JW脱出計画(進行中)

エホバの証人2世(現在不活発)の思いをつらつらと・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

それは寛容さじゃない

 | Weblog
先日テレビでアメリカの「アーミッシュ」と呼ばれる聖書の教えを厳格に守る人達の事をやっていまして。確かハリソン・フォードが出てた映画で彼らのコミュニティーの中で生活しているうちに未亡人と恋に落ちるみたいな内容のがあったので「ああ、あの人たちか」という感じで見ていました。

詳細な点は省きますが個人的に一番感銘を受けたのは「子供達は16歳になるとそのまま信仰を守るか一般社会に出て行くかの選択ができる」というシステムがあるという事です。

その決定の仕方というのが真に合理的(?)で、それまでコミュニティー内で聖書の教えを叩き込まれ、規則にがんじがらめにされていた子供達にいきなり酒や遊び等のあらゆる楽しみを一定期間与えた上で判断させるのだそうです。

ただその番組が言うには「子供達の9割は元の生活を選んでコミュニティーに戻る」と言っていました。でも裏を返せば1割の子供達は、その先に苦労はあるものの自由を得て社会に出て行く事ができるわけです。

今更願っても詮無い事ですが、もしJWにこのシステムがあったらどれだけ沢山の若者が精神疾患やその他のあらゆる苦しみから解放されるだろうなと思いました。まだあの中にいた頃、僕はそういう人達を何人も見てきました。

親のため、生活のため、やむを得ずJWに居つづけざるを得ないものの、傍から見ても心身共にボロボロな人達・・・。そしてそういう人達に「個人研究が足りない」だの「世の事を考え過ぎてる」だのと、アドバイスという名の「感情の強制」を喰らわすベテラン信者者・・・。そのせいでどれだけの人達が地獄絵図のような毎日を送っていた事か。

しぶとくJWに残るには余程の馬鹿(失礼!)でないと自分の感情が保てなくて無理ないのではないかと、組織を出た後によく思ったものです。

そう言えばそのベテラン達は己らの宗教がいかに寛容かを折に触れてぐだぐだと言っていましたが、本当の寛容さとはアーミッシュの人達のやっているようなものじゃないかと思えてなりませんでした。

日本も宗教の自由は結構ですが、信仰の強要は是非とも憲法で禁止して欲しいとつくづく思います
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 心を許してみる | トップ | 焦り、のようなもの »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
fmfm- (まんどりん)
2010-11-20 17:59:24
そうですかー。
ついつい書き込んでしまったーーーー。
私はJWからはなれて10年以上たつ者なんですが、最近"真実"とは何かについてよく考えるようになってきました。

最近、世間では10年前では想像したくなかった事が現に起きつつある状況になってきてるような気がしてなりません。

確かにJW内にいたら、教え、規則が厳しいと感じ離れてみたらどれだけ自由なんだと感じることがあるかもしれません。

でも、逆にJWに居られたならば今の世の中の起きていることを見ていると、危機を感じずにはいられないと思います。
かくいう私もその一人です。

戻るかどうかは別として、真剣に、かつ冷静に考えてみるのもアリなのではないでしょうか?

親は、子供に、道徳や常識を自分が正しいと思うところにしたがって躾として教育します。
強制と思えるかもしれませんが私は理念や一般常識を正しく教えていないような親のほうが、問題があるの思います。

私も同じような状況だったかもしれません。
幼いころから(2歳~?)ずっとJWの教育を受け、活動してきましたから・・・。
しかし、私は親が現在もJW的考えもふくめても好きですし尊敬できます。

考え方は様々ですが、"強制"とは違うんじゃないかな?と私は思います。
実際にこーじーさんのように”離れる”ということができているのですから。
もうすでに成人を向かえてますし一般の方とJWを比較していろいろ自分の考えで答えを出すことができる"大人"になっています。

JWを完全否定するのではなく照らし合わせてよく考えてみることをお勧めします。

やばw
じぶんで何が言いたいのか解らなくなってきた^^;
長文失礼しました。
えらそうなこと言って考え方が変化してきてるだけで行動がともなっていないわたしでしたーーー;w;
まんどりんさんへ (こーじー(管理人))
2010-11-22 00:04:05
コメントありがとうございます。

>親は、子供に、道徳や常識を自分が正しいと思うところにしたがって躾として教育します。
強制と思えるかもしれませんが私は理念や一般常識を正しく教えていないような親のほうが、問題があるの思います。

ごもっともだと思います。確かに好き勝手に生きる親に育児放棄されて苦しい子供時代を過ごしたという人の話を聴きますね。

ただ僕としては、教育と信条の強制をセットで子供に与える、というやり方は絶対間違ってると思います。与えるなら教育だけでいいと。

子供というのは基本的に親に愛されたいと思いますから、JWのように生活の全てを宗教に捧げさせる環境に置かれれば、親を悲しませないために自分の気持ちを優先してJWを捨て去るという事がなかなかできない。

だから結果的にたとえ心を病んでも「親のために」人生の貴重な時期をJWに奪われるという悲劇が起きてるのではないかと思います。

それにJWの教えというのは別にJWに関わらなくても聖書読んだり一般的な教会に通ってればおのずと得られるレベルのものですし、もっと言えば「社会の一般常識の範囲内」だと思います。

僕はまだ「不活発」の状態なのですが、JWのほうでも「不活発状態○年は自動的に排斥にする」とかにして欲しいです。もうどんな形であれあの教団に関わりたくないので。

長文失礼しました。


自由選択 (もみじ)
2011-03-08 16:07:27
アーミッシュはそうなんですか?
あの方々も特殊といえば特殊ですよね
でも、16歳になったら自由選択・・・というのは良いですよね

JWの中でJW教育を受けて育つと
一般社会では問題にならないことでも
JWの教えを思い出す時に
「罪悪感」を感じたりしてまた違和感を
持ってしまうかもしれません

もし、「やっぱりこの世は生き難い、
JWの中のほうが安全かもしれない」
と思って戻ろうかな?と思う時は
その前にいろいろ調べてみてくださいね
JWは本当に聖書そのものを正しく教えているか?などを。

ただ、この一般社会がやはり生き難い、
と感じたとしても、心を落ち着けて
いろいろな本を読んだり、
いろいろな事を一から勉強し直して欲しい、
と、私は思います。
それからでも遅くはないと思います。
 (こーじー(管理人))
2011-03-10 20:11:21
罪悪感・・・組織を出て最初の頃はかなりありましたね。新しい事を経験する度に自分がダメになっていく気がする、というか。

今はJWに戻りたいなんて思う事はさらさらありませんw二十歳過ぎまであそこに留まっていたのはひとえに母親のためだけでしたから。

でもそういう若者は少なくなかったと思います。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事