ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

「経験」④

2019-01-07 12:19:32 | 安らぎを見つけるための三部作・2「瞑想」


◎第三のプロセス――無分別

 三番目は、『無分別』との遭遇です。
 前行は今まで通り行ない、
 主要な修行は、
 『投影』『固定』『純化』
 という三つの側面を持ちます。


☆投影の修行

 大声で激しく「ハ!」と21回唱えながら、
 心臓のア字、または心臓にある五色に輝く光の球を、 
 中央気道を上昇させていき、
 頭頂の穴から外に出し、遥か上空へと飛ばします。 

 この修行によって、自分の体と心が感じられなくなるほど
 完全にくつろいで落ち着いたとき、
 「投影」は成し遂げられ、
 そのとき、二元性の対立的な概念の流れは止められます。
 あなたは、どんなに試みても言葉では表わせない領域に留まります。
 それは、思考の及ぶ範囲を超えているのです。



☆固定の修行

 (眩しくないように)太陽に背を向けて座り、透き通った空を間断なく凝視します。
 すると自然に、身体の気の流れがより穏やかになります。
 そして深い内面から、どんな概念も超えた『無分別』がこんこんとわきあがり、
 空のような広がりのある経験が自然に生じます。




☆純化の修行

 空に視線を固定している間、心が輝いていて前進するでもなく引き下がるでもない状態で、
 地球、山、石、岩、全ての生物と無生物の世界が、大きく広がった空と一体化するのをイメージします。


 このときあなたは、自分の体が存在しないような感覚に至ります。
 そして心は、空と不可分な状態にあります。

 体と心がそのような状態でくつろいでいるときには、
 外側とか内側とか、または中間というような心の動揺はありません。

 この段階の瞑想においては、粗雑および微細な主観的思考は、しずまっています。

 心を、前進させたり後退させることなく、
 心がいるべきところへ落ち着かせなさい。
 そうすると、意味と言葉と思考を越えた心は、
 『無分別』な、空のような究極の意思として生起します。
 これが、過去・現在・未来のすべてのブッダ方の、究極のエッセンスです。




 あなたがこの状態に慣れて来ると、次第に次の四つの経験が生じます。

①何であれ心に提示されたものは自由に流れ、粗雑な概念的表現はなくなります。

②昼も夜も、あなたはこのダルマカーヤの『非二元性』から切り離されることはなくなります。

③五つの毒は自ずと穏やかになり、心の流れは優しく穏やかになります。

④全てが空であるかのように感じられるようになります。



 あなたがこの第三のプロセスの『無分別』に慣れ親しんでくると、
 より広い視野、より高い認識、全体的な感覚と、仏性の力が生まれます。

 識別力を伴った適切な行ないをなし、
 内面の落ち着きと、より広い視野は、統一されていきます。

 それによって、究極的または段階的な悟りに到達し、
 自他を利するための最もすぐれた行ないをなすことができます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 安らぎを見つけるための三部... | トップ | 今日のAMRITAチャンネ... »
最近の画像もっと見る

安らぎを見つけるための三部作・2「瞑想」」カテゴリの最新記事