ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

パドマサンバヴァの秘密の教え(130)「25人の弟子たちへの歌⑤」

2021-02-02 19:16:03 | 経典の言葉・聖者の言葉


「聞きなさい、デンマ・ツェマンよ、卓越したものよ!
 心は主体と客体を持たず、作られていない。
 よって、努力とごまかしから心を解放させ、瞑想によって何も創造せず、
 自己存在の本質的な認識の中で、迷わされずにとどまるのだ!
 その状態にとどまることによって、本質的な認識は解放される。
 これを捨て去るならば、絶対にブッダを見つけられないだろう!」



「聞きなさい、チンブーの翻訳者カワ・ペルツェクよ!
 主体と客体を手放すとき、心は見るものではなくなる。
 同様に、それは作られることなく、修正されることはない。
 実在性の固定へと巻き込まれずに、寂止の状態でとどまるのだ。
 それから迷わされずにとどまることは、それ自体が覚醒の境地である!」


「聞きなさい、シュブのパルギー・サンゲよ!
 心の覚醒した状態は、多かれ少なかれ、すべての要求から解放されている。
 対象を受容あるいは拒絶する主体から、真に、本質的に解放するのだ。
 何にも悩まず、完全に妨げられないものであれ。
 この状態にとどまることは、それ自体がブッダである!」



「聞きなさい、ドレイの托鉢僧ギャルウェイ・ロドゥよ!
 心を熟考すること、観察することはできない。
 それは存在と非存在、不変性と消滅を超えた向こう側に存在する。
 よって、瞑想者と、対象を瞑想することから解放されるのだ!
 あなたがその状態から迷うことなくとどまるならば、
 それはブッダのダルマカーヤと呼ばれるものである!」



「ロキー・チュンパよ、この教えを聞きなさい!
 知るものと知られることから、あなたの注意を解放せよ。
 固定せず、望むことなく、自由にリラックスし、
 自己の本質を持たない認識の状態にとどまるのだ。
 そこに確固としてとどまることは、それ自体が覚醒の境地である!」
コメント   この記事についてブログを書く
« 勉強会講話より「ミラレーパ... | トップ | 今日のAMRITAチャンネ... »
最新の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事