ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

修行の六つの要素

2018-10-30 22:58:14 | 松川先生のお話






 これは何度もいろんなかたちで書いてきたが、基本的で大事なことなのでもう一度簡潔にまとめてみたい。修行には、大まかにいっていくつかタイプ、要素、方向性がある。
 これはヨーガや仏教などの「修行」のみならず、ある人がこの世で本当に幸福になるために、そして来世、高い世界へ行ったり、解脱したり、真の菩薩やバクタになるといったことを達成するために必要な要素ということだ。
 つまり自分が修行者であろうと自覚していようがいまいが、すべての魂に本来必要な要素なのである。

 これらは分けて考えることもできるが、実際には分けられない。以下の六つすべてが必要である。様々なヨーガや仏教のスタイルがあるのは、そのどれに一番重点を置いているかということに過ぎない。



1.徳と悪業

 この世の一切はカルマの法則によって成り立っている。つまり徳とは「善いカルマ」のことであり、悪業とは「悪いカルマ」である。
 善いカルマがあれば幸せになり、悪いカルマがあれば不幸になり苦しむ。それだけのことだ。よって幸福になり、不幸を避けたかったら、できるだけ善いカルマを増やし、悪業をなさない。さらに苦しみを喜んで受け入れることで、過去に作ってしまった悪いカルマを浄化する。

 さらにこの高度な実践は、心の浄化である。実際にはカルマというのは心の様相に大きな影響を与えている。というより大きな意味でのカルマは、「なしたことが返る」という面と、「なしたことによって心が形成される」という二つの面があるのだ。
 この後者に焦点をあて、できるだけけがれた心やエゴを浄化し、善き心を培っていくことである。

 この二つの実践が確定されたならば、その人は将来において幸福となり、そして死後も必ず幸福な世界に生まれ変わる。

 しかし解脱以上を望むならば、その他の要素も必要になってくる。徳があるだけでは解脱はできない。しかし徳がなければ真の解脱もできない。徳がない者が「解脱した」と言っているのは錯覚だ。それは心の奥の暗い領域に落ち込んでいるに過ぎない。



2.教学と智慧

 二番目の要素は智慧である。この智慧を、いわゆる教学による知識の蓄積や理解ととらえている人も多いが、それはあくまでも基礎に過ぎない。
 しかしこの基礎も重要なので、まずは徹底的に聖典や師の教えを修習し、思索し、理解する。

 そしてこの教学を智慧に昇華させる。その一つの道は、教学した内容を実際に実践することである。これによって教えが成熟し、智慧となる。しかしこれは相対的な智慧である。

 より高度な、あるいは究極の智慧に到達するにはどうしたらいいのか。それには実際にはいろいろな方法がある。この智慧を中心に置くジュニャーナヨーガなどでは、この世を否定する方法によって智慧を浮かび上がらせようとするが、それは一つの方法に過ぎず、また現代ではとても難しい道だ。
 実際には、上記の相対的智慧を培いつつ、ここに述べる他の五つの道を高めることで、高度な智慧は生じてくるだろう。


 
3.エネルギー

 生命エネルギーを使う道には浄化、強化、上昇などが必要だ。その一つ一つの詳細は長くなるので省く。

 現在世界で一般に行なわれているアーサナ中心のヨーガも、もともとはこのエネルギーのヨーガの系統だ。また現代的なスピリチュアルの世界でも、エネルギーがどうこうという話はよく出てくる。

 しかし実際はそれらの人々は、本当の意味でのエネルギーの浄化も強化も上昇もできていない。

 まず様々な行に励んだり、精力がつくようなものを飲んだり食べたりすれば、ある程度エネルギーの強化はなされるかもしれない。いわゆるエネルギッシュになるという感じだ。しかしそれは肉体的・表面的・一時的なもので、本質的に魂の進化につながるようなエネルギーの強化にはならない。本質的にエネルギーを強化するには、まず前述の徳が必要だ。そして後述のバクティも必要なのだ。それらによって高まったエネルギーの素のようなものを、行によって練るのである。

 練りあがって使えるようになったエネルギーを、上昇させ、頭からアムリタという歓喜のエネルギーを落とす。この歓喜のアムリタが十分に落ちないと、本当の意味でのチャクラの浄化や開発は起きない。このアムリタを落とせる人が現代ではわずかしかいない以上、巷でチャクラがどうのこうのとか書いている本は9割方が偽物だと思った方がいい。このヨーガの世界は、ふんわりしたイメージ的なスピリチュアルの世界ではなく、非常に物理的な経験の世界なのだ。
 
