ヨーガスクール・カイラス blog

True Yoga, to meet the true self.

あなただけが救い

2018-07-25 21:41:50 | 松川先生のお話
「あなただけが救い」のPVができました^^


コメント

新刊「無明を超えてV」ができました

2018-07-25 20:46:06 | お知らせ





新刊「無明を超えて V」ができました。

今回も仏教・ヨーガ・ヒンドゥー教の多くの貴重な素晴らしい教えが満載です。

定価1000円です。

購入後希望の方はカイラスショップよりどうぞ^^




【目次】


原始仏典 小部経典 マイトリー・スートラ
          ウダーナヴァルガ 第七章 善い行ない
                   第十二章 道
     相応部経典 預流相応 第一章 ヴェールドゥヴァーラ
                第二章 基盤
                第三章 ディーガーヴ
                第四章 サーリプッタ(一)
                第五章 サーリプッタ(二)
     増支部経典 唯一の人
           第一の人
     
「ヴィヴェーカーナンダがアメリカの少数の弟子たちに対して説いた教え」より 
 1895年6月24日(月)
 1895年6月26日(水)
 1895年6月27日(木)
 1895年6月28日(金)
 1895年6月29日(土)

「ヴィヴェーカーナンダとの対話」より 
 バクティとジュニャーナの調和、勇敢なる戦士の理想
 グルと弟子
 真のおまかせ
 聖なる声を聞く
 他者のために
 人々を引き上げようではないか
 ナーグ・マハーシャヤと会う

M――使徒にしてエヴァンジェリスト 第一章「ミヒジャでのM」
                  第三章「相対的叡智からブラフマンの叡智へ」                   
                  第四章「インド人の見解――神へ明け渡すことがすべての善」(1)
                  第四章「インド人の見解――神へ明け渡すことがすべての善」(2)
                  第五章「神が最初、他のすべてはその後――”わたしをつかんで離してはならない”」(1)
                  第五章「神が最初、他のすべてはその後――”わたしをつかんで離してはならない”」(2)
                  第五章「神が最初、他のすべてはその後――”わたしをつかんで離してはならない”」(3)
                  第六章「さまざまなリーラーの必要性」

Mとラーメーシュ・チャンドラ・サルカール

心とマーヤー

サラハの「人々のためのドーハー」

魂の宝物

パドマサンバヴァの秘密の教え 第二巻 大いなる完成の秘法
                第一章 法のともしび
                 1.修行への拍車となる教え


ミラレーパの十万歌 3.雪の山脈の歌
コメント

全力を

2018-07-25 18:17:55 | 経典の言葉・聖者の言葉

 死の時に決して後悔などしないように、生きているうちに全力を尽くしておくのだよ。


 ――ヨンジン・リンポチェ



コメント

「解説『ただ今日なすべきことを』」第一回(8)

2018-07-25 17:37:20 | 勉強会より抜粋

【本文】

年齢について


 人は年齢によって自分や他人を観念的に捉えてしまいがちですが、いわゆる何回太陽や四季がまわったかという年齢によって、自分や他人を限定的に捉えてしまうのは意味がないことですよね。
 肉体面を見た場合、たとえば三十代で老人のような肉体の人もいれば、逆にいつまでも非常に若々しい肉体を保っている人もいますね。
 ヨーガ的に考えると、肉体の老いとはナーディ(気道)の詰まりに他ならないので、ヨーガ等で気道が通りだすと、逆に若返りますし、まあ、いつまでも全く老いないということはないでしょうが、少なくとも老いのスピードは弱まりますね。
 特に女性は、見た目からすごく若返りますね。わたしが知っているヨーギニーの多くは、実年齢より十歳は若く見られていて、よく『詐欺だ』と言われたりしています(笑)。

 精神における年齢は、もっと、時間的な年齢では測れないことです。なぜなら輪廻転生を前提とするなら、どれだけ魂の進化に時間を費やしてきたか、人それぞれ違うからです。

 だから、何歳になったとか、もうすぐ何歳だとか、そういうことを考えるのはあんまり意味がないですね。

 もし肉体面の老化を気にするなら、ぜひヨーガをやられてください。

 精神面について言うならば、上記のようなことを考えると、相手の年齢がどうであろうと、あるいは見た目や社会の評価がどうであろうと、決して人を見下したり、見くびってはいけません。その人が実はどれだけ偉大な精神性を育んでいるか、外からはわからない場合も多いからです。

 まあ年齢の話は別にしても、一般に人と接するときは、その人の長所を探すような癖をつけた方がいいでしょうね。それが結果的に自分の見識や、心の柔軟性を高めてくれるでしょう。

 そして人の欠点を探すのをやめ、自分の長所を伸ばすことと、自分の欠点を克服することに、時間を費やすことです。人生は短いからね。



 はい。これは、特に説明することはないんだけど、まあ読んだとおりのことですね。まあ肉体的にも精神的にも年齢っていうのは、その、観念であってあまり関係ないですよと。
 まあ日本人っていうか、日本人だけじゃないけど、人間ってやっぱり年齢で、いろんなものをこう、まあ見てしまう傾向があるからね。学生のときなんて、まさにそうだよね。理不尽だよね。今、考えるとね。その、一年先に生まれてる人……部活とかもそうだよね。ちょっと神のように崇めたりしてる(笑)。あの、わたしもさ、運動部っていうか柔道部だったから、あの、もう上級生は神なわけです。まあ神っていうか、まあ二年生はもう偉大な存在であって、もう三年は神であると、ね(笑)。そういうなんかこう感じがあるわけだけど、あの、それはあんまり意味がないと。うん。あるいはその、社会においてね、もちろん、なんていうかな、あの、老人は敬わなきゃいけないとか、もちろんそういうのはあるけども、あの、一般的にはやっぱり関係がない。それはここに書いてあるとおりですね。それは魂の、なんていうか、魂の成熟度で評価するのはもちろん正しい。それは、「この魂は偉大な修行をこれだけしてきて、偉大な悟りを得ている」と。これはもちろん評価に値する。でもそうじゃなくて、今生の、何十年肉体を存続させたか――これはあまり意味がない。うん。その人が何十年間も、ただ愚痴だけ言って過ごしてきたのかもしれないし。あと前生、輪廻転生まで考えると、まさに意味がないよね。だって、輪廻転生で前生において自分の先輩だった人が、今生、後輩っていう場合もあるわけだから。だからそこら辺には実体がないんだね。
コメント

今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第120話」

2018-07-25 06:37:44 | 今日のAMRITAチャンネル
今日のAMRITAチャンネル「実写ドラマ・ラーマーヤナ 第120話」
コメント