ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

役割

2019-12-14 19:52:38 | 経典の言葉・聖者の言葉


 ギリシュは、ラーマクリシュナの出家弟子たちよりもずっと年上であった。唯一ギリシュよりも年上だったのは、スワミ・アドワイターナンダだけであった。しかしギリシュは、出家弟子たちが若輩者であったにもかかわらず、彼らを深く尊敬していた。ギリシュは、グルと同じようにグルの息子たちも愛していたのだ。
 そして出家弟子たちもまた、ギリシュを非常に敬愛していた。彼らは、師がギリシュを愛しておられ、そして師によってギリシュの人生が変革したのを見てきたので、ギリシュを高く評価していた。だから、ギリシュと出家弟子たちは、素晴らしい兄弟のような関係を持っていた。それは彼らが交流している場面を見れば明らかである。

 出家弟子たちは、ときどきギリシュをこのようにからかっていた。

「あなたは自分の欲望に駆り立てられて、劇のシナリオを書いたり、役者をやっておられるのに、『わたしは師から世界の堕落した人々を救う使命を与えられている』と言い張っておられる。そんなことを言って、恥ずかしくないのですか?」

 しかし、ギリシュは正々堂々とこう言い返すのだった。

「おいおい、兄弟、待ってくれよ! おれは次にシュリー・ラーマクリシュナにお会いしたら、こう言うつもりでいるんだ。『もう悪党の役はごめんです』ってな。次回は君たち出家弟子たちに悪党を演じてもらおうかな。おれは次回はかっこいい役をやるよ。」


 ギリシュは心から信じていたのだった。師が神のドラマの中でさまざまな役割を担わせるために、さまざまなタイプのバクタをこの世に連れてきたということを。

コメント   この記事についてブログを書く
« 「解説『スートラ・サムッチ... | トップ | ギリシュの帰依 »
最新の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事