JW脱出計画(進行中)

エホバの証人2世(現在不活発)の思いをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

バトン

 | Weblog
何人かの方に回していただいたので遅ればせながらやってみますね。

●1.相手の年齢の上限下限どこまでOK?

妹がいるせいかあまりに年下は苦手かもしれません^^;
上は10歳位ならちょうどこのフケ顔と釣り合うかとw

●2.年上、タメ、年下理想は?

理想を言えば、年上ですかねえ・・・

●3.好きな有名人を心ゆくまでかけ!

男性:渡辺謙・中田英寿

女性:松たか子・池田久美子

●4.こうなりたい!と憧れる同性の有名人は?

なりたい!というのは特にいませんね。なれるわけないしw

●5.恋愛では尽くすタイプ?尽くさないタイプ?

尽くすタイプではないかと。マメな性格ですし。

●6.デートするなら割り勘は当たり前?

前も似たようなバトンをやった気がしますが^^;
基本は男が出すものだと思います。向こうが「払わせてくれなきゃ別れる!」というのならさすがに払ってもらいますがw

●7.彼氏、彼女がいたら合コンなんてありえない?

まあ行かないでしょうね。未経験なので何とも言えませんがw

●8.恋愛のためにがんばれることは?

まあ少し痩せるとか、身だしなみに気をつけるとかその位でしょうね。
相手も今現在の自分を好きになってくれたわけだから極端な変化は求めないでしょうし。

●9.恋愛で相手に求めるものは?

自分の前でリラックスしててくれる事。

●10.理想のデートプランは?

お茶や食事しながらお話しできれば。それ以外は相手に希望に合わせます。

●11.「恋愛には〇〇が大事」〇〇に入るのは?

思いやり。

●12.恋愛相手は自分より学歴等が上と下どっちがいい?

学歴は関係ないかと。向こうがこっちの学歴を気にしなければですが。

●13.今までで1番笑える恋愛エピソードをここでひとつ!

恋愛数少ないのでエピソード自体それほどありませんね。

●14.失恋したら聴くのは明るい曲?それともどん底まで堕ちる曲?

恋愛してた時によく聞いてた曲ですね。

●15.友達の彼氏、彼女を好きになったらどうする?

ならないと思います。なぜなら自分がその友達の立場だったらイヤだと思うから。

●16.告白は自分からする?

自分からですね。だから玉砕数も多いんですがw

●17.今ぶっちゃけ恋愛中または気になる人っている?

いますね。まだ相手に近づける段階ではないんですが。

●18.好きな色は?

ブルー

●19.ケータイの色は?



●20.あなたの心の色は?

灰色。

☆次の6つの色に合う人を選んでバトンを回して下さい(赤・青・緑・ピンク・白・黒)

ダブる方が多いので省略させて頂きますm(__)m
コメント (2)

あの日が来る

 | Weblog
今年は2日の月曜日だそうです。

何が?・・・なんて聞く方はまさかいないと思いますがw

今年も例の日がやってきますね。僕は今回で参加拒否2回目です。JW的にはこの日を無視するなんてあり得ないことなので1回目の時は心に重いものを感じたりしましたが、2回目ともなるともはや何とも感じませんね。それに今回は家族からも会衆の人からもご招待はないので今のところ心穏やかにその日を過ぎ去れそうですw

そういえば土曜日に記念式がある時は金曜(あるいは木曜)の集会がなかったと思ったんですが今年は月曜開催だからその恩恵もないみたいですね。まあ単に着飾って参加するだけの人たちにとっては席に着いて毎年おんなじ話聞いてパンとぶどう酒を回しっこして1時間弱で終わる式なので通常の集会より楽だったと思いますが、これが「役付き」になると逆に大変で。

だいたいは開始1時間前に会場に到着してセッティング諸々を手伝わされ、歓迎の係りとして入り口で愛想笑いを浮かべつつ客を迎え、式が終われば後片付けでやはり1時間は拘束される・・・というのが通常のパターンでしたね。

そんな中、年に一度やってきた不活発者を見つけた長老方がさっそく囲み取材してるのもいつもの光景で、ハタからは「またやってるよ・・・」という感じで見ていておかしかったw

