ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

今日のAMRITAチャンネル「聖典朗読 アシュターヴァクラギーター 第11章~17章」

2012-06-30 10:31:46 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「聖典朗読 アシュターヴァクラギーター 第11章~17章」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写版ラーマーヤナ 第31話」

2012-06-29 16:48:49 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第31話」です。
コメント

聖者の心

2012-06-29 07:50:25 | 解説・ヨーガ・スートラ
【本文】
『ヴィータラーガヴィシャヤン ヴァー チッタム

あるいは、感覚対象へのすべての愛著を捨てた聖者の心を瞑想することも、心をいやおうなく不動にする。 』


 はい。これはまさにグルヨーガ、もしくはバクティ・ヨーガの世界です。
 ちょっとリアルなことを言うけども、これは――ちょっとリアルに言いますよ――生きている人の方がいいです。生きている人――つまりわれわれの知らない、例えばミラレーパとかパドマサンバヴァとかじゃなくて、あるいは見たことのないシヴァ神とかじゃなくて、生きている人。例えば、ダライ・ラマならダライ・ラマでもいい。あるいは自分が知っている聖者。自分よりも修行が進んで寂静の瞑想をある程度得ているなっていう人――この人に対して、この人の心に対して、集中するわけです。そうすると、その集中がうまく行けば、心と心が混じり合い、そっちに引っ張られるんです。自分は得てないんだけど、得ちゃうんだね(笑)。少なくともその集中が成功している間は。
 これが密教のグルヨーガ、ヨーガのバクティ・ヨーガの発想なんです。聖者に集中して、もらっちゃえと(笑)。もちろんそれは完全に自分のものではないんだけど、少なくともその経験をすることによって、深い瞑想に入って、より良い状態にステップアップしようとするんだね。
もちろん、生きている間って言ったけど、死んだとしても、亡くなったとしても、すごく縁があれば別だよ。例えば自分の師匠がいて、その聖者が死んで、死んだけどどっかの世界に生まれ変わりましたと。その弟子と師匠がものすごく縁があれば、死んでいようとどの世界にいようと繋がってるから、その師匠のことを思い浮かべるだけで、その境地に至れるっていうのはあるだろうけど。
 例えばここにいるみなさんが、前生ミラレーパの弟子だったとしたら、「ああ、ミラレーパ」と思っただけで、その境地に入るかもしれない。でもこれはみなさん、少なからずは経験してるんじゃない? 例えば、ある聖者のことを思い浮かべるだけで、なんとなく心が静まるとか。それはもう、あれなんですよ。弟子だったかどうかは別にして、縁があるんだね。
 私もいろんな人見てきたけど、やっぱり縁ってあるよね。例えば、ある聖者の話をしても全く「ああ?」とか言っている人が、違う聖者の話しをすると「ハッ!」ってなるっていうか(笑)。縁ってあるよね。
 これはそういうグルヨーガ的な話だね。一般にね、『ヨーガ・スートラ』ってラージャ・ヨーガの経典といわれているわけだけど、ラージャ・ヨーガって単純に心の中心に集中することによってサマーディに入って、悟りを得る、みたいに言われてるんだね。ちゃんとこの『ヨーガ・スートラ』を見ると、それだけじゃないっていうことがよく分かる。まず出てきたのが大乗仏教における瞑想法。それからハタ・ヨーガ的な呼吸法による瞑想法。それから、そこから生じるいろんな神秘的な感覚に対する――これはどっちかっていうと、かなり密教的なやり方だね――瞑想法。それから、チベット密教的な瞑想も出てくるし、それからグル・ヨーガ的なのも出てくる。非常に面白いね。いろんなやり方が提示してある。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ・ハヌマーン 第1話」

2012-06-27 16:04:44 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ・ハヌマーン 第1話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「勉強会講話 解説・実写版ラーマーヤナ 第25話」

2012-06-26 18:29:24 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「勉強会講話 解説・実写版ラーマーヤナ 第25話」です。
コメント

サーダナーの指針の花輪(71~80)

2012-06-25 17:58:03 | 経典の言葉・聖者の言葉

71.
 人が悪に染まったり、間違った行動をおこなうときは、エゴイズムの影響下にあるときである。


72.
 エゴは、真剣な求道者にとっては、虚空に消え去る実体のないガスのようなものである。
 しかしそれは、正しい分別がなく世俗に染まっている人にとっては、ダイナマイトでも原子爆弾でも破壊することのできない堅固な岩のように見える。


