「良い名前の三原則」

1.陰陽の配列を良好に。
2.全ての画数を吉数に。
3.名前の五気を良好に。

【生年月日の重要性】 No.555

2014年06月27日 11時43分36秒 | Weblog

応援クリック宜しくお願いします。

∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽

    
                    【 生年月日の重要性 】

  なぜ、生年月日が姓名学に必要か?

  生年月日は姓名学には、たいへん重い役目をもっています。
  それは、同姓同名は、どうなるのか?安倍晋太郎なら誰でも首相になれるのか?
  吉永小百合なら女優に、鈴木イチローならス-パースターにみんな有名になれるのか?
  という疑問が誰にでもあるはずです。

  今までの姓名学では、残念ながら、この問題は解決されていませんでした。
  ここで、生年月日がモノをいうことになるのです。私は断言します。

  同じ両親から、同年・同月・同日・同時刻に生まれた同姓同名の子供なら
  百人が百人かならず首相にもなれるし、ス-パースタ-になれるでしょう。
  こんな事は、絶対ありえないことです。

  同姓同名が百人あっても、みんなその生まれた生年月日は違っているでしょうし
  両親の名前もちがうでしょう。また、祖父母・兄弟・姉妹なども、みんな異なって
  いるはずです。

  両親や、兄弟の名前が悪ければ、やはり、その子供や兄弟にも影響するのは当然の
  ことです。ここに生年月日の神秘性と姓名との関連性があるのです。

  親子・兄弟・姉妹・家庭ぜんぶの名前が良ければ一家は平穏無事・繁栄・健康・
  長寿などすべて欠けることのない理想的なものになるでしょう。

  生年月日に適した名前をつけることが姓名学ではとても重要なことです。
  五気は季節をあらわしていることは、前回までに説明しましたね。
  名前はすべて、この五気に合った名前を付けなければなりません。

  春に生まれた人、夏に生まれた人、みなそれぞれに適当な名前があるのです。

  これについて、ちょっと面白い話があります。
  私が以前に、友人の子供の運勢・性格を鑑定したことがありました。
  もちろん、陰陽の配列・画数・五気・生年月日などによっての鑑定をしたのですが
  どうもその結果はあまりよく当たらないらしいのです。

  らしいというのは、可笑しいですが、とにかく友人がちっとも感心しないで
  「やっぱり姓名学なんて、当てにならんよ」というような顔をしているのです。
  私も少し、しゃくにさわったので、言ってやりました。

  「おい、キミ!生年月日がでたらめだろう」って。そうしたら彼は頭をかきながら
  「そのとおり、なんだよ、実はね、2月29日に生まれたもんでね・・・・4年に
  1回しか誕生日がこないんじゃ、子供が可哀想じゃないか。だから届けを一ヶ月
  おそく3月29日生まれ、ということにしたんだよ」という話なんです。

  こういったケースは、世間に沢山あることでしょうが姓名鑑定者泣かせです。
  これは生年月日と姓名とが、いかに密接な関係があるか、という一つの例に
  すぎませんが、2月29日生まれには、親も子も、そうして姓名学上からも
  困ったことだと思います。

  12月31日生まれの赤ちゃんは、おそらく一月元旦生まれで届けられることが
  多いでしょうが、生年月日だけは子供のもっとも大事な記録なのですから、やはり
  できることなら間違いの無い記念日にしたいと思います。

  2月29日が3月1日や2日なら、まだ良いのですが友人の例のように、せめても
  誕生日の29日だけはそのままにしておきたい、という親心がまる一ヶ月も狂わし
  ているのですから、ちょっと珍しいことかも知れません。

  出生された赤ちゃんの年・月・日・時で四柱推命による先天運を鑑定して後天運
  でその欠点を補った「良い名前」が一番の理想です。
  出生前に複数の選名をして、出産後に「良い名前」を命名しましょう!

