JW脱出計画(進行中)

エホバの証人2世(現在不活発)の思いをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

近況(のようなもの)

 | Weblog
最低でも月に1回は更新しようと密かに心に決めている当ブログですが・・・JW関連のネタがないと書けないので正直ちょっと大変です。

というわけで今月は近況報告。・・・と言っても身近でそれほどの変化が生じたわけではありません。

唯一地元の組織との接点になり得る母ともこの所はほとんど会話らしい会話もなく日々が過ぎています。

おそらく長老とはあれこれ話しているんだとは思いますが「今は彼の様子を見ましょう」程度の結論でお茶を濁されているのではないかと。

まあ僕も別に表立って会衆の害になるような活動をしているわけではないので上層部にとってはどうでもいい存在になっているんだとは思いますがw

それと、これは僕自身のことではないんですが例のH長老が少し前にここを去って実家のある会衆に移ったそうです。

何でもその発表が会衆でなされてからH長老に「兄弟が帰ってしまうなんて残念です・・・」みたいな言葉をかけた成員は最後までいなかったのでH長老はかなりご立腹だったとかw

そんなこと当たり前だろ!!自分がここにいた数年間に何をやったのか胸に手を当てて考えてみろ!!

と思ったのは言うまでもありません(ちなみに母も同意見w)

まあ別にH長老がいなくなったからといって僕があそこに戻るわけではないのでどちらでもいいんですが。

彼は本当に凄く迷惑な人でして・・・例えばしょっちゅう成員の前でしていた自慢話があってそれは、

「自分は薬物中毒だったがJWの教えのおかげで克服できた」というやつでした。

詳細は書けませんが今思い返してみるとアナタ笑いながら話してるけどそれって明らかに刑法に引っかかるよね?という内容で、

何でこの人は逮捕されなかったんだろう?という皆の疑惑の目など気にすることなく、事あるたびにその話を持ち出しては自分がいかに熱心に聖書を当てはめて努力し「新しい人格」とやらを会得したのかしきりにアピールしておられました。

その話を聞いてから僕も含め多数の成員が彼と距離を置き始めたのは言うまでもありません。

よく知らないんですが、彼のように家族の事情等で会衆を移っても新しい会衆でもまた長老として迎えられるんですかね?

もしそうだとしたらまた彼がそっちで新たな犠牲者が生み出していないか心配です^^;

H長老の悪口なら幾らでも書けそうなのでそれも絡めてまた記事を書けたらと思います。
コメント