73.
 人は、エゴイズム、そして引力と反発力(愛著と嫌悪)の流れを絶滅させることによって、ジーヴァーンムクタ(生きながらの解脱者)になることができる。
 そしてそれは、ブラフマンと一つになることである。


74.
 謙虚さは、エゴイズムの無敵の砦を破壊することができる無限の力を持つ爆弾である。


75.
 アヒンサー(他者を殺さない・害さない)の修行は、真実には「エゴイズムを殺す」修行である。


76.
 何も欲求することなく、何も嫌悪しない者――彼の心はどんなときでも、エゴイズムの感覚の影響を受けることはない。


77.
 エゴイズムから解放された人は、善とされる行為をおこなっても何も得ることはなく、不正や誤りとされる行為をおこなっても何も失うことはない。


78.
 真我を悟りたいという欲求は、サーットウィックなエゴを生み、それは彼を高徳な人生へと導き、解脱を達成させる。


79.
 欲望は、シャーンティの敵である。
 欲望は、献身の敵である。
 欲望は、叡智の敵である。
 性欲は、すべての欲望の中で最も強力なものである。
 寂静の心、平等心、識別智、『私は誰か?』という問い、そして規則的な瞑想――これらを通して欲望を殺しなさい。
 そしてアムリタ(不死の甘露の境地)と、永遠の至福を達成しなさい。


80.
 欲望は、輪廻への再生、そしてすべての苦痛、悲哀、惨めさ、悲惨、憂い、受難、不幸、後悔の因となる。
 そして欲望の修習はさらなる様々なデータを心に生じさせ、よりいっそう欲望を強め、悪化させる結果となる。
コメント

サーダナーの指針の花輪(61~70)

2012-06-25 17:32:02 | 経典の言葉・聖者の言葉

61.
 愛欲は、あなたの中に潜んでいる。
 それは、修行者に対する最も執念深い敵である。
 愛欲から、怒りや他の邪悪な性質も増大し、修行者の精神的・霊的な富を破壊するのである。


62.
 エネルギーの漏れ、習気の隠れた流れ、感覚的欲望の制御不足、修行を怠けること、心の平静の乱れ、強い志の不足、修行が規則的におこなわれないこと――これらは、悟りへの道における障害となる。


63.
 食べ過ぎ、仕事における疲労やオーバーワーク、多くの物を得ること、夜に重い食物を取ること、人々と交わりすぎること――これらは、神の道を志す者にとっての障害となる。


64.
 議論をやめなさい。
 静かになりなさい。
 くだらない雑談や雑多な思考にふけるのをやめ、心を安らがせなさい。
 真剣でありなさい。
 神について、そしてただ神についてのみ、思い、話しなさい。


65.
 霊的な力に対する欲望は、慎重に管理されている精神性の灯火を吹き消す一陣の風のようである。
 不正智から来る気のゆるみ、または超能力に対する利己的な欲望は、ヨーギーが正しい戦いによって灯した聖なる灯火を吹き消して、迷妄の深い深い穴に、彼を投げ落とす。
 アストラル界、精神界、様々な霊的世界の誘惑は、地上の誘惑よりも強力である。


66.
 ヨーギーが自らの感覚、プラーナ、心の制御に成功すると、様々な超能力その他のパワーが身についてくる。
 しかしこれらすべては、悟りの妨げ、障害である。 


67.
 心の動きを止めなさい。
 意識を静めなさい。
 経験の残存印象のベッドから立ち上がる心の働きを克服しなさい。
 あらゆる障害に大胆に立ち向かい、勝利し、勝ち誇り、悟りという勝利の冠をかぶりなさい。
 

68.
 エゴイズムは、人間の最も危険な弱点であり、修行者にとっての落とし穴である。


69.
 人のすべての思いと行動は、エゴイズムに縛られている。


70.
 エゴイズムが生じたその瞬間に、神のエネルギーの自由な流れはブロックされてしまう。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「勉強会講話 母なる神 第6回」

2012-06-25 06:10:41 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「勉強会講話 母なる神 第6回」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第30話」

2012-06-23 05:08:54 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第30話」です。
コメント

アシュターヴァクラ・ギーター 第一章 真我

2012-06-22 11:53:52 | 経典の言葉・聖者の言葉

アシュターヴァクラ・ギーター





第一章 真我




おお、師よ、
どうすれば無執着、智慧、自由を見いだせるのでしょう。
どうか教えてください!


