陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 すでに目覚めている 』

2015-02-17 | スピリチュアル

『すでに目覚めている』  ネイサン・ギル著 古閑博丈 訳


 「心を躍らせる何か」をずっと探してきましたね~。

満たされない思いを何かで満たそうとする生き方に慣れ親しんできたせいかもしれません。

今ここで 満たされないと思う瞬間にも やすらぎはあり続けているというのに・・・・・・

今回は、Q&AからUPします。

                

Q それでも、ここでこうやって椅子に座っていると、この瞬間に起こっていることについての満たされない感じが生じてきます。人生を通して今までずっといろいろなものをつめ込まれてきました。期待とか、希望とか、道とか、探求とか、あらゆる種類の筋書きとか。でも実際には何もないわけです。そうすると、味気なさだけが残ります。そうですね、実際これはまったくの味気なさです。徹底的な惨めさと言ってもいいくらいです。あまりいいものじゃありません。

 

A あなたが味気なさと呼んでいるものは、じつはやすらぎと気楽さです。それはずっといつでもあったものですが、今はそこから探求、希望、前進、進歩といった「心を躍らせる」何かが抜けています。登場人物としての同一化が完全に崩れるということが起こっていると、最初は、ただあるということにくつろぐだけで十分だと思えないかもしれません。それから、その味気なさには、大海というを航海するスリル満点の探求という冒険を失ったことを悲しんでいるといるという側面もあります。

探求の対象になっているのはここにずっとある気楽さで、それ以外にはありえません。ところが、気楽さとしてくつろぐかわりに、気楽さを対象として探し求めるスリル満点の探求に没頭するということが起こります。

登場人物としての同一化が崩れる際に、場合によっては「私」が完全には見抜かれないことがあって、そうすると「私」があるという思い込みと一緒に不完全さの感覚、全体ではないという感覚が起こります。でも、全体性を探そうとする動きが起こると、すぐにその動きの本質は見抜かれます。全体性を探すなどということがありえないとわかって、「私」はまた崩壊してしまうんです。このことは荒れ野にいる状態と呼ばれたりしますが、まさにその考えに思考が焦点を合わせて、劇の中で待機のゲームが起こります。「私は荒れ野にいるんです」というのは、探求のひとつの形態です。

  

  訳者 古閑博丈氏のブログもおすすめですよ ⇒ http:/resonanz360.com      

 

 

   

 

            最後まで読んでくださって ありがとう 

                                つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

コメント

『 書く力 』

2015-02-06 | 生き方

   『 書く力 』

               武田 双雲 著 

                

   車を運転中ラジオを聞いていたら、茂木健一郎氏と書家の武田双雲さんが対談していました。その時の双雲さんのお話がとても面白かったのでさっそく読んでみました。

 

 僕は頑張らない生き方を選択してきました。「頑張る」とか「努力する」のはどうしても苦手です。

どちらも「ないもの」に目を向けて、それを手に入れるために今を犠牲にする行為。それより僕は、毎日楽しいなぁと思いながら、ただ感謝の気持ちに満たされていたい。そのための努力なら、喜んでします。

自分が恵まれていることに日々感謝していたら、「もっと、もっと」はあり得ない。僕はまったくハングリーではないのです。いつもお腹いっぱいに満たされていると堂々と言えます。もちろん若い頃は思い悩んだこともありましたが、だんだん、今の武田双雲スタイルに近づいてきました。

ないものねだりで生きている人には、僕のような生き方は刺激がないというか、退屈で、つまらないように見えるかもしれません。でも、僕は瞬間瞬間が幸せです。確かに刺激はないけれど、心はいつも満たされている。それこそ、道を歩いているだけでありがたいのです。

「あのガードレールが、何人もの人の命を守ってきたんだなあ」時に歩いているだけで涙が出ることがあります。何を見ても、何か恩返しがしたくなります。

また「欲望がない」というと「貧しさ」につながるイメージが日本人にはあるのかもしれません。

貧しさは怖い、だから仕事も休めず残業続き。「ないものねだり」で戦っている人は、そうやって頑張り続けて消耗しています。せっかく休日なのにグッタリなんてことはありませんか。

僕はというと、頑張らない、ポジティブな風に吹かれて雲のように流れているだけ。だからいつでも元気いっぱいです。仕事に向かうモチベーションも高く安定している。そこに嫌なことはないですから。

ひたすら努力、競争、成長、未来志向で社会的に大成功を収めている人を見ても、うらやましいとも何とも思いません。嫉妬や焦りも感じません。確かに頑張っている人は格好いい。頑張って結果を出している人は社会を豊かにしてくれます。本心からそう思います。尊敬する友だちもくさんいます。

でも、僕はその道を選ばない。

僕が言いたいのは、みんながみんな、そんな一流アスリートみたいな生き方を選ぶ必要はない、ということです。

 

---------------------------------------------------------------------------------------

 

僕らの苦しさは受験生の苦しさです。大人になっても受験が続いている。

目標を達成できればそれもいい、とは僕は思いません。 なぜなら、目標を達成しても心が満たされることはないからです「達成感」の後には必ず虚しさがやってくる。達成した時点が感情のピークとなり、「それ以外」がガクンと落ちてしまう。達成感のなかだけに幸せを追い求めるのは、すごく危険な思想です。僕は満たされた毎日のほうを、大事にしたい。

                

      さらに双雲さんはこんなことも言っています。

「~してくれない」は、感謝する習慣をどこかに置き忘れた人の言葉。「ないものねだり」ばかりしている人の言葉だと。

なんだか、ズシンと響きますね。 

ラジオ放送で双雲さんがお話した内容をユ-チュ-ブでUPされていましたので興味ある方はどうぞ聞いてくださいな。

 

 

      

 

 

 

         最後まで読んでくださって ありがとう 

                              つながっているすべての人に ありがとう 

 

 

コメント