 
    ∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞
          【 画数・五気・読み方・漢字の意味 ・74】
    ∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞───∞

                                 
    ★ 名命をする時には漢字の意味を知ることは、たいへん重要なことです。
      良い意味の漢字を使って「良い名前」をつけて下さい。                         
      片仮名(音読み)・平仮名(訓読みと人名に用いる読み方)
                                      【当用漢字・字源辞典・名づけ辞典より】

  【12画】

   「(金)」:麻の実または皮をはぐさまと攴(動詞の記号)を合わせた形声文字。サン・ちる。
       植物の皮や実をバラバラにそぎとるさま。→ちる・バラバラになる・かってきまま。
     人名・・・・のぶ。

     
  「(火)」:享(城壁の土盛りを描いた象形文字)と攴(動詞の記号)を合わせた形声文字。
           トン・タイ。ずっしりと安定している。→あつい・おさめる。
     人名・・・・あつ・あつし・おさむ・たい・つとむ・つる・のぶ。


  「(木)」:日(太陽)と京(高い丘にたてた家)を組み合わせた形成文字。ケイ。
           太陽が照って明るいところと暗いところの境ができること。「けしき」の意を表す。
           →けしき・ようす・ありさま・売る物にそえて客におくる品物。
     人名・・・・あきら・かげ・ひろ。


  「(金)」:晶は、星が三つ光るさまを描いた象形文字。ショウ。
           澄みきった意を含む。→きよらかに輝く・すきとおった水晶・キラキラ光る鉱物。
      人名・・・・あき・あきら・てる・まさ。


  「(金)」:晴は、日と青を組み合わせた形成文字。セイ・はれる。
           青は、生(清らかな芽生え)と丼(清らかな井戸水)を合わせた字で澄みきった
           意を含む。澄みきった日のこと。→はれる・はれ。
     人名・・・・きよし・てる・なり・はる・はれ。


  「(水)」:普は、竝(並。ならぶ・横に広がることを示す)と日を合わせた形声文字。フ。
           日光が広がることをあらわす。→広くいきわたる・なみ(普通)。
      人名・・・・かた・ひろ・ひろし・ゆき。


  「(火)」: 智は、知と日(いう)と息がつかえて出るさまを合わせた形声文字。チ。
           知とは、矢と口を合わせた字で矢のようにずばりとあてていうこと。
           ずばりといいあてて、さといこと。→かしこい・ちえ。
      人名・・・・さと・さとし・さとる・とし・とみ・とも・のり・もと。


  「(木)」:期は、月と其を組み合わせた形成文字。キ・ゴ。
           其(キ)は、もと四角い箕(み)を描いた象形文字で、四角いきちんとしたの
           意を含む。箕の原字。月が上弦→満月→下弦→朔(サク)を経て、きちんと
           もどり太陽が春分→夏至→秋分→冬至を経て、正しくもとの位置に戻ること。
           →とき・ある時からある時までの間・あてにする。
      人名・・・・さね・とき・とし・のり。


  「(火)」:艸(ソウ:草:上下に分文書)と日と月を組み合わせた形成文字。チョウ・あさ。
           草の間から日が出る様子。ただし、なお月影の残るさま。つまり早朝の意。
           →あさ・あした・よあけ・(あさの)まつりごと。
      人名・・・・あさ・あした・かた・さ・つと・とき・とも・のり・はじめ。


  「桟・棧(金)」:棧は、木と戔を組み合わせた形成文字サン。
             戔(サン・セン)は、戈(ほこ)二つによって、切って小さくする意を示した字。
             小さく切った木。また小さい棒を縄でつなぎ、山の崖などに渡した「かけはし」
             のこと。→かけわたした木や橋・かけ橋・戸や障子などのほね(さん)
      人名・・・・たな。


      ※ 次回は「(金)」からお送りいたします。

 
   ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
         ◆ 読者からの質問コーナー
    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━

  ■メッセージ
  はじめまして、山本と申します。
  姓名学では、名前だけで性格がわかると言われておりますが、どのように判断するのですか?
  二人の知人(知美・佳子)がいますが、この人達の性格を判断する方法を教えて下さい。
  ご多忙中とは存じますが、よろしくお願い致します。

 
     -------------------------


  お答えします。
  運勢は別として、性格だけの見分け方をお教えします。

  姓名学を学べは名前だけで、その人の性格が判断できます。大変便利ですよ。

 「知美さんの場合」
 
  例えば「知美」の五気は、火-水です。名頭、知(火)は表面に現れる性格です。
  次ぎに美(水)は、内面に潜んでいる性格と判断してください。尚、この場合は
  五気不良の組み合わせですから、性格も悪い面の現象が気になります。