思えばそんな風にして結構笑える出来事が多い日だった気がします。やっぱりいつもと違う雰囲気だからみんな浮き足立ってるんでしょうね。

なぜか毎年豪奢な着物姿でやってくるベテラン姉妹たちもいたなあ。なんでそんなことする必要があったのか分かりませんが。だって聖書の記述見てもイエスが一張羅で参加したなんて書いてなかったはずですしw

ハプニングも多かったw一度、一般の参加者として座ってた人が、周ってきたぶどう酒をいきなり飲んじゃって、係りの兄弟が慌てて止めてたなんてことがありました。実はどうやらその人「確信犯」だったみたいで、そのあとひと悶着あったらしく、それからは式での兄弟たちの監視が一層厳しくなったとか。

思えば「式の話」も主催のH長老が毎回やってたので正直飽きてました。あれって別に主宰がやらなきゃいけないという決まりはなくて「話しをするのに一番相応しい兄弟が勤める」という事になってたんですが、その「相応しい人」を決める基準がなかったので目立ちたがりのHさんの専売特許でした。まあ組織の用意した筋書きでやるから誰が仰せつかっても同じなんですけどねw

そんな感じでJWと距離を置いて二度目の春が来ようとしています。いずれは何らかの決着を付けなくてはいけない日が来るのかもしれないけど、それまで今しばらくはこの世の春を謳歌していたいと思う今日この頃です。
コメント (2)

美談好きな人たち

 | Weblog
JWの皆さんは「模範的な兄弟(あるいは姉妹)」という言葉がたいそう好きのようです。もちろん自分や身内がそう呼ばれるのも嬉しいのでしょうが、そういう模範的な仲間を見つけるのも大好きな人が多い気がします。もちろん人を誉めるのは悪い事ではないと思いますし、誉められた側も嬉しいですが、そこに「捏造」が入ると逆に苦しい思いをする人が出てくることもあるわけです。自分自身もその被害者の一人だと思ってます。

小学校の頃、学校の全校集会というやつで演壇に立った校長先生が「この地球の成り立ち」みたいな話しをしました。JW信者の子供たちにとってはまさにおあつらえ向きですね。というかその子供の親にとっては、ですがw

我が家も例外ではありませんでした。家に帰ってそんな話があったことを母親に報告したところ、さっそく「じゃあ校長先生に『創造の本』を届けてあげなさい」という指示が。そう、「指示」です。さすがに躊躇しましたが、それでも親を喜ばせたい(神を、ではなく)一心で翌日の昼休みに校長室のドアをノックしました。

校長先生は暖かく迎えてくれました。生徒がひとりで尋ねてくるなんて珍しいですからね。僕は昨日のお話への感謝を述べ、さらに自分がJWであること、そしてこの本に先生もきっと興味をもってくれるはずなので持ってきましたどうぞ読んでください、みたいな事をほとんど相手の顔も見ずに伝えましたwもちろん先生は受け取ってくれ、校長室を出たところでこれで任務完了!とホッとしたのを覚えてます。

でも、話はこれで終わらなかった。次の全校集会の時、なんと校長先生は僕から本を貰った事を全校の前で発表してしまったんです^^;まあ自分がJWであることは周知の事だったのでそれは良かったんですが、同じ信者の子供たちによってそれを各自の親に報告されてしまいました。ここから会衆内で勝手に「模範的な子」に仕立て上げられていく僕の苦悩の日々が始まります。

本人は単に「親に言われて持っていった」だけなのに、いつの間にやら僕が「自分で届けようと思ってやった」事になってしまいました。こういうのは当方がいくら否定しても「謙遜の表れだ」ということでまともに取り合ってくれません。というか、親の指示で持っていったんでは全然「美談」にならないですからね。そうなると今度は僕の些細な行動が尾ひれを付けて大げさに扱われるようになります。

例えば、集会後にヒマだったのでKHの書籍棚の本をチラ見してただけなのに「集会の前後も熱心に勉強してる」と言われたり。子供ですから最初は誉められて悪い気がしなかったけど、次第にそういう周囲の目が重荷になっていきました。

「何があっても兄弟姉妹たちの期待を裏切ってはいけない」

そう思うと必然的に「いい子」を演じ去るを得なくなっていくんですよね、少なくとも彼らの目があるところでは。もちろん学校なんかでも気は抜けない。同級生のJWたちが見てますから。そうなると気が抜けるのは家で独りでいる時だけ。子供ながら次第に自分が内向的な人間となっていくのを感じるようになりました。

