ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

パドマサンバヴァの秘密の教え(131)「25人の弟子たちへの歌⑥」

2021-03-16 18:05:17 | 経典の言葉・聖者の言葉




「これを聞きなさい、テンパ・ナムカよ!
 知覚し、しかも物質から解放された心は、
 思考なしで認識し、意識があるが、言葉では言い表せない。
 概念的思考の動きから解放されよ。
 その状態にとどまるのだ。目覚めよ。開け放てよ。
 この本質にとどまることは、それ自体が覚醒の境地である!」



「聞きなさい、ウデンのパルギー・ワンチュクよ!
 覚醒した心は空であるが、光り輝く認識である空性を知覚する。
 その自己存在の状態にとどまり、それを変化させたり、修正させたりしてはならない。
 そこに不動のままにとどまることは、それ自体がブッダである!」



「これを聞きなさい、リンチェン・チョクよ!
 何からも構成されないあなたの認識のアイデンティティは、
 保持されるものではない。――瞑想の中で創造されるものでもなく、おろそかにされるものでもない。
 その自己存在の新鮮さを、変えたり修正したりせず、
 自然に存在する原初の状態にとどまるのだ!
 これとは別に成就は見つかることはない。
 よって、この状態の中で心を迷わせてはならない!」



「聞きなさい、ヌブの托鉢僧サンギェー・イエシェーよ!
 覚醒した心は、空である一方、知覚している。
 同様に、知覚する一方、空である。
 知覚と空性の認識の不可解な調和――
 この領域から迷わされることなく、自然性にとどまるのだ。
 ここに不動のままとどまるということは、それ自体がブッダである!」



「聞きなさい、ラルンのパルギー・ドルジェ・ワンチュクよ!
 心の本性は実在でなく、属性がない。
 それを作り上げたり、あるいは改善しようと努力せず、
 変わることなく忘れることなくとどまるのだ。
 そのようにとどまることは、それ自体がブッダである!」


「聞きなさい、ラントのコンチョク・ジュンネーよ!
 心は非実在であり、根本的に純粋であり、
 本質的に空であり、自然である。
 よって、瞑想者と、対象を瞑想することから解放された状態にとどまるのだ。
 これによって、ブッダフッドの成就に到達する!」


「聞きなさい、ラスンのギャルワ・ジャンチュブよ!
 心は生じることも終わることもなく、実在性の属性も持たない。
 本質的に空なので、その認識は妨げられない。
 ここに不動のままとどまることは、それ自体がブッダである!」



「あなた方は皆、経験の中でこれらの教えを適用するのだ!
 あなた方は、宇宙の限界を超越するほどの多くの言葉で、
 ブッダ方の教えと注釈の経典、およびタントラを比較するかもしれない。
 しかし簡潔な方便は、これらの重要なポイントに包含される。
 したがって、これらを実践しなさい。そしてあなた方の誓いに従って、宝としてそれらを隠すのだ!」




 このように、パドマサンバヴァは話された。そして彼らに真実の本質的な教えを授けることによって、彼らはすべて解脱し、成就を得た。
コメント   この記事についてブログを書く
« 救いとなろう | トップ | 「Bolo Ram」と「Govinda Dam... »
最新の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事