「良い名前の三原則」

1.陰陽の配列を良好に。
2.全ての画数を吉数に。
3.名前の五気を良好に。

【文字の起源と霊力】No.832

2020年06月05日 20時51分17秒 | Weblog

B5用紙(308頁)===============

 

                       【 よい名前のつけ方・1

         ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へ 応援クリック宜しくお願いします。

 ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

              

【 お知らせ 】

  この度、まぐまぐより「選名学メールマガジン」1か月3回に渡り創刊することになりました。
 従来の「無料通信講座」は毎回の問いに対して、回答を書いてお送り頂いておりましたが
 皆様、難しくお考えになったり、ご多忙だったりで、なかなか最終までたどり着きません。

 ですから、この度は「会員専用のテキスト」も一般公開して45回の「鑑定学講座」を
 毎回の問いに対して次号で回答をお送りするので回答を送る手間も省け、購読されるだけで
 「鑑定学」のプロ的知識が得られるはずです。また保存していただくと永久に活用できます。

 発売中の「よい名前の三原則」資料本とともに学んでいただければ、ベストだと思われます。
 よろしくご検討の上お申し込み下さい。   

  「ご購読方法」

 こちらが登録ページのURLです。

 https://www.mag2.com/m/0001691721.html

 一度クリックして覗いてみて下さい。                            

     ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

  

【 資料本ご好評、発売中 】

書籍「よい名前の三原則」資料本は、発売より1年が過ぎ、益々のご好評に感謝申し上げます。  
読者からのご要望により、資料本お買い上げ頂いた方に、この書籍のご理解を一層深める意味で
「姓名鑑定学」15回の無料通信講座を実施致しました。講座修了後に「良い名前」一つ進呈します。

 この機会に姓名学の神秘性を学んでみませんか?

どうか「よい名前の三原則」資料本を永久保存して末永くご利用下さいますよう、お願いします。  
ネット上のAmazonで購入戴いた方にも無料通信講座の受講は出来ます。ご遠慮なくメール下さい。  

この一冊が有れば、難しい姓名学も誰でも簡単に選名ができると思います。 赤ちゃんが誕生して
一番の悩みは命名です。目上の人や姓名学の知識者に依頼しなくても大丈夫です。

  目次「18.あなたの苗字に合った良い名前の画数」と      
     「19.良い名前の三原則をすべてクリアした男女名の名前3,115名」

 記載されているので、その中より選べます。 
「名は体を表す」ため漢字の語源についても多数記載し良い意味の漢字を組み合わせた名前で選べます。


あなたの名前よい名前でしょうか?

  ★ 赤ちゃんが誕生して一生涯幸福を得る良い名前をご希望のご両親。  
  ★ 健康に日々お悩みの人、事業に失敗して努力の報われない人。   
  ★ 夫婦縁・親子縁・相続人との縁が薄く家庭的に恵まれない人。

もし、名前からの影響であれば、良い運勢に簡単に変えられるのが改名です。

正しい「よい名前」の通称名をもってフルにご使用して下さい。本名まで替える必要はありません。  
この本書をお読みになれば、あなたご自身で選名が簡単にできます。 
 私が永年研究して温存していたものですが、人生の集大成として多くの人々に公表して喜んで、  
 ご活用 いただき「よい名前」をつけて平穏無事で健康で、明るい家庭的に恵まれた人生を歩んで下さい。

是非この資料本を一家に一冊、孫末代まで利用していただく保存版としてご購読いただければ幸に存じます。

 ご注文は、下記アドレスへ郵便番号・住所・氏名・電話番号・をご記入の上お送り下さい。  
メールアドレス:yoi_namae123@alto.ocn.ne.jp まで宜しくお願い致します。  
又は、良い名前のサイト「赤ちゃん誕生123(統計数理姓名学)」「資料本注文」よりお申し込み下さい。

価格は、3,000円(税・送料・無料通信講座・よい名前一つ進呈・込み)です。
ゆうちょのレターパックでお送り致します。  ご注文お待ちしています。よろしくご検討ください。


                          東洋運命学会会長:吉田昌功           
                            http://yisao.gozaru.jp/     

     ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


                    【文字の起源と霊力】

 中国の儒教の創始者である孔子「文字に命があり、霊が宿っている。文字によって
 表される人間の生命は単なる符号ではなく、それぞれの文字が持つ命・霊が複雑に
 絡み合い、その人間の運勢を操っているのだ」といっています。