まあ全ての責任を被せるつもりはありませんが、美談好きの周りの人たちのおかげで明るい世界での居場所を失っていった男がいた、というお話です。
コメント (4)

ネットとの関わり③

 | Weblog
4時間ほどかけてようやく着き、待ち合わせ場所に向かうと・・・待っていたのは小柄な可愛らしい女性でした(Yさんとします)

もちろんそうやって女性と会う事自体が初めてだったのでかなり緊張しましたが、少し年上の彼女は優しく僕を迎えてくれました。

予約してあった店でYさんと少しお酒を飲みながら色々な話をしました。

初対面の人と話すなんて普段の自分なら絶対できないはずですが、やはりブログ等で事前に相手のことを知っているというのは心強いもので、楽しい時間を過ごす事ができ、再び会う約束をしてその日はお別れしました。

それからだいたい月1回くらいのペースでYさんと会うようになりました。そして会う度にとても前向きで積極的な彼女がどんどん好きになっていきました。

でも・・・喜びの日々の後には悲しみがやってくるのが世の常でして。ずっとYさんと一緒にいたいという願いが叶う事はありませんでした。

確かに悲しかったけど、でも今となっては良い思い出です。

そんなある日、いつものようにネットをしていてふと「JWを辞めた人がやってるブログってないのかな?」と思うようになりました。

それまでは「わざわざ自分がそういう宗教に関わっていたなんて公にする人はいないだろう」と決め付けていたのでわざわざ調べることもしなかったんですが、あるサイトの「ブログは癒しの場だ」という言葉を見て、もしかしたらブログを通じてJWで受けた傷を癒したいと思ってる人がいるかもしれない・・・と思い、検索してみることに。

そこで見つけたのが「ばうちんさん」のブログでした。そこに書かれていたのは今まで僕が見てきた反JWのサイトとは全然違って、ごく普通の生活を送りながらあの宗教から受けた苦しみを克服しようとしている男性の姿。

さっそく自分の事を正直にコメントをさせていただき、そして今に至っています。

こんな風にネットを通じてたくさんの大切な人たちに出会えたことに本当に感謝しています。もし今、昔の僕のように一人でJWから抜け出そうとして苦しんでいる人がいたらどうか怖がらずにネットを開いて同じ苦しみを抱える仲間を探してみてください。きっと良い出会いが待っているはずです。そして僕もブログを通じて少しでもそういう人たちの力になれたらと思っています。

ちょっとキレイにまとめ過ぎましたかね^^;

(完)
コメント (3)

放置してました

 | Weblog
事前に書いておくべきだったのでしょうが・・・実は金曜の夜から日曜の夜まで旅行に出ておりまして^^;

旅行先でもネット環境はあったので書こうと思えば書けたんですが、何やかやで結局できませんでした。ホントすいません。。。

明日(今日?)からまた頑張りますのでよろしくお願いしますm(__)m
コメント

ネットとの関わり②

 | Weblog
そのうちに世間ではいわゆる「ブログ」というものが流行るようになってきました。

僕もいつもネットを一方的に眺めるだけではなく自分から何かを発信したいと思っていたので早速始めることに。

まあそうは言っても日常の事を書いた単なる日記をちょぼちょぼとやっていただけなんですが、しばらくするとお互いにコメントを送り合う「ブロ友さん」が何人かできるようになりました。

その頃はJWの中で自分の居場所というものがなくて苦しい時期でしたから、やっぱりバーチャルの世界ででもいいから人との繋がりが欲しかったのかもしれません。

それと・・・JWで知り合った人たちは「よいプログラムを果たしてくれた」とか「会衆の仕事をよくやってくれた」とかいった「組織への貢献度」でしか僕のことを認めてくれなかったわけですが、ブログで知り合った人たちは生きているそのままの僕を認めてくれているような気がしてすごく居心地が良かったんです。こういう人との繋がり方もあるんだという事を知ることができて素直に嬉しく思いました。

でもいくらネット上で親しくなっても、彼らに自分の全てを話す事はできませんでした。やはり顔の見えない相手に対して警戒する気持ちがありましたから。

そんな中、一人の女性のブロガーさんとの交流が頻繁になりました。もちろん「ネカマ」や「美人局」などの話も聞かれるようになっていたので始めはかなり警戒してました。しかし毎日お互いの記事にコメントを送り合っているうちに深く通じ合うものを感じ、相手のことをもっと知りたいと思うようになっていきました。

