ヨダログ

囲碁棋士 依田紀基のブログ

棋道一筋に生きた杉内雅男先生

2017-11-24 | 日記

杉内雅男先生が亡くなられた。本当に残念に思う。囲碁界の宝として尊敬申し上げていた。

僕は2009年頃、棋士会長だった時代に、棋士会で杉内先生を最高齢競技者としてギネスブックに申請した事がある。

その理由は杉内先生の存在をもっと世間にアピールしたいと思ったから。

90歳を超えて若手棋士と渡り合う杉内先生の活躍を見たら、世の高齢の方々にどれほどの勇気を与えることが出来るだろうとの思いからだった。

聖路加病院名誉院長の日野原先生も凄いけれども、杉内先生は日野原先生に比肩すると思っていた。

日本棋院にはもっともっと、杉内先生がお元気なうちに世間にアピールしてほしい、そして世の中の人を勇気づける、そうあってほしいと思っていた。

ただ、これは難しい一面もあったかもしれない。なぜかと言えば、杉内先生は棋道一筋に生きているので俗世の事はほとんど興味がなかったと思うから。

それでも、世のため、人のため、囲碁界のためですと言って、杉内先生にお願いすればご負担のかからない範囲で世間にアピールすることが出来たかもしれないと思うと本当に残念に思う。

杉内先生は囲碁界の宝だった。97歳で亡くなられまで現役棋士として対局された。

持ち時間3時間の対局で1日対局相手と向き合って座っているだけでも大変なエネルギーを要する。

こんなこと他の誰ができる?いや、もう一人いた。それは奥さまの杉内寿子先生である。

寿子先生も又超人的に凄いと僕は思っている。寿先生にはぜひお身体に気をつけられてこれからも世の中の人を勇気づける存在でありますことを心から願う。

杉内雅男先生のご冥福をお祈りいたします。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 囲碁と悪女 | トップ | 花まる学習会高濱正伸先生と... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事