My favorite things-white, white!

自転車に乗って、美味しいものを食べに行ってます。現在、前十字靭帯断裂再建手術のリハビリ中、ぼちぼちスキーも復帰しました。

映画日記-パンドラ(49/150)

2008-08-15 21:02:41 | 映画
2008年49本目、映画日記150本目
正確には映画ではありませんが、WOWOWのドラマ「パンドラ」(2008年)を観ました。全8話、合計8時間です。

港東大学病院講師の鈴木(三上博史)は18年もの間、周囲から役立たずの研究と蔑まれながらとうとう、あらゆる癌を完治できる新薬の開発に成功したが、周囲が取り合ってくれずに治験が出来ずにいた。
偶然知り合った援助交際の少女愛美(谷村美月)が不治の癌に侵されていることを知り、同僚の医師小夜子(小西真奈美)の協力を得て薬を完成し、「パンドラ」と名づける。
完治した愛美ではあったが、実は援助交際相手の殺人容疑で警察から追われる身となっていた。
的場刑事(柳葉敏郎)は、愛美を追い捜査を進めるうち、パンドラを巡る様々な陰謀に巻き込まれていく。

かの「白い巨塔」でお馴染みの、井上由美子による脚本の壮大な医療サスペンスドラマです。

周囲を山本耕史、小野武彦、平田満、相島一之、國村隼といった俳優陣が支えています。

三上博史は鬼気迫るエキセントリックな役をやらせたら上手いですね。

鈴木医師の恩師である港東大学医学部長の大田黒を演じた國村隼の英語の発音が結構良かったんでびっくりしました。
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« ワイン日記-10日目-Bolla Val... | トップ | スイーツ日記-39日目-麻布十... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事