 実際にはこれらのエネルギーのヨーガの工程には様々な細かいプロセスがあるが、それらは説明を省く。このエネルギーのヨーガが正しく行なわれるなら、素晴らしい歓喜、空の悟り、化身の形成、死後の世界の経験と超越などが生じるだろう。




4.バクティ

 神(至高者)、ブッダ、グルといった絶対なるものへの帰依、信、愛の修行である。
 現代はカリユガという、人類のカルマが最も悪い、最悪の時代といわれる。しかし最悪の時代だからこそ、最強の教え、修行が登場する。その中心となるのがバクティヨーガだ。だから賢者たちは逆に、最高の教えが登場するこの暗黒のカリユガに生まれたいと願うという。
 密教も同じで、最悪の時代に登場する最高の教えである。密教においても中心となるのは帰依、特にグル(師)への帰依だ。
 結局、バクティヨーガこそが最高のヨーガであり、これを修めれば他の修行は一切いらないというくらいのものなのだが、実際にはこれは簡単なようで最も難しい道である。よってバクティヨーガを修行の中心に置きつつ、他の修行を総合的に行なっていくのが最も良いと思う。

 バクティヨーガでは、神(至高者)、ブッダ、グルといった絶対なるものを完全に信じる。帰依をする。そして他のものが何も目に入らないくらいの強烈な心で愛する。あるいはすべてを明け渡す。すべてを神の愛と見る。すべてをおこなっているのは「彼」であり、自分はただの道具、機械に過ぎないと考える。
 言葉にすると簡単だが、実際、これらの言葉の真の意味を理解することは難しく、そして実践はもっと難しい。
 バクティヨーガにおいては、頭のよさや様々な能力よりも、「純粋な心」が最も必要となる。

 修行の全体像から眺めると、このバクティというのは命綱であり、またすべての他の修行にエネルギーを与え、光を灯す鍵である。仮にバクティヨーガを中心に置かないとしても、バクティヨーガがなければどんな修行も成就は不可能である。


 
5.菩提行

 大乗仏教や密教では、他者への慈悲、そしてすべての魂を救いたいと思う心、そしてそのために自分が修行を完成したいと思う心――菩提心――を重要視する。
 カイラスのオリジナルTシャツの中では、他の様々なヨーガとともに、「ボーディサットヴァ・ヨーガ」という項目をデザインしている。これはわたしの造語であり、ヨーガの世界には特別この慈悲や菩提心を強調するヨーガはないが、バクティヨーガやカルマヨーガに包含されていると同時に、実際にはすべてのヨーガに必要な項目である。
 これについて細かく書くと膨大になるので、簡潔にまとめるならば、まず実際には「解脱」といわれる状態にも様々な段階がある。
 慈悲や菩提行なくして到達する解脱は、非常に低かったり限定的だったりするものである。
 また、最高の真の解脱に慈悲や菩提行なしで到達することもできなくはないが、それは膨大な時間がかかる。膨大というのは、宇宙の創造と破壊が数字として表せないくらい過ぎ去るくらいの時間ということだ。
 慈悲や菩提行は、その時間を圧倒的に短縮してくれる。
 なぜなら、自と他の区別をなくしていくことで、一生で何生分もの修行ができるからだ。
 慈悲や菩提心なき修行は、細い棒を使ってあちら側に細い穴を通すようなものだ。
 しかし慈悲や菩提行を伴った修行は、大きく広く穴を広げつつ、あちら側に穴を開けていく。貫通したときにできる空間の差は大きい。あくまでも比喩だが、最終的には我々は穴を最大に、言い換えれば一切を空にしなければならないのだ。
 理屈を言えばきりがないが、結論を言えば、慈悲、菩提心、菩提行こそは、自分と他者を速やかに救う秘密の霊薬のようなものであり、スケールの大きな、器の大きな修行者、救済者になるために不可欠なものなのである。
 



