陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『 しない生活 』

2014-09-14 | 仏教

  『  しない生活 ~ 煩悩を静める108のお稽古  

                    小池 龍之介 著

                                            

    静かに内面を見ることの大切さが伝わってきます。小池氏の気づきには、繊細で鋭さがあります。自分では気がつかない奥深くにある思いに光をあててきますよ。今回は「 心のこまやかな変化を見つめればイライラから抜け出せる」からUPしますね。

 

本項を記す、前夜、筆者にはしばらくぶりに腹立たしい出来事があり、うっかりイライラを反復していますと寝つけなくなり(いやはや)、それからようやくわが怒りを見つめ、受け止めようとし始めたのでした。

 

それまでは切れ間なく怒りが自分を支配していたように見えます。ですが、面白いことに、自分の怒りを観察し始めますと、それ以外の感情が多数混ざっているのが見えてくるものです。たとえば「一時間くらいは怒っていたなぁ」と悔やむ思いや、「明日起きたら仕事しなきゃなあ」と未来へ走る思念、などなど。

 

それらを経てから、再びとらわれの強い感情(この場合は立腹)が現れる。ただし、心は「怒っている自分」という自我イメージを固定したがり、強い感情のみを記憶して弱い感情を無視して忘れるため、同じ感情が持続していると錯覚します。

 

つまり、実際の心は一瞬一瞬、変動する(無常である)のに、自我はそのうちの目立つもののみに気を取られ、いわば変化がなかったことにして、一色に塗りつぶしてしまうのです。

 

裏返しますと、強く反復する怒りの合間に、別の弱い感情が入ってくることを見つめると、怒りが永続していないことに気づく。すると「怒っている自分」という確固たる自我イメージは崩れ、楽になる。悲しみが続くときも、その合間に「あ、天気が良いな」といった別のことを思う自分に気づくと、抜け出せます。

 

この脳には、ものごとを雑に見て情報を一色に塗りつぶす癖があります。それに抗して、こまやかな変化、心が無常であることに気づくよう、意識の解像度を上げるお稽古をすることです。「無常の智慧によって体感すると、苦しみから離れ心が清まる」 

(『法句経』二七七偈)と。

 

 

    心模様 の こまやかな変化に 気づいていたいですね!

                    

            

          最後までお読みくださって ありがとう 

              つながっているすべての人に ありがとう 

 

コメント

『 岩山だ~ 』

2014-09-11 | Weblog

 

 山登りしてきました。

なんと熊よけの鈴を貸出しています。

なんだか 熊が出そうで 怖くなります。

ここのお山は、倒木が多い。

倒木をまたいだり、くぐったりしながら

登ります。

 

 なぜ木が倒れているのか?

よく 見て歩くと

岩を 包み込むように 根を張っているんです。

ここは 石山?

それにしても すごい 生命力です!!

 きのこを発見!

落ち葉と 同色です。

 

 木の根っこの階段です。

大きな岩の横を通ります。

 

 ここからしばらく急登になります。

息切れ・・・・・

ようやく山頂に着きました。

ここで

しばし 瞑想タイム・・・・・

もうちょっと 長くいたかったんですが・・・

帰りは 温泉に立ち寄りました。  

川面を眺めながらの露天風呂最高でした。

                                    

     今日も最後まで読んでくださって ありがとう 

 

             ながっているすべての人に ありがとう    

   

 

コメント