ロスジェネの発言

-Weblog of 三四郎日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【NHK「偏向」報道問題】1月23日放送「報道2001」での中川氏の発言から

2005-01-28 23:53:33 | 時事問題
1月23日放送の「報道2001」で中川昭一氏が次のような発言をしていたという。「赤旗」の報道より。


***
NHK番組政治介入事件。「従軍慰安婦問題」を直視しようとするものと、封じ込めようとするものの大きな綱引きが始まるはずでした。

ところが途中からおかしな様相になってきました。圧力をかけた政治家と迎合したNHKという構図から「NHK vs. 朝日」へ。肝心の政治家は安全圏に隠れたかに見えました。

そんなとき、隠すより現る!

渦中の人、中川昭一経済産業相です。23日放送の「報道2001」(フジ系)で「緊急生反論」のはずが、逆に馬脚を現してしまいました。

―――NHKの伊東律子番組制作局長と会うくだり。
中川氏  伊東さんは女性の方で初めてお会いして、この方はどういう方なんですかとお聞きしたら、番組制作局長さんですと。・・・何でこの方がいるんだろうと、一瞬あれっと思ったんですけど、しかし、この件については実は内部でいろいろと番組を検討している最中ですと、こういうご説明がありました。

それを聞いた黒岩祐治キャスター。「『番組製作を検討している最中』というのは放送前に(会った)ということですね」と突っ込みます。とうとうと語っていたのが一転、しどろもどろになる中川氏。

・・・(記事中略)・・・
「報道2001」では中川氏はこんなふうにも語っていました。
中川氏 偏向があまりにもすぎるんであれば、そういう報道は・・すべきではないのではないかというようなことは申し上げました。・・
***
(『しんぶん赤旗』2005年1月28日付け14面より)

NHKニュースの偏向報道ぶりを見れば、NHKと中川氏が口裏を合わせているのは確実である、という「印象」を受ける。今週一週間、「朝日」の分が悪いというような見方が新聞やテレビで大勢を占めたが、朝日の社長が首をくくる覚悟を決めればどうなるかは分からない。安倍氏や中川氏にトドメを刺す(というか心中する?)ことは可能なのではないか。朝日の社長にその覚悟があれば、だが。
この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

時事問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事