陽 気 村

フィーリングを楽しんじゃおうっと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ブッダ』

2011-05-30 | 映画

『 ブッダ 』 

 監督

   森下孝三

 
原作

  手塚 治 虫

  キャスト

吉岡秀隆 ( シッダールタ )

境 雅人 (チャプラ)

観世清和(スッドーダナ王)


吉永小百合( チャプラの母)

  

   子供の頃、ブッタの漫画をちょっと読んではみたものの

おもしろくなくて全巻読めなかった。

今は どうだろう?と映画館へ。

 

映画の最初の一匹のうさぎのシーンに驚きました。

〝まさか こんなことがあるなんて・・・〟

でもありえるなぁ と思えてきます。

(このうさぎのとった行動は劇場でね!)

そのことは タッタ 少年が 動物に乗り移り 

自然と一体になるシーンにもつながってきます。

 

 このうさぎのとった行為が映画の背景にあるようにも

思えます。

 

舞台は2500年前のインドです。

誰もがもっと強くならねばとする時代の中で

戦場の中ですら 戦おうとしない王子 シッダールタ。

その瞳は 深い悲しみと 憂いと 優しさに

満ちているようです。

 

1作で完結かと思いきや

作品は 3部作で完結予定だとか。

今回の第一作は シッダールタの誕生から

王位を捨てるまでのストーリーになっています。

吉永小百合さんのナレーションもいいです。

次の作品も楽しみですね。

   

     公式HP

    http://wwws.warnerbros.co.jp/buddha/

      

       主題歌はX JAPAN 「Scarlet Love Song」です。

 

         

           最後まで読んでくださってありがとう 

 

                 つながっているすべての人にありがとう 

 

 
コメント

『 岳 ーガクー 』

2011-05-24 | 映画

 

『 岳 -ガクー 』

                       

監督 片山 修


原作 石塚真一

 

島崎三歩・・・ 小栗旬
椎名久美・・・ 長澤まさみ
野田正人・・・ 佐々木蔵之介               

  

   

山をこよなく愛する 山岳救助ボランティアの三歩さん

大きな声と 強靭な体力 はすごいです。

 

「よく頑張った!!」 三歩さんのお気に入りのセリフです。

 

本当に歩いているかい?

生きることって?

問いかけてきますよ。

 

長澤まさみ役の久実ちゃんの変貌ぶりもみどころです。

 

三歩さんが注文していた

山盛りナポリタン 食べたくなるんだなぁ

それと 山に登る時は

やっぱ でかいおにぎり〝男めし〟ですね!

 

映画の主題歌 は

 コブクロ「あの太陽が、この世界を照らし続けるように」です。

歌詞の中の

どんな命も輝いてる

       あの太陽が この世界を照らし続けるように〟

の歌詞がいいです。

 

山はイマイチという方にも この映画ガクッとこないのでは・・・・・・ 

 

     

             

       

      今日も最後まで読んでくださって ありがとう  

 

                        つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント

『NO LIMIT』

2011-05-01 | 生き方

  『 NO LIMIT 自分を越える方法 』

                       栗城 史多 著 

                 

    

〝見えない山を登っているすべての人へ〟のメッセージ!!

 生と死の狭間から問いかけてくるもう一人の自分との対話は

まさに真剣問答です。

楽しい=楽ではない。

すべてを捨てて すべてを 受け入れる

逆境ですら楽しむことができる栗城氏は すごい!!

 

  不安を消すな

 

道なき道を歩いてきた僕は

「不安」について、明確な答えを持っている。

それは、「不安はなくならない」ということだ。

不安は自分そのもの。

だから、いくら山に登ってもなくなることはない。

どんなに挑戦しても、または挑戦せずに安全な道を選んだととしても、

生きている中で、不安が消えることはない。

そこにはいつも同じ自分がいる。

はたして自分はこれでいいのか?

人生はその連続だと思う。

そういうものなんだ。

生きていること自体が不安だし、ずっと安心というほど嘘臭い世界はない。

 

いくら冒険しても、いつか安定したいなって思うし

いくら安定しても、いつか冒険したいなって思うし

 

そのたびにお金がかかったり、

元に戻れるのかと考えたり、

この先どうしようかと思ったりするけど、

それは生きている限りつきまとうだろう。

 

あらゆる不安を受け入れよう。

それより、いま生きていることに感謝しよう。

 

登山は征服や克服ではない

いかにすべてを捨てて

そしてすべてを受け入れるか。

不安や恐怖感、または登頂後の名誉など、

様々な感情や思いがあるが、

すべてここに置いていこう。

 

山を もっと感じたい。

 

 

  

 

 

      

             

        今日も最後まで読んでくださって ありがとう  

 

                        つながっているすべての人に ありがとう    

 

 

 

コメント