最初に抱いていた警戒感も彼女のブログを読んでいくうちに次第に解けていきました。さらにメールを交換してブログには書けないお互いの悩みなどを相談し合ううちに会いたい気持ちが募るようになり、ついに会ってみる事に。

僕は当時買ったばかりの車で200キロほど離れたある街に向かいました。

(続く)

コメント (2)

ネットとの関わり①

 | Weblog
JWに対する色々な矛盾を目にして組織に留まり続ける事が苦痛に感じられるようになった頃、彼らが「危険だから見ないように」と声高に叫んで禁止していたインターネットに興味を持つようになりました。

というのも、組織がTVや本などに示していたような「よく注意してください」的な比較的やんわりとした態度に比べて、ネットに対しては明らかに「見ちゃいかん!」という高圧的な姿勢が感じられたんですよね。「これは何かあるな・・・」と思い、何とかそういうサイトを見たいと思ったんですが当時は近所にネットカフェもないし、公共の施設でも気軽にネットは見られる環境はありませんでした。親の手前、あからさまに家にネット回線を引くことも出来ません。

どうしよう・・・と思っていた所でふと見たTVCMで「PHSを使ったネット回線」があるということを知ったんですね。これならカード形式だからケーブルを繋がなくても自分の部屋のPCで見ることができる!早速ド○モに申し込みに行きました。

初めて繋いだ時は本当に緊張したなあ。無粋な言い方ですがHな雑誌をこっそり見るとき以上に神への罪悪感を感じましたw

さて・・・繋がったのはいいが、どこを見ればいいのか分からない。とりあえず見たのは有名な某巨大掲示板(分かりますよねw)。「JW」で検索してみたらすぐに見つかりました。でも・・・

そのスレッド読んでいくと、そこでは「JWは殺せ!」とか「火を付けろ!」みたいな書き込みが多くて何だか気持ち悪くなってしまいそこで読むのを躊躇してしまいました^^;そして「やはり組織が言っていた通り、ネットは危険なんだ!」と思い、しばらくは反JWのサイトは見なくなったんです。その後、しばらくは当たり障りのないニュースなんかを見るだけの日々が続きます。

(続く)
コメント (4)

彼女が離れていく理由

 | Weblog
今思い返してみると、僕のいた会衆では特に「結婚適齢期」と呼ばれる年齢で組織を去っていった姉妹たちが多かったような気がします。あくまで僕のいた会衆で、ですが。

これはどうしてか?もちろんその年齢になってJWの教えへの疑問を持つようになったり、組織の様々な縛りに耐えられなくなったり、ということもあると思いますが、もう一つ

「会衆内にイイオトコがいなかったから」

という事情もあったかもしれないと思います。

ここからは自分の事を思いっきり棚に上げて書きますがw

確かにウチの会衆には自信を持ってオススメできる「年頃の兄弟」があまりいませんでした^^;いたのは例えばマザコン気味のK兄弟(30間近なのに母親から~ちゃん付けで呼ばれてたw)だったり、権力大好き四十男(言わずと知れたH長老w)だったり・・・逆にそういう「適齢期」の兄弟たちにはかなり結婚願望はあったようで、男同士の「酒(しゅ)の交わり」ではそのテの話題もかなり出ていたとか。

もちろんイイ兄弟が皆無だったわけではないんですが、そういう人たちはなぜか全員決まったように他の会衆から伴侶を見つけてくる・・・というパターンが多かったですね。僕が組織から離れてしばらくしてから会衆の某兄弟の結婚式があったんですが、やはりそのお相手も開拓者学校で知り合ったという他県の会衆の姉妹でした。

こうなると残された姉妹たちがやる気なくすのも無理ないですよね^^;元々持っていた組織に対する疑問に加えて自分自身の将来に対する不安・・・これらが相まって適齢期の姉妹達を組織から離れさせていったのではないか、と思います。

皆さんの元いた会衆ではどうでしたか?
コメント

難しい。

 | Weblog
我が家の冷蔵庫にポスター形式の一ヶ月ごとのカレンダーが貼ってあるんですが、今日見たら来週の土日に巡回大会がある旨が書かれてました。もうそんな時期になったんですね。

今まで家族で大会に行く時の運転手はもちろん僕だったわけですが、最近は母も妹もどなたかの車に便乗して行っているようです。きっと気まずいだろうなあ・・・。もちろん僕が送っていく事はできるんですが、そういった事は全然頼んできません。おそらくそこには母なりの意地があるんでしょう。