 一人の人間に名前が与えられるということは、その肉体に霊的な実態が与えられる
 ということにほかなりません。人名は他と区別されるための記号ではなく、その人
 自身なのです。

 姓名学は、文字の基の意味(原義)を無視しては成り立ちません。
 私たちが使っている名前は人生のいろいろな出来事について運命を暗示する力を
 もっています。凶事も吉事も、偶然によるものではなく文字の霊力の法則のもとに
 起こっているのです。

 名前の暗示力は、ときとして人の生死にもかかわることがあります。本人が悪い
 名前をもっていなくても親や配偶者など親近者が持って、いつか凶の暗示に引き
 ずられることもあります。 

 ★なぜ文字に霊力が秘められているのか?

 そもそも、私たちが名前に用いている文字とは何なのでしょうか。
 その源流をさかのぼっていくと、今から3000年以上前の中国の殷(イン)の時代
 に行き当たります。当時の王の墓だった殷嘘から発掘された3000あまりの文字が
 漢字の起源とされているのです。

 殷の王は、明日の天気はどうか、災害(黄河の氾濫)が起きないか作物はよく実るか、
 戦争に勝てるかなど日常万般のことを神にお尋ねしました。そのさい、亀の甲羅や
 獣の骨(甲骨)を火であぶりそれによって出来た割れ目の形で吉凶を占ったのです。

 そして占いの内容や結果などを、史(ふひと)と呼ばれる記録係が甲骨の余白に
 刻みつけました。それが甲骨文字(象形文字)と呼ばれるもので文字の起源である
 漢字とは、いわば神と交信するための道具だったわけです。

 約3000種類の漢字のうち、今日までに解読されているのは約1500字ですが、
 それらはすべて占いの言葉であるので「ト辞(ぼくじ)ともいわれています。

 古代中国では、人は死んでも墓の中で生存と同じように生活を営むと信じられて
 いました。王が亡くなると、死後の生活を守り支えるために家臣や身分の低い使用人
 などが殉死させ、これを家畜の鶏や犬などと一緒に埋葬したのです。

 しかし、多数の人や家畜を殺すのはあまりにも惨たらしいく不経済であるため後に
 これを文字(象形文字)に置き換え亀甲や青銅器などに刻んで副葬するようになりました。

 時代が下がると「俑(よう)」と呼ばれる焼き物の人形などが副葬され、なかでも
 始皇帝陵で発見された兵馬俑が有名です。
 つまり文字は生き物の生き写しでもあり、神と交信する道具として使ったことで、
 そこに神の命(森羅万象の命=霊力)が宿ったわけです。名前を持った人間は霊力の
 宿った文字に沿って育ち、生きていくのです。

 ここから文字というものがいかに恐ろしい意味を持ったものであるかが理解できる
 と思います。

 日本にも「お七夜」といって、子どもが生まれた七日目の夜に名前を決めて前途を
 祝うしきたりがあります。毛筆で和紙などに名前を書きこれを神棚に吊り下げたり、
 赤ちゃんの枕元などに貼ったりします。

 こうした風習は、今も全国各地に残っていますが、核家族が増えた現在では次第に
 形骸化してきています。命名の時だけでなく中国ではお正月(春節)になると門聯
 といって、赤い紙におめでたい言葉を金箔の文字で書き、商家などの門柱などに貼る
 習慣があります。

 日本でこれに当たるのが「お札」や「護符」といえるでしょう。
 古いしきたりを大事にしている家庭では、今もお札を神棚に飾ったりかまどに護符を
 貼ったりします。
 神社や仏閣に人名や店名入りの千社札を貼るのも古くからの習慣で繁盛している
 お店にもシールのお札が貼ってあるのをよく見かけます。

 戦国武将の上杉謙信は、戦に臨んで「毘」の一文字を白地に黒々と染め抜いた軍旗を
 掲げていました。謙信は毘沙門天の信仰者として知られています。その毘沙門天は
 釈迦の寵愛を受け、釈迦の説法をもっとも多く聞いたことから多聞天と呼ばれ、
 中国では戦いの神とされています。

 その流れを汲んで日本でも軍神として祀られるようになったわけですが謙信が
 武田信玄との五度にわたる川中島の合戦の末、領地である信濃を堅守できたのも
 「毘」という文字の霊力(毘沙門天のご加護)があったればこそでしょう。

