ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

今日のAMRITAチャンネル「賛歌・イメージビデオ」

2015-04-30 22:50:34 | 松川先生のお話
今日のAmritaチャンネルは、「賛歌・イメージビデオ」です。



曲目

1.月光
2.我が師(日本語版)
3.心よ触れて、ハリの御足に
4.ジェイジェイマードゥルガー
5.マウンテンハレークリシュナ
6.放棄の翼
7.チャイタニヤ・チャイタニヤ
コメント

ヴェーダーンタの実践(15)

2015-04-30 18:39:26 | 経典の言葉・聖者の言葉


19、カルマは、ジャダ(知性なきもの)である。
 そこには、ジーヴァの行為の結果を分配する分配者が存在するはずである。カルマ理論は、多様化された世界の性質(貧困、富豪、健康な人、病の人、非常に知性的な偉人、生まれながらの愚か者、体の虚弱な者、生まれながらの聴覚障害者、間抜けな人等)を、賢明に説明している。
 仕事の監督官は、日雇い労働者が為す仕事の能力と質に従って、下請のさまざまな労働者にどの程度賃金を与えるべきなのかを理解している。
 宇宙の主は、ジーヴァの行為とその動機を知り、それに応じて、彼らの行為の果報を割り振るのだ。


20、何度も何度も、あなたは多くのことを計画してきたが、神はそれとは違ったふうに物事の成り行きを決めておられる。
 皆には日々、この実際の経験がある。
 これは明らかに、人間を制御し、導いておられる至高なる力があるということを示唆している。
 あなたは善行を為すと、高揚感を覚え、満足するだろう。
 あなたは悪行を為すと、心配し、恐れるだろう。
 なぜ恐れるのか?
 これは、あなたの行為(カルマディヤクシャ)、そして心の活動を目撃しているあなたの意識の背後に、至高なる真我が存在しているということを示唆している。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「勉強会講話より 解説・原始仏典『預流相応』第二回」

2015-04-29 07:53:13 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「勉強会講話より 解説・原始仏典『預流相応』第二回」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・リトルクリシュナ 第三話」

2015-04-27 08:51:05 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・リトルクリシュナ 第3話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第123話」

2015-04-24 11:10:58 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第123話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「賛歌・イメージビデオ」

2015-04-23 17:58:31 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAmritaチャンネルは、「賛歌・イメージビデオ」です。



曲目

1.ジェイジェイシュリーラーム
2.ジェイジェイマードゥルガー
3.放棄の翼
4.シッダールタ
5.我が師(日本語版)
6.ジャヤシーターラーム
7.バクティヨーガの歌
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・ハヌマーン 第七話」

2015-04-22 15:43:43 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・ハヌマーン 第七話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「説法 2015ラーマ生誕祭にて」

2015-04-21 17:56:27 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「説法 2015ラーマ生誕祭にて」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・リトルクリシュナ 第二話」

2015-04-20 10:46:54 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・リトルクリシュナ 第2話」です。
コメント

クリシュナ物語の要約(23)「ラーサの踊り」

2015-04-17 10:35:08 | 経典の言葉・聖者の言葉


(23)ラーサの踊り


 魂を魅了する、このようなクリシュナの言葉を聞くと、ゴーピーたちは、いまや主との別離の苦しみを癒され、さらにクリシュナの神的な身体に触れたことで、最高の祝福を得たのでした。

 そしてその後、クリシュナは、ゴーピーたちと腕を組んで一つの輪になり、楽しい「ラーサの踊り」を踊ったのでした。

 クリシュナは、多くの自分の分身を出すと、二人のゴーピーの間にそれぞれ入り、それぞれのゴーピーの首に腕を回して、自分の横にクリシュナがいると思わせながら、全員で一つの輪になり、喜ばしきラーサの踊りが始まったのでした。

 そのとき多くの神々と女神たちが、その踊りを見るために、何百もの天の車に乗って、その上空に集まってきました。

 やがてティンパニの調べが厳かに響き始め、空から花の雨が降り注がれると、ガンダルヴァ(音楽神)たちは、汚れなき主の栄光を高らかにたたえ歌ったのでした。

 その喜ばしき輪の中で、バガヴァーンであられるクリシュナは、美しき乙女たちの中で、眩しく光り輝きました。

 クリシュナの美しき恋人たちは、手と足でリズムをとりながら、眉を陽気に動かし、顔には笑みを浮かべて、胸を揺らせながら、波のように裾をはためかせて、主を賛美する歌を歌いながら、美しく輝いたのでした。

