「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

長寿の記念樹・カシワバアジサイ @水戸市

2012年03月18日 21時11分06秒 | 山野草
長寿の記念樹・カシワバアジサイ @水戸市



水戸市役所から、記念樹を配布しますから近くの市民センターで受け取ってください。との葉書きが着いた。

《転入の世帯と、生まれた人にはウメ》
《長寿―70歳を迎えた人―はカシワバアジサイ》

とのこと、子供が生まれた時にウメかサクラの苗木を貰って、何処かに植えてきた記憶があるから、随分前から行われている制度なのかもしれない。

満70歳を迎えれば「国民健康保険高齢受給者証」が送られてきて、医療費の支払いが2割になる。(平成24年3月31日までは1割)
有難いが、予算処置による法律の改正によって変わるのだ。

70歳が長寿と言われると、何やら気恥ずかしが『人生僅か50年』はそれほど昔の話ではないから、確かに長生きしたということか。
死亡記事を見ても90歳代人が圧倒的に多い時代となったのだ。
かと言って、聖路加病院理事長の日野原 重明さんのように100歳を過ぎて現役は稀で、多くは老健施設などで生かされている。人達が大多数だろう。
死の間際まで、自分の口で飲食し、自分の足で歩く人生を願う。

とにかく、記念樹を貰いに五軒市民センターに行ったが、残された苗木がいっぱいで枯れそうなものもあった。

苗木を貰っても植える場所が無ければ意味がない。
かくいう僕も、我が家に植える余地はない。
西の谷の一隅に植えようと思って貰って置いた。



カシワバアジサイは北米東南部の原産でユキノシタ(アジサイ)科アジサイ。
葉は柏の葉に似ていて花は純白。
八重で房状に咲き上がるが重さで上部から下がり気味になって咲く。
大きく育った木は花も豪華な大きさになり、満開になると中の花びらが外に出てきて芯が長くなり長い間咲きつづる。
最近、目にする様になった品種だ。
とりあえず植えてきた。
根付いて花を咲かせてくれるのを望んでいる。

しかしながら、記念樹の配布は意味があるのかを疑問に思う。
財政が厳しい中で、苗木の購入・連絡のはがき・配布する市民センターの人手などの予算は決して少なくはない。

前年度の事業や予算や予算を踏襲するのではなく、常に見直す姿勢が必要だ。
現在、水戸市議会が開催中。
議会傍聴と予算の内容を訊きに市役所を訪れたいと思っている。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 吉行和子さんと夏木マリさん | トップ | 「あぐり白寿の旅」吉行 あぐ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (皆川 三男)
2013-06-19 12:30:07
先日保和園で見かけた変わった紫陽花がありましたので、ググッてみましたら高橋さんのサイトに来てしまいました。いや~ビックリです。カシワバ紫陽花だったのですね。有り難う御座いました。 汗
Unknown (yo-chan)
2013-06-19 18:36:12
皆川さま、ご無沙汰してます、fbで写真や記事などは拝見してますが、リアルにはお会いしてないですね、保和苑のアジサイを近々身に行きたいと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

山野草」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事