 子どもに良い名前をつけようとするのは、どの親にも共通する当然のことです。
 かって我が子に「悪魔」と命名しょうとした親にしても「この名前によって同級生
 からいじめられたとしても、それを跳ね返すような強い人間に育って欲しかった」
 と記者会見で正当性を訴えていました。

 しかし、これを含めて「人気があるから」「イメージがよいから」という親の勝手な
 思い込みで名前をつけられた子どもは、名前に翻弄されて不幸な人生を歩みかねない
 危うさを背負うことになるのです。

 文字の意味を正しく理解して「良い名前」の命名に心がけて下さい。

 

  ★ ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…★ 

    【名付け漢字(正漢字画数)・読み方一覧表 】                

  ★ ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…★

 


                          赤字・・・音読み
                                                        黒字・・・訓読み

   「こ」

  コ  : 子(3) 小(3) (3) 木(4) (4)(5) (8) (8)(8) 児・兒(8)

       (8) (9) (9) (9) (10) 粉(10) (10) (12) (12)

       (13) (13) (13) 拠・據(16) (21)

  ゴ  : (4) (4) (4) (4) (5) (6) (6) (7) (7) (9)

       (9) (10) (10)(11)(11) (12) (13) (14) (21)

  コイ : 濃(16) 鯉(18) 恋・戀(23) 

  コウ : (3) (3) (4) (4) (5)(5) (6) (5) (5) (6)

       (6) (6) (6) (6) (6) (6) (6) (6)(6) (7)

       (7) (7) (7) (7) (7)(8) (8) (8) (8) 空(8)(9)

       (9) 恒・恆(9) (9) (9) (9) (9) (9) (9) (9) (10)

       (10) (10) (10) (10) (10) (10) (10) (10) (10)
        
       (11) 皐(11) (10) (12) (12) (12) (12) (12) (13)

       (13) (13) (14) (14)(14)  稿(15) 広・廣(15) 請(15)

       (16)(16) (16) (16) (17) (17) 絋・纊(21) 鉱・鑛(23)

  ゴウ : (6) (8) (10) (12)(12) (13) 郷(13) 号・號(13) (14)

  コク : (5)(7) (7) (7) (8) 国・國(11)(12) (14)

  コト : 士(3) 功(5) 言(7) 事(8) 紀(9) 信(9) 特(10) 殊(10) 異(11) 琴(12)

       辞(13) 説(14)

  コマ : 駒(15)

  コメ : 米(6) 込(6)

  コレ : 也(3) 之(4) 比(4) 兄(5) 只(5) 右(5) 伊(6) 官(8) 是(9)荘・莊(10)

       時(10) 惟(11) 為・爲(12) 実(14) 維(14)

  コン : (4) (8)(8) (8) (9) (10) (11) (11) (14)

       (16) (17) 献・獻(20)

  ゴン : (7) (14) 勤・勸(20) 厳・嚴(20) 権・權(22) 
     
           
       ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
         ◆ 読者からの質問コーナー        
    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

  
 ■メッセージ  
   はじめまして。私はこのたび待望の第1子を授かり、今年の11月7日に
  予定日を控え、性別も男の子と判明し、名づけを考える毎日を過ごして
  おります。いろいろな書籍を参考にしておりましたが、先生のサイトを
  拝見して、名づけの奥深さに驚嘆致しました。
  まさに自分の名前が、女性につけない方がいい名前としてあがっていた
  のにはショックを受けましたが、だからこそ子供には良い名前を考えて
  あげたいと思いました。
 
  名づけのこと基本を全く知らない当初は、響き・漢字などを優先して考えて
  おりましたので、「翔山」→しょうざん、「聡一」→そういちの2つを考え
  ていましたが、姓の画数(5+8)、陰陽、受胎季(春)を考えますとすべて
  において理想的な名づけをすることは、非常に困難なことに気づきました。

  すべてを吉数にすることが難しいようなので、準理想的な名前を一生懸命
  考えました。男の子なので、外数に吉をと思い、
  「孝祐」「宏祐」→こうすけ
  「壮悟」「聡悟」→そうご
  「秀悟」→しゅうご
  「駿悟」→しゅんご
  「聡多」→そうた
  「駿多」→しゅんた
  「旺士郎」→おうしろう
  「良悟」・「瞭悟」→りょうご
  「瞭祐」→りょうすけ
  などが候補にあがりましたが、素人目にはどの名前が良好か、また
  つけない方がよいか判断しづらいところがあり、大変頭を悩ませています。

