ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

バクティヨーガの修行の九つのムード 1.シュラヴァナ

2011-12-10 15:18:40 | 経典の言葉・聖者の言葉


バクティヨーガの修行の九つのムード


 献身者は、自分に合った修行法でバクティを修行することができる。そしてそれを通して彼は神の光輝を成就する。


1.シュラヴァナ

 シュラヴァナとは、至高者のリーラーを聞くことである。それには、至高者の御名および姿と結びついた、美点、栄光、遊戯、物語などが含まれる。
 献身者は、神の物語を聞くことに夢中になり、彼の心は神の教えと一つになり、神以外のことについて考えることができなくなる。つまり彼の心は、この世間に対して一切の魅力を感じなくなるのだ。
 そしてその献身者は、夢の中でさえも、ただ神だけが心に浮かぶようになる。

 シュリー・シャンカラーチャーリヤは、こう言っている。

「賢者との交際は、それがたとえわずかなものであっても、輪廻の海を渡る船となる。」

 サットサンガ(グルや法友たちと共に集い、教えを学ぶこと)がないと、修行は、完璧さや強さが欠けたものになってしまう。ゆえに、サットサンガの土台の上に、修行の砦を建設しなければならない。単に苦行をすることだけが修行(サーダナ)ではないのである。
 サットサンガは献身者の中の輝きを増すと共に、不純物を除去する。そして彼は、微妙な真理のエッセンスをよくつかむことができる。
 クリシュナはウッダヴァに、「サットサンガだけが、世界のすべての執着に終止符を打つことができるのだ」とおっしゃっている。
 また「バーガヴァタ・マハートミャ」には、「この世界における最高のダルマは、至高者の栄光を聞くことである」と説かれている。それによって人は、神の世界に達するのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ヨーガ講習会のお知らせ | トップ | 今日のAMRITAチャンネ... »
最近の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事