ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

慈愛と怒り

2007-07-26 19:26:27 | 松川先生のお話


 慈愛とは、自分の中の幸福を他者へ与えること。
 ということは、自分がまず幸福でなければならない。
 ここで言う幸福とは、物質や概念による幸福ではない。心の豊かさや広さ、純粋さなどがもたらす本質的な幸福のことだ。

 怒りとは、自分の中の苦しみを他者に押し付けること。
 ということは、怒っている人は苦しみにさいなまれているのだ。
 
 怒りを他者にぶつけることで、一時的には自分の中の苦しみが減ったように感じるかもしれない。
 しかし結果的には、苦しみはより増大することになる。

 本質的な幸福を得た者が、それを他者に与えたとき、一時的にはその幸福が減ったように感じるかもしれない。
 しかし結果的には、幸福はより増大することになる。


 だから、怒っている人を非難してはいけない。
 彼こそは慈悲の手を差し伸べられなければならない、救われるべき人なのだから。

 そして決して怒ってはいけない。
 それは自分の心の弱さと、恐怖と、他者への慈悲のなさから生じるものであり、そして結果的により自己の苦しみを増大させるものだと知ろう。

 そして自分の心を磨き、幸福を相手に与えるようにするんだ。
 最初はそう思うだけでも良い。
 みんなに幸福になってほしいと、思うだけでも良い。
 結果的にはそれが、自己の心を成熟させ、本質的な幸福を増大させ、
 あなたも、あなたの周りの人々をも、幸福にしていくことだろう。

 


コメント   この記事についてブログを書く
« 水瓶の中でまじりあうもの | トップ | すべては神の愛の中 »
最新の画像もっと見る

松川先生のお話」カテゴリの最新記事