 踊りに熱中してわれを忘れたゴーピーたちは、クリシュナの神聖な体に触れたことを喜び、湧きあがる愛の思いに歓喜して、高まる愛によって声も美しく、全宇宙を満たすかのように、さまざまな愛の思いで賛歌を歌ったのでした。

 ヴィシャーカーというゴーピーは、クリシュナと一緒に合唱して、クリシュナよりも高い音階を歌い、美しいハーモニーを奏でました。それを聞いたクリシュナは大いに喜んで、
「やあ、すごいや、よくやったね!」
と拍手喝采を贈りました。

 ラーダーというゴーピーは、あまりにも熱心に踊ったために、腕からはバングルが外れ落ち、髪からはジャスミンの花を落として、踊りに疲れ切るや、横に立っていたクリシュナの肩を思わずつかんだのでした。

 またシャーマラーというゴーピーは、自分の肩に置かれた、睡蓮の香りを放つクリシュナの腕の香りをかぐと、喜んでそれに口づけをして、歓喜のあまり、体中の毛を逆立てたのでした。

 そしてシャイビヤーというゴーピーは、自分の頬をいとおしくクリシュナの頬につけて、クリシュナが噛んだキンマを自分の手に受け取ったのでした。

 さらにバドラーというゴーピーは、踊りと歌に疲れると、横に立っているクリシュナの御手を、いとおしく自分の胸に押し当てたのです。

 
 このようにゴーピーたちは、声高らかに主を賛美して、クリシュナから首にやさしく腕をまわされながら、全員で一つの輪となり、ラーサの踊りを踊ったのでした。

 クリシュナは朗らかに笑いながら、彼女たちの体に手で触れて、やさしく抱きしめたり、愛あるまなざしを投げかけたりして、鏡に映った自分と戯れる子供のように、ヴラジャの乙女たちと遊戯をしたのです。

 ヴラジャの乙女たちは、踊りにあまりにも熱中したために、花輪や飾りは緩んで落ちていき、髪の房や肩がけ、胸当てまでもが乱れてしまいましたが、主の神聖な身体に触れた喜びに圧倒されたために、それらを元通りにすることすらできなかったのでした。

 このようなクリシュナの遊戯を空から眺めていたアプサラスたちは、愛の思いに圧倒されて気を失い、月や星々は驚嘆の思いに満たされて、動くのをやめてしまったのでした。

 そしてその後、クリシュナは、踊りの疲れをいやすため、ゴーピーたちとともに、冷たいヤムナー河に入っていきました。

 このようにしてクリシュナは、ゴーピーたちとともに、いくつもの夜を楽しく過ごしました。しかしゴーピーたちは、あまりの喜びのゆえに、それをただ一夜の出来事と感じたのでした。

 さて、このようにゴーピーたちがいくつもの夜をクリシュナと楽しく過ごしている間、彼女たちの夫たちは、少しも心配や嫉妬の念を抱きませんでした。なぜなら、クリシュナのマーヤーの力により、その間、彼らは妻がずっと自分と一緒にいると感じていたからです!

 やがて、何度目かの夜明けが近づくと、ゴーピーたちは、後ろ髪をひかれながらも、クリシュナの許可を得て、自分たちの家に帰って行ったのでした。

 クリシュナとゴーピーたちの、このような恋の遊戯の物語を、正しい順序に従い、敬意を持って聞き、そして語る者は、全能の主への最高のバクティを必ず育てることができ、遠からず自分自身を支配して、欲望を超えていくことができるでしょう!



 
つづく
コメント

今日のAMRITAチャンネル「カイラスニュース ラーマ生誕祭&ハヌマーン生誕祭 2015」

2015-04-17 06:21:30 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「カイラスニュース ラーマ生誕祭&ハヌマーン生誕祭 2015」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・ハヌマーン 第六話」

2015-04-15 21:55:44 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・ハヌマーン 第6話」です。
コメント

聖なる情熱

2015-04-13 18:47:01 | 経典の言葉・聖者の言葉
 私たちは主の恩寵の果報を得ようという熱意を持ち、聖なる生活のためには喜んであらゆるものを犠牲にしなければならない。人生の至高の目的に達するには、どんな試練にも耐え、どんな代償も払おうという覚悟がなければならない。
 自分の心が何らかの理由で高く永遠なるものに惹かれるようになったことを非常な幸運と思い、目標に達するまでは決して気を緩めず、その高い道に沿って着実に前進するよう注意すべきだ。