わが子よ、
もし自由になりたいのなら
感覚のもたらす毒を避けなさい。

真理と愛と許し
純真さと至福の甘露を見いだしなさい。

地、水、火、風、空――
あなたはそれらではない。

もし自由になりたいのなら
あなたはこれらすべてを観照する真我、
覚醒の心だということを知りなさい。

身体のことは忘れ、
あなた自身の純粋なる智慧の内にとどまりなさい。

たちまち、あなたは幸せになるだろう。
永遠に安らかに、
永遠に自由に。

あなたにはどんな階級もない。
どんな義務も、あなたを束縛することはない。

あなたは形をもたず、自由で、
感覚では捉えきれない
すべてのものごとの観照者だ。

だから幸せでありなさい!

正や不生
喜びや悲しみ
これらは単に心が生みだすもの
あなたはそれらではない。

行為をしたり、喜んだりするのは、
本当はあなたではない。

あなたは遍く偏在し、
永遠に自由だ。

あなたは永遠に自由な
すべてのものごとを見守るただ一人の観照者。

だが、もし自分自身を分離した存在と見なすなら
そのとき、あなたは束縛されている。

「私はこれをする。私はあれをする」
――利己主義の黒い大蛇が
あなたに噛みついたのだ!

「私は何もしない」
――これこそが信の甘露。
それを飲み干して
幸せでありなさい!

あなたは一なるもの
純粋なる智慧だ。
それを知りなさい。

この確信の炎で
無智の森林を焼き尽くしなさい。

悲しみからあなた自身を解き放ち、
幸せでありなさい!

幸せでありなさい!
あなたは歓喜、限りない歓喜だ!

あなたは純粋なる智慧そのもの

ロープを蛇と見間違うように、
あなたは世界を見間違えたのだ。

もし自分は自由だと考えるなら、
あなたは自由だ。

もし束縛されていると考えるなら、
あなたは束縛されている。

なぜなら、古の言葉にあるとおり、
あなたは自分が思うものになるからだ。

真我は世界のように見える。
だが、それはただの幻。

真我は遍く偏在している。

ひとつであり、
静かで、
自由で、
完全だ。

行為も執着も欲望もなく、
すべてのものごとを見守る観照者
純粋なる智慧なのだ。

真我に瞑想しなさい。
二のない、一なるもの
崇高で純粋なる智慧。

分離した自己という
幻想を棄て去りなさい。

私はあれやこれだ、
内側や外側だという、
感覚を手離しなさい。

わが子よ、
自分は身体だと考えるために、
あなたは長い間束縛されてきた。

あなたは純粋なる智慧だと知りなさい。
この叡智をあなたの剣として、
鎖を断ち切るのだ。

そして幸せでありなさい!

行為もなく、欠点もなく、
光輝くあなたは
すでに自由だ。

ただ瞑想を修練にするために
束縛されてしまうのだ。

あなたの本性は純粋なる智慧。
あなたはすべての中に流れ、
すべてがあなたの中に流れている。

ただ気づきなさい
狭き心に!

あなたは常に不変で
限りがなく、自由であり、
穏やかで、かき乱されない
計り知ることのできない純粋なる智慧だ。

ただ自己の純粋なる智慧だけを求めなさい。

何であれ、形あるものは偽りだ。
形なきものだけが在りつづける。

この教えの真理をひとたび理解すれば
ふたたび生まれ変わることはない。

身体の内側にも外側にも、
神は限りなく存在している。
鏡のように、
そして鏡に映るイメージのように。

空気が遍く存在し、
壷のまわりを流れ、
またそれを満たしているように、
神は遍く偏在し、
すべてを満たし、
すべてを通じて永遠に流れている。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「3Dアニメ・ラーマーヤナ パート3」

2012-06-20 09:55:03 | 松川先生のお話
 今日のAmritaチャンネルは、「3Dアニメ・ラーマーヤナ パート3」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「勉強会講話 2012/5/5 合宿修行において」

2012-06-19 17:59:14 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「勉強会講話 2012/5/5 合宿修行において」です。
コメント