6.空

 この空というのは、2番目にあげた教学と智慧に含めてもいいのだが、あえて項目を独立させた。
 大乗仏教や密教では、慈悲、帰依とともに、この空が主要なポイントとなる。
 不二一元を悟ろうとするジュニャーナヨーガ系でももちろんそうである。
 しかしこの空を、教学や論理によって悟ることは不可能だ。
 言葉で空の教えを学び、理解した・悟ったと思い込むと、逆に空の悟りからは遠ざかるだろう。
 特に、修行していない学者などが書いたような、表面的な空の解釈は読まないほうがいいだろう。
 読むなら、少しわかりにくくても、本当に悟った人の書いたもののほうがよい。
 本当に空を悟ろうと思うなら、実際には、上記の五項目、特に帰依(バクティ)と慈悲を徹底的に修習した方が確実であり早い。
 しかし同時に、上記の五項目を進める上において、この空の教えのエッセンスをある程度修習する、あるいは空の理解(その時点でのその人の修行進度に対応した空の理解)をときどき思い返すようにするならば、それは大きなプラスになり、全体を進める大きな推進力になるだろう。

 なぜなら、すべては空だからだ。それが真実だからだ。
 しかし同時に、すべては神や師の愛であるというのも真実であり、
 慈悲こそがすべてというのも真実である。

 ときどき空に思いを凝らすことは、我々の凝り固まった心を解放し、マーヤーの束縛を弱めてくれるだろう。

 しかしもちろん、その空の理解は、本当に悟りを得るまではあくまでも未熟な、もしくは便宜的・限定的なものであるという認識は忘れないようにするべきだ。
 本当の空の理解・悟りは、上記の五項目、特に帰依や慈悲が進んだときに、あっちから自然にやってくる。
 その本当の空の理解・悟りにも段階があるが、その初歩のものですら、それはあなたの想像を超えたという表現すら生ぬるいほど、想像を超えたものだ。
 お楽しみに(笑)。 



コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第132話」

2018-10-30 17:07:28 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは、「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第132話」です。

コメント

シヴァの夢、その他

2018-10-30 09:28:36 | 松川先生のお話

 勉強会の後はいつもけっこう疲れてしまうことが多いですが、先日の大阪勉強会の後は、大阪の皆さんがしっかり修行しているせいか、または逆に疲れすぎたためか(笑)、夜は目がさえた感じで、体も元気でほとんど眠れない感じでした。
 しかしその反動か、横浜に帰ってきたらどっと疲れて、昨日はけっこう寝てしまったんですが、そのときに面白い夢をいろいろ見ました。

 例えば、シヴァ神がヴィシュヌ神を礼拝してるんですが、同時に、自分の子供であるガネーシャのことも礼拝している夢を見ました。
 シヴァ神は面白いですね。ある視点からは唯一無二の至高者であり、ヴィシュヌとも同一の存在ですが、ヴィシュヌ神やその化身であるラーマを至高者として礼拝したりします。しかし逆に、ラーマもシヴァを師として礼拝するんですね。
 あるいは、先日の勉強会でも出ましたが、たとえばシヴァは、相手が悪人であっても、苦行などによって誠意を尽くせば、恩寵を与えてその悪人の望みをかなえたりします。そのおかげでいろいろなトラブルが起きるわけですが、しかしそれも大いなる見地から見ると神の計画を推し進める重要なキーとなっており、必要なプロセスであったりします。
 一見、その風貌やイメージは強くて恐ろしいイメージがありますが、実際には謙虚で慈愛に満ち、善悪を超えて、神の計画のためならば自分が汚れ役のような立場をとることもいとわないようなスケールの大きい感じがありますね。まあ神の計画というか、その計画を立てている至高なる神ご自身がシヴァなんですが(笑)。
 前にも書きましたが、仏教ではヒンドゥー教への優位を示すためによくシヴァを踏みつけた神の絵を書きますが、そういうこともシヴァは意に介していない感じがします。いつも奥さんのカーリーに踏みつけられていますし(笑)。

