アートと遊んで

ギャラリー耀&カフェらっくらいず、加藤桂二美(よしみ)の作陶工房と畑のできごと。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

吉竹弘展始まりました

2014-06-17 09:35:39 | アート・文化

福光で・・・作品数が少な目ですが、存在感のある落ちついた会場です。

  (会期中、目線の変化もあります。)

走泥社(そうでいしゃ)、皆様も記憶におありでしょうか、

初めて ”オブジェ” なるものを作り出した陶芸集団!

用の美にい相反する ”役に立たないもの” を陶土で挑戦したのです。

作家個々の想いで、つち(粘土)に向き合う日々の結晶がかたちとなりました。

吉竹弘は、身の丈を越える大きなスケールの作品も多くありますが、

ギャラリー耀での展示は、晩年の作品をご覧いただきます。

これも焼き物? と、覗き込んでください。

  走泥社と新陶彫を駆け抜けた

  吉竹弘陶展

  2014 年 6・13~8・31 (毎金・土・日 am10:30~pm6:30)

  南砺市荒木883 ギャラリー耀 tel 0763 -58-5036

お待ちして居ります。

  

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 堀尾作品を見られなかった方に | トップ | カフェらっくらいずで始まる... »
最近の画像もっと見る

アート・文化」カテゴリの最新記事