  先生がお気づきの点がありましたら、アドバイスいただけますと幸いです。

        −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

  お答えします。  
  上記の名前はすべて不良です。何故かと言いますと

  名前の17・10画は自己運が27画では弱く、総数40画は凶数になっています。

  名前の7・10画も自己運と家勢運の平凡数が二つになり良くありません。
  名前の17・6画も総数(家勢運)36画の凶数になっています。

  永沼家には二字名ではどうしても平凡数が一つ入りますが、まだ総数の平凡数で
  7−18か17−8画の組み合わせの方が宜しいです。
  自己運(生活・経済的な運勢)は必ず吉数が必要です。平凡数では安定性にかけるし
  姓名に二つも平凡数を持つか、他に凶数があると平凡数は、凶数に変化しますので 
  避けるべきです。

  すべて吉数にするには3字名で、例えば、7・4・7の組み合わせ等があります。

  また、出産予定日も季節の変わり目になりますね。
  今年の11月7日は立冬になり、出生季は冬になります。節分が11月6日ですから
  そこまでの出産なら秋です。
  なかなか良い名前の三原則に合った命名は難しいものですよ。
  もっと詳しくお知りになりたければ、「よい名前の三原則」資料本をお薦めします。
  

  
  
     ★--------------------------------------------------★
       資料本ご購入者で通信講座受講者のお言葉
     ★--------------------------------------------------★

     
 ※ 鶴見さま・・北海道

   「良い名前の三原則」資料本ありがとう御座いました。

   更に無料の通信講座15回まで受講させて頂きお陰様で書籍の
   内容も十分理解することが出来ました。

   これで将来の子供・孫たちの命名にも悩むことなくて済みます。
   保存版「良い名前の資料本」として末永く利用させて頂きます。

 

 ※ 谷中さま・・東京都

    お世話になりました。
    15回にわたるご指導・プレゼント名をありがとうございました。

    最初は分からないことだらけで、質問に対する回答・表現の仕方や
    他の要素が与える影響などが分かりませんでしたが、回数を重ねて
    模範解答を毎回頂けたことで都度理解が深まりました。

    15回という回数や難易度もちょうどよかったかと思います。
    姓名学の無知な私でしたが、講座を受講したことで名前の重要性が
    身にしみて感じています。どうも有り難う御座いました。

 

 ※ 石谷さま・・石川県   

    資料本を購入してから無料講習終了までの5ヶ月間あまり、先生には本当に
    お世話になりました。毎回の返答には、気付かされる事ばかりでした。
    途中自分の名前もですが、世の中は、こんなにも不運な名前を持った人
    ばかりなのかと不安や怖さもあり落ち込んだ事もありました。

    先生の励ましや返答を何度も読み返し何とか最後まで講習を終了する事が
    出来ました。ありがとうございました。もっと早くに先生の講習に出会う事が
    あったのなら子供たちに精一杯の良い名前を授ける事が出来たのにと思います。

    先生から頂いた名前を存分に使って少しでも明るいこれからの人生を生きて
    いきます。先生もいつまでもお元気で、又質問をする事もあると思いますが、
    宜しくお願い致します。

 

   ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽


    あなたの名前良い名前でしょうか?


    ★ 赤ちゃんの命名で悩んでいる人     
   ★ 名前の改名に悩んでいる人     
   ★ 自分の運勢を良くしたくて悩んでいる人     
   ★ 社名・店名の名付けに悩んでいるあなた

   

   ご質問はサイトの「無料質問箱」よりお願いします。

    良い名前の付け方・サイト  ⇒ http://yisao.gozaru.jp/        

          無料メールマガジンの購読は ⇒ http://www.mag2.com/m/0000149874.html        

          携帯用ミニマガジンの購読は ⇒ http://www.mag2.com/m/M0039947.html

         ◆ ブログ(2)                       ⇒ http://yoinamae.yamatoblog.net/


                     東洋運命学会・吉田昌功  

   ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

この記事についてブログを書く
« 【漢字の歴史】No.831 | トップ |  【文字は生きている・1】No... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事