JW脱出計画(進行中)

エホバの証人2世(現在不活発)の思いをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

半端者

 | Weblog
仕事を探していて今更ながら「学歴」について考えさせられている次第です。僕は高校卒業後に1年間だけ専門校のようなものに通ったんですが、行っていた高校はいわゆる「進学校」というやつで、同級生には大学に進む人も結構いました。

僕も大学進学を勧められた事もあるんですが、当時は父の酒乱が酷くて学費を出してもらう事など思いも寄らなかったし、奨学金を貰うという考えも浮かばなかったのでかなり早い段階であっさりと諦めました。

かといって学業を終えたJW信者の定番である「開拓奉仕者になる」という思いもさほどありませんでした。実は専門校を出る際にある会社から就職の内定を貰っていたんですが、母親の手前あっさり就職してしまうのも悪い気がしてそれを断り、補助開拓者という非常に微妙なポジションで社会人生活をスタートさせました。

その頃から今の何事にも没頭できない中途半端な性格が現れていたんだと思います。

こんな事を強く感じたのも、昼間にTVでやっていた鎌倉で車夫を目指す若者達のドキュメンタリーを見た時、今の自分とそっくりな立場のある若者の姿を目にしたからです。

彼は車夫になろうと信州からやってきて厳しい研修を経てせっかくその夢が叶ったのに、突然何もかも投げ出して消えてしまいました。

どうして彼は自分を信じられなかったのだろう。どうして自分に自信が持てなかったんだろう。新米なのだから先輩のように仕事ができないのは仕方ないのに、できない自分が許せなかったんだろうか。周囲に自分を助けてくれる人がいたのに、どうしてその人達に頼る事ができなかったんだろうか。

22歳の若者を見ながら、自分自身に置き換えてそんなことを考えていました。

これから自分はどうなるんだろう。自分の人生を狂わせたと憎んでいた親の厄介になっている我が身を恥じながら、でもなかなか前に踏み出せない。

早くこのトンネルから抜け出したいと願いながら眠れない夜を過ごしています。
コメント (3)

背負ったり背負わされたり。

 | Weblog
先日母から「S兄弟があなたにどうしても会って話したい事があるって言ってるんだけど・・・」との話がありました。母にも話の内容は分からないものの、どうやらJWに戻って来いとかいった類のものではなく、自分の苦しい胸のうちを聞いて欲しいというような事らしいです。

S兄弟というのは僕が組織を突然去った時に「群れの司会者」だった人でした。いつも何かを悩んでいるような感じの非常に神経の細やかな人でした。当然ながら僕のその唐突な行動にもショックを受けていたようで、それが原因ではないようですがその後何かの事情で組織内での「特権」を失ったと聞いています。

そんな彼の事情もなんとなく聞いていたので「話を聞いてあげたほうがいいのかな?」とも思ったんですが、やはり組織内にいる人と会う気持ちにはなれず、結局会う事はできないと伝えてもらう事にしました。

ちょっと冷たすぎる気もしましたが、でも彼が悩んでるというのは僕の思い過ごしで、例えば「実はこの間あなたが良からぬ場所に出入りするのを見たものですから!」というダメ出し(?)を食らうという可能性も無いことも無いわけで。何しろあそこを出てから4年も経ちますからね。まあそんなわけで今更僕に言うこともないだろうと自分を納得させる事にしました。

それにしても人というは難しいものですね。迷惑掛けるつもりのない人に自分が知らぬ間に迷惑がかかっているかも・・・と心配しなきゃいけないなんて。誰にも迷惑かけずには生きるなんてことはできないと分かってるけどできればそういう事はしたくないなあ・・・と思いつつ結局は結構な数の人に心配や苦労を掛けているというのが本当の所なんでしょうが。

何はともあれS兄弟には心安らかな日々が戻って欲しいと思います。

コメント (2)

告白

 | Weblog
実を言うと、少し前にとある女性を精神的に傷付けてしまった事がありまして。今日はその事を正直に書いてみたいと思います。

その女性と知り合ったのはネットの世界ででした。詳細については彼女の許可が取れないので省きますが、ネット上で何度となくコメントのやり取りをする内に「良かったら会いましょうか?」という事になり、僕が会いに行きました。

この歳になるまで女性と二人だけで会うなどということは殆んどなかったので緊張しましたが、いざあってみるととても素直でいい方だったので嬉しくなり、その後何度かお会いしました。

そのうちに僕が調子に乗りすぎたせいで彼女に不快な思いをさせる事になり、最後には実生活だけでなくネットでも交流を拒否される形になりました。

非常に反省しています。もちろん反省したところで許してもらえるとは思っていませんが。

その頃から自分という人間の存在が許せなくなり、生活がガタガタになっていきました。恥ずかしながら仕事を辞め、暫く家出のような形で日本を彷徨っていました。年の暮れにようやく家に戻ってきて今は就活中です。

自分の弱さにほとほと呆れていますが、一度死んだと思って何とか生きていこうと思っている今日この頃です。
コメント (4)