ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

事実と真実

2018-04-21 | 日記

現在、文春の記事に対する説明の手記を準備してます。記事の中にはやや事実と異なっていたり、

ニュアンスが違う所もあります。

僕は事実と真実は違うと考えてます。事実というのは起きた出来事であり万人にとって等しく同じものです。真実はその人の心の中にあり、価値観や考え方によって形成されると僕は考えてます。だから真実は人の数だけあると僕は考えるのです。

事実が違っていたら、僕がどのように考えて行動したのかという僕の真実と事実が説明出来ません。それを知っても僕の行動を非難する人はたくさんいると思います。でもそれは仕方のない事だと思います。

原幸子という人は特に仕事に対して能力もありますが、完璧主義者だと僕は思っています。以前はよく一緒に仕事していましたがそれは徹底していて本当に立派だったと思います。原から見ると僕はいい加減で身勝手に見えるのでしょう。

そして僕は仕事上で一生悔やんでも悔やみきれない事をしてしまいました。この事は本当に原にも子供にも申し訳ない事でした。原は仕事に対して本当に立派な人なんです。手記にはこの事も書きたいと思ってます。

この手記は文字数も膨大で事実確認などやらなくてはならないことも多いため、公表にはしばらく時間がかかると思います。


お金返して!について

2018-04-12 | 日記

今日発売の週刊文春に原幸子が僕を告発する記事「お金返して!」が載りました。前回の当ブログでは記事に対しては僕の手記で説明すると書きましたが、文字数が7000文字以上とかなりの量であるし、弁護士と相談した結果、とりあえずは記事の事実と違う所などを説明するという方向になると思います。

もしも、そのままどこも切り取らずに載せてくれるという出版社があれば将来手記を公開するかもしれません。

一つ言えることは、本来原は素晴らしい女性なんです。非常に聡明で頭の回転は速く、性格も明るく、子供には深い愛情を注ぎ、日本棋院の常務理事という要職を務めています。又、困窮していた女性を援助していたという話も伝え聞いてます。このような事は原に一度でも会った事がある人ならわかると思います。僕に対しても元々はこういう女性でした。だからこそ僕は20年前に原と結婚したのです。しかしながら、ある時期からの僕に対してだけは違う顔を見せるのです。これは僕に根本的原因があります。

4年前の事だったと思います。僕と原が囲碁講座の講師と聞き手を務めたことがあります。

僕が講座の材料を準備して行ったから早く進行しました。この時振り返って原を見ると、とても嬉しそうな顔をしていたのです。この時がおそらく僕といる時に僕が見た原の最後の笑顔だったと思います。この時の事を思い出すと、とても切なくなりますし、このような笑顔をもっと原が見せてくれていたら僕と原の現在も又、違っていたものになっていたかも知れないと思うと胸が締め付けられる思いになります。僕は世の中で一番建設的な物も、破壊的な物も人間の感情から生まれると思います。


まさかの文春砲

2018-04-03 | 日記

一昨日、文春の記者から取材を受けました。電話で聞いた時は僕の自伝「どん底名人」の取材かと思ったのですが会って話を聞いてみると、どん底名人に書かれていないことを聞きたいとのこと。僕も驚きましたね。まさかの文春砲です。

2点の疑問点について質問されました。しかし、これは軽々に言える話ではないと言ってその場で答えることは断りました。

「依田さんが何も言わないと依田さんにとって厳しい内容の記事になりますよ」と言われましたがともかく、記事を見てからでないと対応できないと答えました。

そして僕は記者に2つの事を必ず記事に書くように申し入れました。

それは僕はやましいことはしていないということ。

そして記事の内容については必ず説明する用意がある。この2点です。

記者からは「依田先生がそのような気持ちであることは十分伝わっています。ご安心ください」との返答をもらいました。

ただし、やましいことはしていなくとも結果的にまずい対応であったと認めざるを得ないことはあります。

仮に文春砲第二弾があって僕が説明をする時どうしたらよいのか?

僕が今考えていることは僕が自分で手記を書くということです。自分の考えを正確に伝えるには自分で書くしかない。

僕がインタビューに答えてそれを記者が記事にするというのは怖い。タイトルを取った時などの好意的なインタビューとはわけが違うからです。

言葉というのは思いが相手に正確に伝わるとは限りません。そのことをたくさん経験してきました。

それに、書き手の意思が入る可能性があるのも怖い。

僕が自分で書いた内容であっても批判する人はいるかもしれない。でもそれで批判されるなら仕方ないと僕は思う。

僕としては自分で書くしかないと思っているわけで、そのためなら方法はなんでもいいと思ってます。

仮に文春が手記はだめだと言うなら記事を見てから僕がこのブログに手記を書いてそれを文春が転載してもいいわけだし他にも色々な方法を考えてます。

また何か進展があれば当ブログに書くこともあろうかと思います。