「良い名前の三原則」

1.陰陽の配列を良好に。
2.全ての画数を吉数に。
3.名前の五気を良好に。

新年のご挨拶

2019年12月31日 16時33分29秒 | Weblog

 令和2年1月元旦

明けましておめでようございます。

 

昨年は、私事ですが長年の集大成として「よい名前の三原則」資料本 を発売致しました。

大勢の人々から大変な、ご好評をいただき誠に有り難う御座いました。

今年も資料本、ご購入者様には、健康の許す限り精一杯の努力をして 一人でも多くの人に

名前の神秘性・重要性を十分解って頂けますよう、頑張りますので宜しくお願い致します。

また資料本が「一家に一冊」の保存版として、ご利用頂きたいと願って 居ります。

疑問が有ればご遠慮なくメールでお聞き下さい。 無料サポート致しますのでお待ちしています。

 

昨年の漢字は「令」が選ばれたよね。

「よい名前の三原則」資料本の108頁をお読み下さい(文字の起源と霊力) では

「令」の語源は、A印(おおいの下に集めることを示す)と人の跪く (ひざまずく)姿を

組み合わせた会意文字です。

人々を集めて、神や君主の命令を伝えることを表し「神のおつげ」から 「いいつけ」の意が有ります。

 音読みでは、レイ・リョウ。      人名・・・なり・のり・はる・よし。

 

  「令和」は新時代に相応しい文字だと思います。 「令和」音の響きが良く、人々が互いに助け合い

和をもって神のご加護を受け 自然災害の多い日本を災難の少ない社会になる事を願っています。

 

資料本にも記載してあるように「文字は生きています」

文字は、人相・手相と同様に「字相」があるのです。その霊力を無視する ことは出来ません。

名前にも大切でその霊力があります。 ですから昔から「名は体を表す」の言葉も生まれたのです。

よい名前に命名・改名して、平穏無事で幸福な人生ををお過ごし下さい。

皆様の、本年のご壮健とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

                                                          合掌

 

*******************************************************

        統計数理姓名学・良い名前のつけ方
      
            東洋運命学会・ 吉田昌功
  E-mail : yoi_namae123@alto.ocn.ne.jp
  URL  : http://yisao.gozaru.jp/ 
 ブログ   : http://blog.goo.ne.jp/yoinamae/

*******************************************************

 

 

この記事についてブログを書く
« 【 漢字の組み合わせと配列 ... | トップ | 【 なぜ正漢字画数なのか?】... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事