サーダナの指針の花輪(51~60)

2012-06-19 10:21:29 | 経典の言葉・聖者の言葉


51.
 あなたの心はまだ、未熟で粗雑である。
 完全なオーバーホールと、抜本的な再生が必要である。
 あなたの心はまだ、世俗の思考の波と、ありふれた世間の揺れでいっぱいである。
 注意しなさい。用心しなさい。
 用心深く、慎重でありなさい。
 目覚めなさい。
 正智しなさい。
 警戒していなさい。


52.
 自分の心は決して甘やかさず、わがままを許さないようにしなさい。自分の心に寛大になってはいけない。
 「かわいい子には旅をさせよ」という思いで、自分の心を扱いなさい。
 心を常に正しい位置に保つように注意し、もし心が誤りを犯したならば、罰しなければならない。
 心が正しい位置から一インチでも動くのを許してはいけない。
 心が外的な対象を楽しもうとするときはいつでも、識別智の棒を振りかざしなさい。
 これらの実践と修行によって、感覚のコントロール及び心の浄化を獲得しなさい。


53.
 修行の道は、茨に満ち、でこぼこであり、険しく、急な坂道のようで、また滑り落ちやすい。
 しかし、徳が高く、ブラフマンの智者であるグルを導き手として帰依するならば、何の問題もないだろう。


54.
 修行の道においては、疑いなく、様々な困難に悩まされるだろう。
 それは、カミソリの道である。
 あなたは何度も倒れるだろう。しかしそのたびにあなたは、素速く立ち上がり、そしてより強い熱意、大胆さと勇気を持って、明るく陽気に、再び歩き出さなければならない。 
 明智の丘というゴールに至るまでは、あらゆる障害は、上昇のための踏み台なのである。


55.
 大いなる志を持つすべての修行者は、修行の道において様々な困難に立ち向かわなければならない。
 あなたは落胆する必要はない。あなたのすべての勇気と強さを奮い起こして、何度倒れても、そのたびにエネルギーと力を倍増させて、再び歩き出しなさい。


56.
 世俗的な考えが心に入り込もうとするときは、すぐにそれらを蹴飛ばし、跳ね返し、拒絶しなさい。
 神の道への献身を、堅固に保ち続けなさい。


57.
 落ち込み、憂鬱、落胆、意気消沈、疑念、恐怖、不安――これらは、ある程度進んだ修行者でさえもぶつかりがちな障害である。
 それらは、正しい思索とサットサンガ(師や法友たちとの善き交わり)によって、速やかに取り除かなければならない。


58.
 落ち込み、憂鬱、落胆、意気消沈――これらは時々やってきて、あなたを煩わせる。
 心はあなたに反乱を起こす。
 感覚的な欲望が、あなたの足を引っ張る。
 習性の暗流は心の表面に噴出し、あなたを苦しめる。
 感覚的欲望への思いは、あなたの心を動かし、あなたを圧倒しようとする。
 そのようなときこそ、堅固であれ。
 不退転の決意を持て。
 そしてこれらの一時的な障害を乗り越えなさい。
 それらの障害を、自分自身と同一化するな。
 ジャパの時間を増やせ。
 これらによって、すべての障害は消え去るだろう。

 
59.
 疑念や不信は、悟りの道における大きな障害である。
 それは、精神的な進歩を止めてしまう。
 これは、サットサンガ、教学、正しい思いと思索によって、取り除かれなければならない。
 不退転の確信と揺るぎない帰依心によって、疑念や不信が二度と生じないように、滅尽しなければならない。


60.
 習気の力は非常に強い。感覚的欲望と心は非常に荒々しく激しい。
 それらと何度も何度も戦い、勝たなければならない。
 これが、修行の道が『カミソリの道』と呼ばれる理由である。
 しかし断固たる決意と鉄の意志を持つ者にとっては、このような『カミソリの道』においても何の困難もない。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「アニメ/リトルクリシュナ 第四話」

2012-06-18 21:03:53 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「アニメ/リトルクリシュナ 第4話」です。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「聖典朗読 アシュターヴァクラ・ギーター 第一章~第九章」

2012-06-16 08:25:46 | 今日のAMRITAチャンネル
 今日のAmritaチャンネルは、「聖典朗読 アシュターヴァクラ・ギーター 第一章~第九章」です。
コメント