「西の谷緑地公園」を美しく!

「公園都市水戸」の街造りを考える人達と協働したいと思っています。

「ブック・カフェ槐多」@キッド・アイラック・アート・ホール地下1階

2015年02月04日 22時12分18秒 | カフェ・喫茶
「ブック・カフェ槐多」@キッド・アイラック・アート・ホール地下1階









京王線・京王井の頭線の明大前駅より徒歩2分の所に、キッド・アイラック・アート・ホールがあり、地下1階は「ブック・カフェ槐多」となっている。



カウンター7席と、テーブル3つ10席位の広さだが、1階まで吹き抜けと感じる程に天井が高い。
壁面の書棚にはオーナーの窪島誠一郎の蔵書(多くは美術関連)約千冊が天井まで並ぶ。

1919年(大正8年)に22歳で夭折した詩人・画家の村山槐多の名を冠したので、壁にはデッサンのレプリカが飾られている。

サイフォン式コーヒーや手作りケーキの他、アルコールも楽しむ事が出来る。
ブレンド450円、ストロング500円、ストレートティー450円、ケーキセット650円〜など、東京にしては安い方だろう。
営業時間、平日:17:00-22:00 土日祝:12:00-21:00 火曜定休。


窪島誠一郎は長野県の塩田平にある「無言館」「信濃デッサン館」の運営に専念し、キッド・アイラック・アート・ホールは時々、顔を出す程度らしい。

水戸にも待望のブックカフェ&イベントホール「ビレッヂ310」が2月1日に誕生した。取敢えずオープンと云う感じで、本格的な運営はこれから。
キッド・アイラック・アート・ホールと性格は異なるが、目指すところは共通点がありそうだ。
アイデアを駆使し、何度も行きたいと思える場になって頂きたいと切に思っている。





*「無言館」は、戦没画学生たちの遺 作となった絵画・作品・絵の道具・手紙などを専門に収蔵展示。「信濃デッサン館」は、立原道造・関根正二など若くして病死した画家のデッサンを中心に展示。

2013年5月、上田から別所温泉経由でこの地を訪れたが、私財を投じて運営される、世界的にもユニークな美術館に大きな感動と、継続の努力に尊敬の念を強く抱いた。
交通機関を乗り継ぐ不便なところだが、訪ねる価値は十分ある。
多くの人たちが足を運んでほしい美術館だ。

コメント

「立春大吉」寿昌山祇園寺@水戸市八幡町11-69

2015年02月04日 17時29分52秒 | 歳時記
「立春大吉」寿昌山祇園寺@水戸市八幡町11-69



庫裡の玄関に。

今日(2月4日)は立春で、禅寺の門前に「立春大吉」の札が張り出されるとか。縦書きすると左右対称になり、難にあわない呪文、或いは「謹賀新年」の意味もあるようだ。
確かめてみようと、寿昌山・祇園寺に。


祇園寺(水戸市八幡町)の開山は明からの渡来僧・心越禅師(1639~1695)で、開基は徳川光圀という古刹。



山門。



心越禅師の廟。



開山以来の建築で、唯一残った穢跡(えせき)金剛尊天堂元禄7年(1694年)建立。



中村彝の墓碑。
水戸藩の重臣で幕末期に諸生派として活躍した市川氏・朝比奈氏らの墓がある。
近代では洋画家の中村彝(つね)、詩人の山村暮鳥(ぼちょう)、漫画家の山田みのる、の墓もある。

中村彝に関しては、昨年暮れに下落合のアトリエを訪ね、茨城近代美術館の「作家とアトリエ展」を観たばかりなので、幾つかの想いが浮かんだ。

さて今から「立春大吉」と書いてみることにしよう。

コメント