デタうま

あたらない(?)競馬予想をまったりとしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

大種牡馬ブライアンズタイム死去

2013-04-04 21:31:14 | 競馬雑記
種牡馬として中央・地方で活躍馬を輩出し続けたブライアンズタイムが
放牧中の事故により骨折。安楽死の処分がとられた。

28歳の高齢ながら現役種牡馬として頑張っていただけに、
これは残念なニュースです。
せめて天寿を全うしたならまだしも・・・。

ついに、トニービン・サンデーサイレンスと
近代競馬を支えた「御三家」の3頭共が、この世を去ったわけです。

リーディングこそトニービン・サンデーサイレンスに
持っていかれて、ついには1度も奪取することができませんでしたが、
20年連続産駒重賞制覇という、他の2頭には成し遂げれなかった記録を
上げるなど本当に名種牡馬としての活躍ぶりでした。

安らかに。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ’13 3/31 大阪杯 & ダー... | トップ | '13 4/6 阪神牝馬S & NZ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

競馬雑記」カテゴリの最新記事