京都の四季

京都の四季折々の風景写真です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

師走の京の街の風景 2014年12月23日

2014-12-25 21:55:28 | 京都の四季の風景
師走の冬晴れの日に 京の町をぶらぶらと歩いてみた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その1 矢田寺のカボチャ焚きと賀茂川のサンタクロース
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

御池ゼストのクリスマスツリーは みんなの願い事を書いてツリーにつるすようになっている。
七夕祭りのようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

寺町商店街には「ジャンケンサンタ」がいてサンタにじゃんけんで勝つと商品がもらえるようだ。
長い行列が出来ていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サンバの楽団が大きな音を響かせて寺町通り商店街を行進してきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お目当ての「矢田寺カボチャ焚き」の行列に加わる。長い行列だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

境内へ入るのはもう少しだ。誘導の人が沢山立ち並んで誘導しているので「カボチャのご接待」を待つ
長い行列は 商店街の買い物客の邪魔にならないように並ばされて誘導される。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

やっと境内へ入れた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

案内看板がでている。前の人に続いて順序良く進む。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

まずはカボチャに触って来年一年の無病息災を祈願する。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ようやくカボチャを頂いた。食べようとしたら、商店街の人に「お願い事をしながら食べるといいですよ」
といわれたので 家内安全、無病息災をお願いしながら頂いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

高瀬川を渡る。川沿いの桜並木も今は丸裸だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賀茂川に来て見ると、なにやらサンタクロースが走っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

向こうの方からどんどん走ってくる。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

サンタとともにトナカイも走ってきた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

写真を撮っていると美人サンタがなぜか手を振ってくれた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賀茂川の冬の風物詩「ユリカモメ」を撮っていると、なぜか歌舞練場の向あたりが騒がしい。
ユリカモメが鳴きながら 興奮した様子で飛び回っている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

原因はすぐに分かった。このおじさんが野生の鳥にエサをやっているのだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

興奮しているユリカモメはごく一部で、ほとんどのユリカモメは静かに水に浮かんでいた。
野生生物にパンくずなどのエサを投げ与えない方がよいと思うけどなあ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その2 冬の祇園と年の瀬の錦市場
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

賀茂川や川端通りと平行している「せせらぎの小道」を歩いてみた。
残りモミジが太陽に輝いてきれいだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

残りモミジを見ながらぶらぶらと歩いていく。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

歌舞練場の前を歩く女性は 身のこなしから芸妓さんのようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

花見小路で信号待ちをしている舞妓さんを見た。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このお方は、「なんちゃって舞妓さん」ではなく、本物の舞妓さんだ。
フル装備の衣装で、凄いスピードで駆け出して、「一力」の前を走りぬけた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

お座敷に呼ばれているのだろう。あっという間に休日の午後の花見小路の雑踏に消えていった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休日の午後の花見小路は観光客で賑わっていた。
和服を着て歩いているほとんどの女性は日本語ではなく、支那語をしゃべっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜の季節には人手溢れている祇園白川も 今はひっそりとしている。桜の木は丸裸だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

休日の午後だというのにこの静けさ。白川通りの桜も今は眠っているようだ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

桜の花が咲いているときは 観光客の人気スポットの祇園巽橋。今は裸の桜の枝が風に揺れている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

突然「キャッキャッ」と楽しそうな声を張り上げて 和服軍団が通り過ぎていく。
この方たちは ちゃんと日本語を話していた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

南座の前を通ると京都の年の瀬の恒例「マネキ」が上げられていた。いよいよ年の瀬だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

先斗町の中を通る。沢山の店が観光客を呼び込もうと、飾り付けをしたり、呼び込みをしていた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

年の瀬の「錦天満宮」にお参りして来年も健康で過ごせますように祈る。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

天満宮のまん前から錦市場が始まっている。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

凄い人だ。みなさんお正月用品を買い求めていらっしゃる。
私もお正月の御節要の食品を買い求めてから 帰路に着いた。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
季節の風景トップページはこちらです。
http://yochanh.sakura.ne.jp/kisetsu/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ウエブのトップページへはここから戻れます。
http://yochanh.sakura.ne.jp/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 霧島ツツジが満開に近い長岡... | トップ | 京都の四季 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都の四季の風景」カテゴリの最新記事