「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

水戸市植物公園 @水戸市小吹町

2012年11月05日 14時17分42秒 | 庭園
水戸市植物公園 @水戸市小吹町

水戸市植物園

CA3G0059.jpg


ケーズデンキスタジアムでのホーム最終戦はエビネンコさんの車に同乗し、植物公園に駐車して観戦に。ホーリホックの試合の日は駐車場としてしようされる。スタジアムの前の駐車場より遠いがが、帰途が混雑しないので便利だ。
残念ながら1-1の引き分けだったが、快晴の下、秋の一日を楽しんだ家族連れが多かった。
11月11日の最終戦はアウェイの富山戦に期待し、更に、来季のJ1昇格の問題点(スタジアムの定員)をどうするか、球団の方策に関心は及ぶ。

未だ3時半なので植物公園を見て帰ることにする。
僕は、年に何度か来るが、エビネンコさんは初めてだとのこと。

CA3G0055_20121105141054.jpg

CA3G0056.jpg


水戸市植物公園は1987(昭和62)年4月に開園した。
隣接して小吹清掃工場があり、その余熱を利用した大温室や熱帯果樹園を備えている。開園以来25年を経過し設備の老朽化は感じるが、樹木は時間を経て、昔からそこに存在した感じだ。
西川園長は、開園当初から造園技師で93年に32歳で園長となった優駿方だから、限られた予算と職員で植物園を運営されている。
西の谷にも、お知恵を拝借したいと思っているが、まだその機会がない。

CA3G0064.jpg


テラスガーデン、観賞大温室、熱帯果樹温室、植物館、芝生園、ロックガーデン、湿生花園等からなる洋風庭園なので洋花が多いが、薬草園などに、日本古来の植物もある。

CA3G0062.jpg


展示ギャラリーでは「サツキ展」が開催されていた。
花の時期ではないから、本体と葉を見るだけだが、花の時期より幹の姿が良く見えた。
正しく「花は盛りを観るものに非づ」。


コメント   この記事についてブログを書く
« 今季最多の6,920人@ ケーズ... | トップ | 東洋文庫ミュージアム@文京... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

庭園」カテゴリの最新記事