 また別の夢では、わたしが空を飛んでいたんですが……わたしが空を飛ぶ夢を見るときには何パターンかあって、一つは自由に空の高いところを飛ぶ場合。もう一つはいわゆるルン・ゴンパといって、ポーンと大地を蹴って、ヒューっと低い高さで飛んでいく感じ。
 今朝見たのは三つ目のパターンで、風に乗るような感じでふわっと浮く感じです。
 風に乗るといっても、実際は自分の内側の生命エネルギーが動力因となっていて、またずっと浮いていられるわけではなく、ルン・ゴンパのように、ある程度すると下に落ちます。そしたらまた軽く大地を蹴って、フワッと浮く感じですね。
 わたしはポケットに手を入れて、リクライニングシートによっかかっているような余裕の姿勢で、ふわふわと浮いていました(笑)。そうすると、そこには多くの人たちがいたんですが、子供たちが真似しだして、なんとその中の何人かはわたしと同じように浮くことができたんです。でもそれも子供によって違っていて、ある子は余裕で高く浮くことができて、ある子は低空飛行しかできず、すぐ落ちたりしていました。でも大人は飛べずに子供だけ飛べて、その中にも差があるというのは、まるで純粋な心じゃないと乗れないドラゴンボールの筋斗雲みたいだなと思いました(笑)。


コメント

存在

2018-10-29 08:48:44 | 経典の言葉・聖者の言葉
 神を愛する人々の存在は、場を神聖にする。


 ――スワミ・ヴィヴェーカーナンダ



コメント

今日のAMRITAチャンネル「ハヌマーン 第4話」

2018-10-27 21:21:52 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは、「ハヌマーン 第4話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・マハーバーラタ 第57話 前編「抗えぬ運命のうねり――それぞれの"ドラマ"に秘められたる"誓い"」」

2018-10-26 21:59:47 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは、「実写ドラマ・マハーバーラタ 第57話 前編「抗えぬ運命のうねり――それぞれの"ドラマ"に秘められたる"誓い"」」です。
コメント

「JAY JAGADAMBE MA」をアップしました

2018-10-25 22:46:30 | お知らせ
「JAY JAGADAMBE MA」をアップしました。よかったらお聞きください^^


「JAY JAGADAMBE MA」


Vocal:Keisho.Matsukawa
Keyboard:Yuri.T
Drums:T.Takahashi
Guitar:Yuta.Nakano
Violin:S.Matsuoka
Bass:H.Miura

※他のキールタンライブについてはこちらをどうぞ

※オリジナルの日本語のキールタンはこちら

コメント

「DEVIN GURU ―OM Shakti DURGA―」をアップしました

2018-10-25 22:38:44 | お知らせ
「DEVINE GURU ―OM SHAKTI Durga―」をアップしました。よかったらお聞きください^^


「DEVINE GURU ―OM SHAKTI Durga―」


Vocal:Keisho.Matsukawa
Keyboard:Yuri.T
Drums:T.Takahashi
Guitar:Yuta.Nakano
Violin:S.Matsuoka
Manjira:Hitomi.K
Bass:H.Miura

※他のキールタンライブについてはこちらをどうぞ

※オリジナルの日本語のキールタンはこちら


コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第131話」

2018-10-23 21:36:51 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは。「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第131話」です。
コメント

ジェイ ジェイ マー ドゥルガー

2018-10-23 07:49:13 | 松川先生のお話
ジェイ ジェイ マー ドゥルガー
コメント

今日のAMRITAチャンネル「キールタン・イメージビデオ」

2018-10-22 21:46:48 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは、「キールタン・イメージビデオ」です。


曲目

1.SHIVA SHAMBO【NEW!】
2.入菩提行論の歌 PART3 忍辱の完成 THE PERFECTION OF FORBEARANCE【NEW!】
3.OM SHRI RAM
4.神のシナリオ
5.クリシュナ・クリシュナ
6.かわいいゴーパーラ
7.バクティヨーガの歌
コメント

アビヤーサ・ヨーガ

2018-10-21 23:56:16 | 経典の言葉・聖者の言葉



 ある男がシュリー・ラーマクリシュナのもとにやって来て言った。

「わたしは心を制御できません。どうしたらよいのかわからないのです。」

 師は驚いておっしゃった。

「どうしてアビヤーサ・ヨーガを実践しないのかね?」

 心を繰り返し神への思いに連れ戻すことが、アビヤーサ・ヨーガの意味だ。この修行は、「バガヴァッド・ギーター」が特に勧めているものだ。最初は心がさまよい出るかもしれないが、神に引き戻せるなら、大した問題とはならない。これを覚えておけば、戦いの半分は勝ったも同然だ。


 ――スワミ・アショーカーナンダ



コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・マハーバーラタ 第56話 後編「"クリシュナ"or"ナーラーヤナ軍"――命運を分けるアルジュナの選択」」

