実 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おーーついに (wanbi)
2006-09-13 14:45:52
結婚式の報告ですね 形式にこだわらないって素敵です。新郎新婦のご両親の理解や参列する友人の方々の協力の賜物のような気がします

それにしても晴れて良かったですね



YOKOさんご夫妻も引越しの次の日にこの結婚式って頑張りましたね。アイロンーーとか叫びながら走り回っている姿が想像できて笑ってしまいました
お疲れ様~♪ (totoroimo)
2006-09-14 02:25:57
なんとか引越し→結婚式をやり遂げた様子、しっかりと

見届けましたにゃりよぉ~

お疲れ様。



でも山好きなあなたたち夫婦にとっては、引越しの後の

ちょっとした息抜きになったのでは?

いろいろな個性的なアイデアの結婚式、私もやってみたかったぞ~



ま、まだチャンスはあるか?(あったらダメです!)

Unknown (さおり)
2006-09-14 10:06:56
ホントにステキな結婚式ですね



私も毎週のように色んな結婚式をみていますが、こんなにユニークなのは聞いたことがありません

まぁ、ホテルなのである程度型にはまったものになるんですけどねっ



色んな国の習慣を取り入れた式、かなり興味津々です。当分予定はありませんが、今後の参考に…メモメモ
ステキですね~♡ (sakae)
2006-09-14 10:10:55
お引っ越しに単なるおよばれでない(少々体力必要)結婚式と、お疲れ様でした~♪



なんとも異国らしいというか、素敵な結婚式ですね!もしアタシがウエディングプランナーなら、是非参考にさせて頂きたいわ~と感じる趣向。あっぱれです!





それはそうと!今朝(14日)のニュースで「モントリオールの短大で男が銃乱射!」なんて言ってましたが大騒ぎなのでは?(犯人は射殺されたとありますが)

気をつけて下さいね!と言ってもコレばっかりは…の世界ですが(汗)どこも物騒ですな………

Unknown (ヨナタン)
2006-09-14 12:57:01
素敵な結婚式ですね~

読みながら私の目はキラキラしちゃいました

ようこさんの日記は本当に楽しいです

こんな素敵なお友達がたくさんいるんですね~

主役の2人も楽しそうで幸せそう♪

参加者とともに忘れられない結婚式になりましたね

披露宴編も楽しみにしてます
ほのぼの・・・ (yuka)
2006-09-16 00:33:16
昔、知り合いが小さな洋館を借りて、親しい人を集めて結婚式をした話を思い出しました。

心が和む結婚式だなぁ~。



9月末にモントリオールに行きます!

おいしいベーグルを探すのだっ!!笑

Yokoさんが前に教えてくれたベーグルやさん、どこでしたっけ?(すいません・・・
Unknown (けいこ)
2006-09-16 19:45:26
なかなか個性的な結婚式ですね!みなさんに祝福されてお幸せなお二人ですね~。yokoさんの朝の探し物の光景が目に浮かびました。ほんとに引越し直後は物がみつからないんですよね

モントリオールの銃乱射ニュースみました。危険が多いと思いますが、気をつけてくださいね。
Unknown (yoko)
2006-09-18 02:09:48
wanbiさん



やっと結婚式の報告ができました!って、まだ披露宴編が残っているんですけど 



そうですね、形式にこだわらない結婚式って、実は実現するのが難しいものなんですよね。家族や友人の協力があってこそ・・・というの、その通りですよね。

今回の結婚式も、新郎新婦のご両親ともはるばる遠方からやってきて更に山登りだなんて、大変だったろうと思います。それでも、幸せそうな二人を温かく見つめるご両親もまた、幸せそうな笑顔でした。



ダンボールだらけの部屋を、アイロン探して走りまわって、もー大変でした。(笑

幸せ一杯の結婚式から次の日帰って来て、アパートの惨状をみたときには・・・。

引越しの疲れがどっと甦っちゃいました。





totoroっち



ありがと~。はい、疲れたよ。

でも確かに、緑に囲まれて美味しい空気を吸って、とってもいい息抜きになりました♪



いろんな国の風習を盛りだくさんという結婚式、いいよね!

大抵はテーマを絞ったりして、儀式的なものを1種類だけしそうなものだけど、「めでたいことは何でも楽しく!」という新郎新婦の性格が滲み出た結婚式だったよ。



結婚式、もういっかいタスキさんとやれば?(笑

招待してくれたら「どじょうすくいの舞い」とか踊ってあげる。←斬新なアイデアでしょ?





さおりさん



あら!さっちゃんはホテル勤務ですか!・・・って、前も聞いてたかな



こういうユニークな結婚式、やっぱりなかなかないですよね~。カナダでも珍しいほうみたいで、出席者みんな感動してましたよ♪



いろんな国の風習、ちゃんと国名とか由来とか説明があったんですけど、なにせ披露宴だけじゃなく結婚式でもみんなシャンパンで乾杯したもんで。酔っ払っていたのか、あんまり国名を覚えていなくってごめんなさい!





sakaeさん



カナダでも、珍しいほうみたいです。もちろん日本のものに近い結婚式もあるんですよ♪

10月には、夫の従姉の結婚式もあるので、そちらも後で日記でご紹介しますね~。



それから、モントリオールの事件。

本当に、痛ましい事件が起きてしまって、残念です。

いつも比較的平和な都市なだけに、ショックはカナダ中に広がっています。



でもやっぱりカナダの治安はそんなに悪くないので、心配せずに遊びに来て下さいね!



Unknown (yoko)
2006-09-19 03:33:45
ヨナタンさん



そうそう、主役のおふたりだけじゃなく、参加した私たちまでなんだか特別な気分を味わえて、楽しかったです!



モントリオールでの友達って、まだ引っ越してきたばかりであんまり数はいないんですけれど。でも、みんなこうして個性的な人たちばかりなので、楽しませてもらってます。(笑





yukaさん



豪華絢爛な結婚式も「うわぁ~!」と楽しめるけれど、こうして親しい人たちで温かい結婚式というのも、ステキですよね。





お!いよいよモントリオールへ出陣ですか!!

雪に埋もれる前に来るというのは、賢い選択です。(笑



ベーグル屋さんは、 St-Viateur にあるベーグル屋さんです。名前は・・・わからないんですけれど、でもかなり有名なところなのですぐわかると思います。

市街からは、avenue do Parc という通りを北に行って(通り沿いにバスが走っているはず)、St. Viateur という通りを右に曲がって歩いて行くと、ベーグルの匂いが漂ってくるのできっとすぐわかります!



とっても小さいお店で、おしゃれ感なんてぜ~んぜんない狭い店内で、イカツイ顔のおじさん達がレジの後ろの大きな窯からベーグルを出したりしているのが見えますよ。



でも、モントリオールには美味しいパン屋さんがたくさんあるので、ぜひいろいろ試して見てください!





けいこさん



あ・・・。実際にそうやって走りまわるようなことを、会社でもよくやっていたかも、わたし。

とっても想像しやすかったでしょ。(笑



モントリオールの銃乱射事件、日本でもたくさん報道されたんでしょうか。カナダ人にとっても本当にショックだったようで、ニュースでも新聞でも、連日大きく取り上げられています。

こんな痛ましい事件が、私たちの住む町で起きたということが、未だになんだか信じられないような感じです。



コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

すてきな人々」カテゴリの最新記事