  表面の性格は、火の性ですから、感情は図太く、鋭敏で剛気はっきりいって男性的
  といえます。自分の感情や意志を短的に表現し、実行に移す決断力・積極性を
  持っています。

  内面の性格は、水の性で冷静で意志強く、陰気にみえてもメソメソした陰気さでは
  ありません。人の腹の中まで見通すような鋭敏な神経・氷のような冷たさを持つ性格で
  慎重さがあります。

  しかし、最初に言いましたように、五気不良ですから、「火・水」の悪い面が目立ち
  性格的に欠点が多く、短気粗暴・無口陰気・優柔不断・中途半端・疑心・嫉妬心が
  深くなりますので要注意です。
  その上、出生季が夏の場合は「火・火」の現象が強く、何事にも熟中し、感情に走りすぎ
  反省を忘れて頑固・ヘソ曲がり・残酷性となりやすいので、生年月日の出生季が夏で
  無いことを祈ります。

 
 「佳子さんの場合」

  佳子の五気は、木-金です。組み合わせも良好で、良い面が目立つようになります。
  表面の性格は、木の性ですから、性格は明るく活動的です。理性もあり、社交性も
  あります。また楽天的なところがあり、お人好しですから多くの人から好かれます。

  内面の性格は、金の性ですから知性・理性が備わって、温厚沈着です。
  五気組み合わせが良好ですから、良い面が、内外共に現れた良い性格となります。

  しかし、この人も出生季が春の場合は、たとえ五気組み合わせが良好であっても
  「木・木」の現象がつよく、理性に欠けて人の口車にのったり、軽挙盲動することが
  多くなり、自己を主張しすぎる結果他の不評を招きますので要注意です。

  以上のように、命名には出生季の五気を名頭に絶対使用しないで下さい。
  また五気組み合わせにも十分注意して良い組み合わせの名前を選びましょう。

 

    ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
      通信講座受講生のことば(名前はすべて通称名です)
     ━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━…━
        
  
  吉田先生、親切・丁寧な無料通信講座のご指導ありがとうございました。
  おかげで姓名学に無知な私でも名前の大切さが良くわかりました。

  講座の終わりに戴いた「良い名前」を子供の改名に使わせて貰いました
  ところ、半年ぐらいで性格が随分変わって良くなってきました。
  やはり、名前の五気の組み合わせが以前のは悪かったせいでしょうね。

  これにともなって、是からの運勢も良くなって行くことを楽しみにして
  居ります。
  以前は、改名なんて気休めのように思っていたのですが、こんなに早く
  効果が出てきてビックリしております。本当に改名して良かったです。

  先生が言われている「運勢を良くする近道は改名」を身をもって体験し
  今は感謝の気持ちで一杯です。本当に有り難う御座いました。
 
  何時までも、お元気でご活躍されることを心よりお祈り申し上げます。
 
              鹿児島県・藤本記世

    
       ∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽ 

  ◆【無料通信講座】で姓名学を勉強してみませんか◆

  通信講座終了後には、あなたの苗字に合った素敵な「良い名前」をプレゼントします。

  あなたの名前良い名前でしょうか?

  ★ 赤ちゃんの命名で悩んでいる人
  ★ 名前の改名に悩んでいる人
  ★ 自分の運勢を良くしたくて悩んでいる人
  ★ 姓名学を学びたい人

  すべて下記サイトを覗いてみて下さい。
  ご質問はサイトの「無料質問箱」よりお願いします。

  良い名前の付け方・サイト  ⇒ http://yisao.gozaru.jp/index.html

  無料メールマガジンの購読は ⇒ http://www.mag2.com/m/0000149874.htm

  携帯用ミニマガジンの購読は ⇒ http://mini.mag2.com/pc/m/M0039947.html

   東洋運命学会・吉田昌功

この記事についてブログを書く
« 【芸名について(男性)】N... | トップ | 【天頭地頭同数・天地総同数... »
最新の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事