JWを離れたこと自体に未練はないわけですが、たとえば移動手段のような物理的な部分で家族に不自由を掛けていることは本当に済まないと思っています。父がJWを離れた後そうした面を担ってきたのはずっと僕だったので、きっと母もその辺は頼りにしてくれてたんでしょうが。

でもいざこちらから「会場まで送ろうか?」などと言おうものなら、それに便乗して「公開講演だけでも聴いてみない?」などと持ちかけてくる事も目に見えているので甘い顔はできません。まあいつか、お互いにとって一番いい付き合い方ができるようになればいいなと思います。
コメント (2)

意味不明バトン

 | Weblog
スモークさんから回ってきました。最近バトンが大流行のようでw



【ルール:この質問には、沈黙は通用しません。きちんと答えましょう。】



【教室編】



①隣りの席の人のイニシャルをどうぞ!

Y・T

②自分の席は何列目ですか?

黒板を背にして見て右端の一番奥。いわゆる「窓際」w

③よく当てられますか?

たぶん・・・色々な意味で目立つのでw

④隣りの席の人の印象は?あと、どう思っていますか?

嫌いじゃないけど好きでもない。

⑤担任の先生は好きですか?

ぼちぼち。



【生活編】



⑥家はマンションですか?一軒家ですか?

一軒家(ローン持ち)

⑦今日の朝ご飯はなんでしたか?

ピザトースト(半分)

⑧今日の昼ご飯はなんでしたか?

母の弁当。いつも梅干付けてくれてありがとうございますw

⑨お父さんの職業はなんですか?

さあ。

⑩今、曲を聴いてますか?

タイプする音のみ。

⑪部屋にベッドはありますか?

ベットに寝転がって打ってますw

⑫机に向かうとき、1番最初に見る物は?

プリンター

⑬サッカー日本代表で好きな選手のポジションは?

中盤

⑭きいてないよ~。

ハイ?

⑮最近行った所は?

山梨



【恋編】



⑯好きな人は?

いることはいるが、微妙。

⑰好きな人のイニシャルをどうぞ!



⑱好きな人は何部ですか?

華道部(?)

⑲好きな人はあなたより背が高いですか?

たぶん同じくらい。

⑳好きな人とは今どんな感じですか?

振り回されてる感がある。



【自己編】



21、数字を○で表せなくなりました。

じゃあテレパシーで。

22、よく使うかばんはどんなのですか?

しょう(背負う)やつ。

23、あなたが思う、隠れた名店は?

現在開拓中。

24、特技を3つ!

何処でも眠れる。
好き嫌いが極端に少ない。
以上。

25、自分のデジカメを持っていますか?

はい。

26、自分のPCを持っていますか?

はい。

27、このバトン長い?

ぼちぼち。

28、まだまだいくよ~!

お手柔らかに。



【連想編】



29、芸能人と言えば?

ケン・ワタナベ

30、アーティストといえば?

数知れず。

31、ブランコといえば?

メキシコ代表DF

32、シーソーといえば?

ミスチル

33、犬で好きな種類といえば?

ゴールデンチワワ

34、猫で好きな種類といえば??

ドラ猫

35、弦といえば?

お琴



【一発変換編】



36、あいうえお

藍上尾

37、ひるめろ

ひるめ路

38、いえーい

いエーい

39、こんしゅうのかたろぐ

今週のカタログ

40、おれさまはあるいみてんさいだがまぬけだ

それがどうした?w

41、すきなひとはあなただけなんだけどあなたはどう?

ちょっと考えさせて下さいw

42、ぷーさんすぬーぴーえるも

プーさんスヌーピー得るも

43、すきなたべものはまんじゅうです

僕は肉まんですw

44、おどるめざまし

踊るめざまし

45、ふくやままさはる

福山正春

46、ばんぷおぶちきん

バンプオブチキン

47、すたーうぉーずていこくのぎゃくしゅう

スターウォーズ帝国の逆襲

48、さっぽろはむふぁいたーず

サッポロハムファイターズ



【終了編】



49、締めは何がいいかな?

腕ひしぎ十字固め

50、では終わります!このバトンを回す7人は?

7人なんてもったいないので皆さんどうぞ。

今夜はよく眠れそうですw
コメント