アタシだって言いたかないよ、言いたかないけど言わせてもらうよ

その時に思った事、面白かった事を書きます

電話

2008年02月29日 13時01分15秒 | Weblog
親戚の家での話







ある日、電話がかかってきたから




側に居たお婆さんが電話に出た






それを見てた息子が聞いた






「誰からの電話やった?」






するとお婆さんは



























「私は耳が遠いから、誰か解らんかった」




































それなら電話に出るな~












年寄りの居る家は、何かと大変だ
コメント (5)

レジ

2008年02月28日 10時27分38秒 | Weblog
この前、古本屋に行った時





本を持ってレジに並んだ



前の客(高校生)が色んな物を買ってた



レジの女の人が言った





「カードを作りますか?お得になりますよ」




それで高校生は、書類を書いた





























その間、俺はずーと待たされた













レジがちょっと気の利いた人なら、書いてる間に俺の分を清算するのに










何が言いたいのか、というと



最近はこういう事が増えた









応用が利かない、というか





アルバイトだから、時間がたてば金が貰える、みたいな・・・










まぁ人を使うのは難しい、というのは解るけどね





厳しくすれば、すぐに辞めるし



甘くすれば、ナメられる










つくづく「人を使う仕事じゃなくて良かった」と思う
コメント

ブログ

2008年02月27日 12時50分51秒 | Weblog
この前、サラリーマンをやってる友達と話をした





会社では、いつもPCを使ってるらしい






「ヤフーのニュースは見られるんだけど



スケベな画像には繋がらない様になってる」








・・・・そりゃそうだろう









それならHPやブログはどうなんだ?と聞いたら





























「そういうのを見ると、ブザーが鳴るんや」










・・・・・・・・それはイヤだな
コメント (2)

ふるさと

2008年02月26日 13時55分46秒 | Weblog




ふるさとは、遠きにありて 思うもの










だいぶ前に聞いた時は「いい感じ」だと思ったけど




改めて考えてみると






























この人は「故郷を捨てた人」なんだよな










もちろん「好きで捨てた」とは限らないけど










田舎という所は




不便だし、やる事は多いし、気を使うし・・・・・





都会の方がよっぽど楽だよな









昔は「田舎はお金がかからない」というのが常識だったけど






最近は、上水や下水の金も要るし




何やかんやと金がかかる










そりゃ若い人も出て行く、っちゅーねん









うちは井戸水を使ってるから



いつでも美味しい水があるのに




市役所が「水道を引くから金を払え」と言う










仕事が無いからって「無理やり仕事を作って金を使わせる」



というのはいかがなものか・・・・
コメント (2)

アメリカと日本

2008年02月25日 11時26分22秒 | Weblog
前にアメリカの西海岸に行った時




公園みたいな所でゴロゴロ寝てる人がいっぱい居た



ホームレスの人達らしい


なんせ気候がいいから、屋根が無くても寝られるらしい




そして1日に1回食事が出る、とか




(何でそんな事をするんだろう?だから働かなくなるのでは?)




と、その時は思ったんだけど



後で考えてみると、食べる物が無いと


強盗になったらもっと困る







その時に聞いた話では




「ここには日本人はほとんど居ない



たまに居ても、すぐに仕事を見つけてここから出て行く」とか






(やっぱり日本人というのは働き者なんだな)と思った










が、後で考えてみると

































そいつらはアメリカまで行くくらいだから、根性があるんだろう












今の日本ではニートが増えた




聞いた話では、東南アジアに行ってニートをやってる人も居る、とか



ある意味「国際的」だなぁ







そういえば、1970年代にはアメリカで「ヒッピー」が流行った




その後「イギリス病」というのもあった




日本も、1度下まで落ちないとダメなのかもしれない
コメント

接客

2008年02月24日 13時05分40秒 | Weblog
俺が前にお惣菜を卸してたのは「農協系のスーパー」だった




そこで主任をしてたのは、同い年の男(G男)だった







その後、色んな所に回されてた



例えば「保険の外交」とか「ガソリンスタンド」とか










この前、親戚の葬式があった






その時にG男が来てた









うちらでは、テントや祭壇やお菓子とか


何から何まで農協が請合う










そこで頑張ってるのはいいんだけど

































葬式の準備なのに、ニコニコしてるのはどうか、と思う













なんせ、ずっと「営業」だったもんなぁ・・・・・







笑顔が身に付いて離れないのかも・・・・
コメント

ギョーザ

2008年02月23日 13時21分23秒 | Weblog
「中国の餃子問題」はなかなか犯人が見つからない




考えてみると、それは当たり前かも



なんせ、もうすぐオリンピックが始まるのに



「中国が毒入りの餃子を作って売りました」




と言ったらドえらい事になる










俺は、中国が「こいつが犯人だ」と言って、すぐに死刑にして




「問題は解決しました」となるんじゃないかな?と思ってた










そうなると










本当にそいつが犯人か?