 聖なる生活は途切れることなく維持されなければならないが、ともすれば私たちは、怠けるという危険を冒してしまう。こうしてある期間聖なる生活をした後、多くの人がその努力をやめてしまう。聖なる情熱と熱心さを長く維持して修行や教学、探求を着実に根気強く続けるには、彼らの心は落ち着きが足らず外向的過ぎるのだ。

 それだから私たちは、十分に用心しなければならない。堅固な根気強さこそが、聖なる生活に必須のものだ。気を緩めたり、生ぬるくなることを決して自分に許さない着実さと堅固さがあって初めて、すべての進歩が得られるのである。


 ――スワーミー・ヤティシュワラーナンダ
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・リトルクリシュナ 第一話」

2015-04-13 10:35:35 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・リトルクリシュナ 第1話」です。
コメント

「智慧のサンスカーラ」

2015-04-10 20:01:31 | 解説・ヨーガ・スートラ


◎智慧のサンスカーラ

【本文】
『タッジャハ サンスカーローニャサンスカーラプラティバンディー

ここから生じるサンスカーラは、他のサンスカーラの発現を妨げる性質を持っている。』



 はい、サンスカーラ。わざわざここはサンスカーラってもともとの言葉を残しましたが、これはね、よく仏教用語で「行」といわれるやつです。サンスカーラ。
 サンスカーラっていうのは、いろんな意味があるんです。だからわざわざサンスカーラって残したんだけど。単純に言うとね、カルマと言ってもいいです。あまりみんなそういう言い方しないけど、行=カルマと言ってもいい。つまり心の奥の奥の奥に貯蔵された情報です、われわれの。データだね。
 ここから十二縁起だと、無明ありて行あり、行ありて識ありと。つまり行から、サンスカーラから識が出ますよと。どういうことかっていうと、われわれの心の奥にある情報から識別――つまりこれはこうだとか、あれはああだとかいう観念的考えが生じるんです。
 これはもう一つ、カルマだって言ったのは、例えばわれわれが誰かを殴りました。その情報がここに入るんです。殴ったからその情報が現実化して、われわれも殴られる。この情報が全部入っています。だから、われわれの心の性格とか考えとかの元とも言えるし、あるいはカルマの法則の現象の大もとともいえる。これをサンスカーラという。行っていうんですね。
 ここで言っているのは、
「ここから生じるサンスカーラは、他のサンスカーラの発現を妨げる性質をもっている」。
 つまり、サンスカーラというのはもう一回言うと、われわれは何かを経験したときにその情報が蓄積されるんだね。それがまたぱーっと現われてくる。例えば、分かりやすくいえば、Cさんが久しぶりにホルモン食った。これはサンスカーラとして入ります(笑)。それがまた何かの刺激を受けたときに、「食いたい」っていう心の想いとして出てきたり、それがあるからカルマによって他の人からホルモンに誘われたりっていう状況が生じる。あらゆる経験がそうなんだね。ということは、このわれわれが瞑想して智慧を知り得た、この経験もサンスカーラとしてまず貯蔵されるんです。つまりここで言っている真理の智慧っていうのは、別に完全に聖者として完成したわけじゃない。瞑想して成功したときに、ぱーって智慧を発見したと。「おお、すごい!」と。でも誰かに呼ばれて瞑想から醒めちゃったと。そうしたらなんか忘れてたりとか、あるいは心がもう変わってたりする。しかし、その経験はサンスカーラとして残るんです。こいつがしっかりとサンスカーラに定着すると、他のどうしようもないどうでもいいようなサンスカーラの発現を邪魔するんです。つまりこの悟りの経験が、他のどうでもいい煩悩の経験が起きないようにするんだね。
 ちょっとイメージ的に言うと、つまりね、サンスカーラって光なんです。情報って光なんです、実は。だからさっき光には、悪い光もいい光もあるよって言ったけど、われわれの経験そのもの、情報そのものは光なんです。でもそれは弱い光です。悟りの光っていうのは強い光なんです。つまり、蛍がいっぱいいるところに強烈な光源を置けば、蛍の光は見えなくなる。同様に、強烈な悟りの経験が心の奥にどんとあったら、過去の煩悩的経験っていうのは見えなくなるんです。一回や二回じゃ駄目だろうけど、何度もこのサマーディに入って、智慧の経験をしている人は、自然に現世のものなんてどうでもよくなるんです。悟りの方が心の奥にがっと根付いてくる。
コメント