ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

クリアーライトのヴィジョンとゾクチェンの修行の秘訣の教え(2)

2021-01-29 09:57:20 | 経典の言葉・聖者の言葉


 空間には色も形もなく、物質的な特性は何一つない。空間はこの全領域を超越している。同様に、ダルマターという名の「ゾクチェン(完全なる完成性)」には、現象に関する(実体、言葉、概念などの)特質は一切ない。「ゾクチェン」はこの領域を超越している。ゆえに、すべてを超越しているといえる。


 土台――われわれの本来の状態――ダルマターの様相である「ゾクチェン(完全なる完成性)」――己の本性である原初の智慧について説明し終わったところで、次は、その境地を、完全なるリラックス(テクチュー)の見解として理解する方法について説明しよう。それは、原初の純粋性「ダルマカーヤ」が関係しており、その境地においては、「生じること」と「そこからの解放」という二元性は存在しない。


 突然ある対象に対して思考が生じたら、「取ること」と「拒絶すること」を一切せず、「対象」にも「思考そのもの」にもとらわれることなく、「生じているもの」を観察しなさい。その思考はひとりでに消え、リクパという無為自然の境地が現われるだろう。これが、自然に完成された三身の広大なる次元、リクパの果てしない智慧の広がりである。生じたものにとらわれなければ、リクパの果てしない広がりが自然に生じる。


 そのようにして、心に干渉せず、核心を突いた見解の中で心を野放しにすることで、散漫な思考はひとりでに消滅する。そして、自発的に生じてきたサマーディの境地の中で安らぐのである。その無為自然の状態で、ありのままでありなさい。


 そのとき、煩悩性のエネルギーがさまざまなかたちで顕現してくるかもしれないが、リクパの不生の境地の中で生じるものはすべて、無執着の境地の中で解放される。ゆえに、すべてのものは自ずと解放されるのである。
コメント   この記事についてブログを書く
« クリアーライトのヴィジョン... | トップ | 今日のAMRITAチャンネ... »
最新の画像もっと見る

経典の言葉・聖者の言葉」カテゴリの最新記事