2018-10-19 21:30:08 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネルは、「実写ドラマ・マハーバーラタ 第56話 後編「"クリシュナ"or"ナーラーヤナ軍"――命運を分けるアルジュナの選択」」です。
コメント

即座に実行せよ

2018-10-17 18:43:03 | 経典の言葉・聖者の言葉

「前途に待ち受ける事態について、常にあれこれ思案を巡らす人は、どんな小さなことをも成し遂けることができないものなのだ。
 真実かつ善であると理解したことは、即座に実行せよ。
 将来、起こるか起こらないか分からないことを予測して、何の得があるのか?
 人生は極めて短いものなのだから、結果を予想して計算をし続けていたら、一生の間に何かを成し遂げることができるのか?
 成功を与えることができるのは、神のみである。
 すべての行為を神に預けよ。
 そのように(未来のことを)思案して、何の足しになるのだ?
 結果を顧みず、ただ働き続けたまえ。」


――スワミ・ヴィヴェーカーナンダ




コメント

「MISSION(LIVE/試作版)」をアップしました

2018-10-16 16:36:18 | お知らせ
「MISSION(LIVE・試作版)」をアップしました。よかったらお聞きください^^

この曲は「SALVATION MISSION MAHA MANTRA」の曲に合わせて急遽作った(降りてきた)ものなので、今後、もう少ししっかり編曲・録音などして完全版をだすと思いますのでお楽しみに^^



「MISSION(LIVE・試作版)」


作詞:Keisho.Matsukawa
作曲:Yuri.T
Vocal:Keisho.Matsukawa
Keyboard:Yuri.T
Drums:T.Takahashi
Guitar:Yuta.Nakano
Violin:S.Matsuoka
Bass:H.Miura

※他のキールタンライブについてはこちらをどうぞ

※オリジナルの日本語のキールタンはこちら



忘れがたき神の喜び
その宝を胸に抱いて

人はいつかたどり着くだろう
魂の故郷へと

たとえ心 引き裂かれて
二度と立ち上がれぬと思い

闇の中でもがいていても
神の御手はいつもそばにある


幾千憶の星空
見つめてあなたを
思いて 無限の愛を
願いて 涙が

あふれる 心の奥が
震える そのとき
忘れていたこの思い
よみがえる 心に


幾千の光きらめき
立ち上る神の力
思い出す 無限の命
舞い踊る 女神たち

愛ゆえに 心至福に
帰依ゆえに 澄み渡り
疑いの入る余地なき
この境地 誰が知る

ああわれは 衆生と行こう
自分だけの解脱など
求めない なぜなら僕は
慈悲満ちる 神のしもべ

吹きすさぶ 嵐の中も
凍えそうな 吹雪でも
バクティを胸に抱いて
至高者の使命果たす


無数の輪廻のその中で
エゴの悪魔に支配されて
無駄な人生を繰り返してきたけれど

今、稀有なる真理に
出会いて わたしは
自己と衆生を救うため
真実の道をゆかん



だから僕は休むことなく
愛によってエゴを捨てて

きっとすぐにたどりつくはず
グルが待つ約束の場所へ

数え切れぬ恩を受けた
衆生のため 自己を捨てて

きっとすぐに彼らのもとへ
飛んでゆこう 救済のために


心の奥が震える
聖なる秘密の
巡り会い それは唯一の
真理のサイン

菩薩の道を歩こう
それこそがはるかな
グルとの遠い約束
秘密の誓約


さあみんな 心配するな
われわれが 全力で
修行する あなたのために
解脱する 必ず

われわれは ブッダのしもべ
至高者の道具
だからこそ すべてを捨てて
修行する 全霊込めて

ああわれは 衆生と行こう
自分だけの解脱など
求めない なぜなら僕は
慈悲満ちる 神のしもべ

吹きすさぶ 嵐の中も
凍えそうな 吹雪でも
バクティを胸に抱いて
至高者の使命果たす


苦界に流れるメロディは
勇者を鼓舞するグルの歌
自己の苦悩を乗り越えて
菩薩になれと


今、聖なる使命を
胸に受け わたしは
自己と衆生を救うため
救済の道をゆかん



我が友よ けがれた思いを振り捨てて
聖なる真理を胸に刻み

さあゆこう 我が主の慈愛の心の
化身となりて 気高き誇り抱いて 




コメント