ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

クンサン・ラマの教え 第一部 第二章「無常」(1)

2022-07-29 07:25:42 | 経典の言葉・聖者の言葉

第二章 無常



 この三界がはかない幻であると理解すれば、
 現世の心配事など放っておくだろう。ゴミに唾を吐くように。
 すべての困難を受け入れて、古の聖者方の跡をたどりなさい。
 完全なる師よ、あなたの御足に誓います。


 この章の主題は次の七つの瞑想からなる。
 世界の無常、
 命の無常、
 聖者の無常、
 権力者の無常、
 そのほかの無常の例、
 死が訪れる時の不確実さ、
 無常を強く認識すること。


(1)世界の無常

 わたしたちの住むこの世界は、衆生のカルマによって形作られ、四つの大陸、メール山、天界を有し、このカルパの間存続する。無常であり、七つの火と七つの水による最後の崩壊から逃れることはできない。
 最後の崩壊のとき、まず七つの太陽が順に空に昇る。
 最初の太陽は、木と森をすべて焼き尽くす。
 二番目の太陽は、小川、池などをすべて蒸発させる。
 三番目の太陽は、大河をすべて干上がらせる。
 そして四番目の太陽は、マーナサローワル湖のような大きな湖でさえすべて干上がらせてしまう。
 五番目の太陽は、大海をも徐々に蒸発させていき、最後には足跡を満たすほども残らなくなる。
 六番目の太陽があらわれる頃には、大地も雪山もすべてが炎に包まれる。
 そして七番目の太陽が昇るころにはメール山自体が燃え上がり、四つの大陸とその周りの八つの島、七つの黄金の山、世界の縁を円く取り囲む山の壁も一緒に燃え上がる。
 すべてが熱せられて、大きな炎の塊となる。下に広がった炎は、地獄に至るまでの世界をすべて飲み込む。上に広がった炎は、神聖なるブラフマ天界までも飲み込む。
 このようにして炎による破壊が七度起こった後、色界の第二静慮に住する神々の世界に雨雲があらわれる。雨が激しく降り出し、やがて、まるで塩が水に溶けるように、それより下にあるすべてのものを崩壊させながら飲み込んでいく。
 このようにして水による破壊が七度起こった後、宇宙の基底部で十字金剛が風に溶け、塵が風に散らされるように、すべての世界が完全に吹き飛ばされる。
 宇宙を構成する無数の銀河がそれぞれにメール山と四つの大陸と天界を持ち、このように破壊された後には何もなくなるのであれば、わたしたちのこの人間の身体などは虫のようなものであり、永遠であったり不変であることなどがあろうか。これについて深く、真摯に考えなさい。

コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« クンサン・ラマの教え 第一... | トップ | 今日のAMRITAチャンネ... »
最新の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事