無理やり犯人に仕立てたんじゃないか?









という疑問があるよな







考えてみると、日本でも「冤罪」というのがあるんだから



他の国であってもおかしくない










それよりも、「中国の人は日本人を憎んでる」というのは本当なんだろうか?





少し前まではそれが常識だったんだよな




もし、そいつらが毒を入れたとしたら・・・・恐い話だ










「国内で作った物を食べよう」という声が出てきたけど






それなら「コンビニで捨てる食材」を何とかしないと





考えてみると贅沢な話だよな




「何時間たったら捨てる」というのは






皮肉なもんで、そんな事を考えてたら






「駅弁でも賞味期限を改ざん」という記事が新聞に載ってた









「賞味期限が厳し過ぎる」と思うけど、いいかげんでは困るし・・・・










・・・・・・もう何を信じていいのか解らない・・・・・・
コメント (2)

原発

2008年02月21日 10時20分02秒 | Weblog
俺たちが子供の頃に、こんな話を聞いた




「もし原子力発電所で放射能が漏れた時には


建物に海水を流し込む


だから絶対に原発は安全なんだ」と










後になって考えてみると



そんな事をしたら何百億円がパーになる



今まで、色んな場所で、何回も放射能漏れがあったけど



海水を流し入れた、というのは聞いた事が無い







それどころか、ある原発なんて






タオルで拭いた、と言ってた









近所に原発で仕事をしてる男が居る





この前会った時にその話をしたら




























「海水を流すなんて、聞いた事が無いぞ」





と言う










ただの「都市伝説」だったのか?









この前「新潟地震」があったから


うちらの地元の原発でも「消防隊」を結成したらしい






もし火事になったら、すぐに消せる様に、と言うんだけど
























今まで消防隊は無かったのか?










・・・・・危なかったなぁ・・・・




でも、それだけじゃなくて



ホントは原発は、建物が傷むから30年で止めるはずだったけど



やっぱり(もったいないから?)50年使うことになった




・・・・いくら不景気だといってもなぁ・・・・










それにつけても思い出すのは



黒澤明監督の「夢」という映画の中で




「放射能は目に見えないから危ない


それなら放射能の色を付けよう」



と言って色を付けたけど





原発が爆発して、色んな色が空気に混ざっていくシーンがあった







「大事な事は、色を付ける事じゃなかったんだ」





というのは、よくできた皮肉だなぁ、とかなり後になって感心した
コメント (3)

税金

2008年02月20日 13時21分09秒 | Weblog
たまには日記らしい日記を





今日は税務署に行ってきました




家で大体の記入して、後は税務署に行ってから聞こう、と思って







なんか割引とかが毎年少しづつ変わってる様な気がする



結局、最後が少し違ってた








去年と同じ様に、最終的にはPCを使って作った



そのやり方も去年とは違ってた










税務署員に言う事には












「家からでも簡単にPCで出来ますよ」

































それはアンタが専門家だからじゃ










それどころか「市役所に行ってカードを作れ」とか



「5千円要るけど、申告の時に5千円免除される」とか










かえってややこしいわ









去年の新聞に




「PCを使って税金の申告をする費用に○○億円かかった



でも、使用したのは100人だけ」



みたいな記事が出てた





だからアセッてる気持ちは解るけど、邪魔くさいんだよなぁ










ビックリしたのは女子高生のバイトが居た事




PCを使うのが上手いから、なんだろうけど




世の中も変わったなぁ
コメント

小屋

2008年02月19日 13時48分40秒 | Weblog
親父が、家の横に小さな小屋を作った


(なんせ木と土地は有り余ってるからね)





(何をするんだろう?)と思ってたら


そこで火を炊いて、魚やモチを焼いたりしてる







この前、大雪が降った日の事




親父は、町に買い物に行って魚を買ってきた




で、いつもの様に小屋に行って魚を焼いてくる、と言う





30分ほどして電話がかかってきた










出てみたら親父から、だった

















「屋根の雪が入り口に落ちて出られない、雪をどかしてくれ」













よく携帯電話を持ってたもんだ




それが無かったら、夜まで気がつかなかったかも










実は、これには続きがあって










3日後、親父は「親戚の葬式」の手伝いを頼まれた












「携帯電話を持って行った方がいいかな?」









と悩んでた
































魚を焼く時には持ってたくせに、何故持って行かない?
















携帯してこその携帯電話だと思うけどなぁ・・・・・
コメント (2)