中央分水嶺・淀川水源の森 余呉トレイル

奥琵琶湖の豊かな自然と歴史に親しみ地域活性化を願う余呉トレイルクラブが、余呉トレイルについて情報を発信します。

雪は深く重いがトップを交代しながら三方ヶ岳へ

2012-01-28 20:55:49 | トレイル日記

予想より好天となり、新道野峠手前の塩津県有林から中央分水嶺へ出て、大展望の広がる孫持山(点標大師走)へ。

深く重い雪のラッセルも今回も盛況につき人材豊富で、トップを交代しながら楽しく登ることができた。

ここでランチタイム、前回からウッディパルのトレイル弁当も冬バージョンということで、カツサンド中心のメニューにスープ付に変わっていて、盛況とあらば作りがいもあるというもので素晴らしいできばえに、参加の多くの人から絶賛。

おいしいものを食べると、樹氷の自然林を抜けて三方ヶ岳も一気であり、意気揚々と沓掛への下りにかかる。

集落まで雪質は変わらず、恒例の歓喜の駆け下りどころか雪中行軍ムードがただよい、さすがに皆さん少々お疲れさんであったが、雪のトレイルスルーができ満足げであった。

次回は2/11(土)墓谷山で、ノコ尾根の雪稜歩きはここならではのもの。多くのご参加を。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 余呉トレイルスノーシュー大... | トップ | 墓谷山をノコ尾根から登りク... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
三方ヶ岳ありがとうございました (夢遊人)
2012-02-01 15:06:05
先日1月28日の三方ヶ岳の余呉トレイルツアーに夫婦で、初参加した者です。
幸い、お天気も良く風もなく、初めて履くスノウシュウーも楽しくて!最高でした!

私のHPにも、山行記録をUPさせていただきました。不都合な箇所や、失礼があれば連絡ください。

最後は、バラバラとした解散だったので、リーダーの方や、お世話いただいた方に、お礼もろくに言えずじまいでした。
ありがとうございました!!

コメントを投稿

トレイル日記」カテゴリの最新記事